ヤリスのベストバイガイド!! 使い方や装備から最適なグレードを探る

使い方や装備から最適なグレードを探る!! ヤリスのベストバイガイド

 車名別ランキングトップを行くヤリス。これは2020年にコンパクトカーヤリスに加え、SUVのヤリスクロスとスポーティなGRヤリスという注目車をラインアップしたことが人気の秘密だ。

 コンパクトカーヤリスは1Lと1.5Lのガソリン、そして1.5Lのハイブリッドをラインナップ。その中でユーザーに魅力的なグレードはどれになるのか。使い方や装備の選択によるベストバイを探る!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】どれも魅力的なトヨタ ヤリスの各グレードからベストバイを選ぶ!!


■グレード構成とメーカーオプションの概要

発売からおよそ一年で車名別ランキングでトップとなったトヨタ ヤリス

 今は安全装備の充実などによってクルマの価格が高まり、コンパクトカーが人気を得ている。この中でも特に注目される車種がヤリスだ。2020年2月に発売され、コンパクトカーの最多販売車種になった。そこでヤリスの選び方を考えたい。

 ヤリスが搭載するエンジンはすべて直列3気筒だ。新開発された1.5Lと1.5Lハイブリッド、従来からヴィッツやパッソに採用されていた1Lの3種類を用意した。ノーマルエンジンのトランスミッションはCVT(無段変速AT)を基本とするが、1.5Lノーマルエンジンでは6速MTも選択できる。

 グレード構成は、1.5Lと1.5Lハイブリッドについては、ベーシックなX、中級のG、上級のZを設定した。

 Xは装備がシンプルだが、トヨタセーフティセンスは標準装着され、衝突被害軽減ブレーキや車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなどの機能が備わる。サイド&カーテンエアバッグ、カーナビ画面の表示などが行えるディスプレイオーディオもセットした。

 専用通信機が備わるから、緊急時にオペレーターに救援を求めたり、エアバッグ作動時には消防や警察に自動通報することも可能だ。

 中級のGにはスマートエントリー&スタート(4WDではXにも標準装着)、エアコンのオート機能(ハイブリッドではXにも標準装着)などが加わり、スピーカーの数はXでは2個だがGは6個に増える。ディスプレイオーディオのサイズも7インチから8インチに拡大される。

各種安全装備は全グレードにわたって充実している

 上級のZには3灯式フルLEDヘッドランプ、本革巻きのステアリングホイールやシフトノブ、運転席と助手席のシートヒーター、エアコンのナノイー機能などが加わる。

 1Lのノーマルエンジン車はグレード構成が異なり、上級のZを省く代わりに、X・Bパッケージが用意される。X・Bパッケージは、法人やレンタカー向けの仕様で、衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能が省かれてしまう。しかも価格は6万円しか下がらないので推奨できない。

 メーカーオプションでは、後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットモニター、後退時に衝突被害軽減ブレーキを作動させるリヤクロストラフィックオートブレーキ、車両を上空から見たような映像でモニター画面に表示するパノラミックビューモニターなどを用意した。

 さらにGに標準装着されるタイヤは14インチで、ホイールはスチールだが、オプションにより15インチのアルミに変更できる。Zでは15インチのスチールホイールが標準装着され、オプションで16インチのアルミに上級化できる。

 GのヘッドランプはXと同じくハロゲンが標準装着されるが、オプションでZと同様の3灯式LEDにグレードアップできる。このように中級のGは、メーカーオプションの選択肢が多く、Xに比べて装備を充実させやすい。

■3種類用意されたエンジンの選び方

まずはエンジンを選ぶが、その最初の選択肢からすでに3つある。充実した選択肢も人気の秘密か

 ヤリスを買う時は、まずエンジンを選ぶ。ノーマルエンジンは2種類を用意するが、推奨されるのは1.5Lだ。1Lは最高出力が69馬力、最大トルクは9.4kgmだが、1.5Lは120馬力・14.8kgmになり、動力性能はかなり向上する。

 さらにWLTCモード燃費は、1Lが20.2km/L、1.5LのGは21.4km/Lだから、1.5Lは動力性能に加えて燃費も優れている。1.5Lの価格は1Lに比べて14万3000円高いが、それでも動力性能と燃費の違いを考えると1.5Lが買い得だ。

 次は1.5L(CVT)のノーマルエンジンと1.5Lのハイブリッドを比べる。Gグレード同士ではハイブリッドの価格が37万4000円高いが、ハイブリッドGには、ノーマルエンジンでオプション設定されるバックガイドモニター(1万6500円)を標準装着した。

 IRカット機能も充実するので、ハイブリッドとノーマルエンジンの実質差額は35万円に縮まる。

 購入時に納める税額も異なり、2020年度の実績で、ハイブリッドは5万6900円安い。そうなると1.5Lノーマルエンジンとハイブリッドの最終差額は約30万円と考えられる。

 そしてレギュラーガソリン価格が1L当たり145円、実用燃費がWLTCモードの数値とすれば(ノーマルエンジン:21.4km/L・ハイブリッド:35.8km/L)、1km当たりの走行コストは、ノーマルエンジンが6.8円、ハイブリッドは4.1円だ。

 1km当たり2.7円の違いになり、30万円の最終差額を取り戻せるのは11万kmを走った頃になる。

年間の走行距離を把握することもベストバイを知るのに大切なことだ

 1年間の走行距離が1万km以内の用途では、損得勘定を考えるとノーマルエンジンを推奨する。ただしハイブリッドは、ノーマルエンジンに比べて加速が滑らかで、静粛性も優れている。走行距離が短くても、運転感覚の違いに応じてハイブリッドを選ぶ方法もある。販売店の試乗車を乗り比べてから判断したい。

 また1年間に1万5000kmを走る場合は、約7年間で差額を取り戻せるので、経済的にもハイブリッドのメリットが強まる。

 基本的な選び方としては、1年間の走行距離が1万5000km以下ならノーマルエンジン、それ以上ならハイブリッドと考えれば良い。2020年の販売比率は、1Lと1.5Lのノーマルエンジンが54%、ハイブリッドは46%であった。

次ページは : ■グレードとメーカーオプションのベストチョイス