気になる謎のアップルカー! 米アップルは本気でクルマを作る気なのか?


 今年に入って、IT大手アップルが作る電気自動車(EV)、通称「アップルカー」を製造するにあたって複数の自動車メーカーに打診しているといった報道が世間をザワつかせている。

 しかし、このアップルカーについてはメディアによる勝手な憶測で混乱が起きていることがあって、その存在が謎のようになっている。とはいうものの、最近の報道のように、アップルカーは自動車メーカーとの協力で作られるということなのか?

 あまりにも存在が見えてこないアップルカーだが、そもそもアップルはクルマを作る気はあるのだろうか? モータージャーナリストの桃田健史氏が解説する。

文/桃田健史  写真/bennymarty@AdobeStock、TOYOTA、NISSAN

【画像ギャラリー】アップルカー!? iVehicle !? ステルス戦闘機なみに謎だらけのアップルEV


■情報錯綜で真実見えずのアップルカー

アップルは本当にクルマを作っているのか?(Sundry Photography@AdobeStock )

 直近でアップルカーが大きな話題になったのは、2021年1月だ。

 アメリカや韓国のメディアが、「韓国ヒュンダイがアップルカーを受注生産」と報じたが、その直後に、一時は事実関係を認めていたヒュンダイが一転して本件に対する情報開示を止めた。

 また、一部報道ではアップルが日産などにもEV生産を打診したとも言われた。

 本件についての事実関係を確認しようと、ドイツ人記者が日産の今期第3四半期・オンライン記者会見の質疑応答で内田誠CEOに質問するも、内田氏がはっきりと否定しなかったため、これまた大きな話題として報道された。

 こうしたさまざまな報道があるのだが、本稿執筆時点(2021年3月中旬)ではアップルカーに関する噂は影を潜めている印象だ。

 はたして、アップルカーは本当に現実的なプロジェクトなのだろうか?

 確かなことは、アップルには同社がプロジェクト・タイタンと呼ぶグループがあり(各種報道では少なくとも数百人規模だという)、EVおよび自動運転車の研究開発を継続的に行っていることだ。

 アップルのティム・クックCEOは、これまで米メディアのインタビューなどで、プロジェクト・タイタンについて詳細な社内体制は明らかにしていないが、その存在は認めている。

 とはいっても、各種報道のようにアップルカー量産について情報は錯綜しており、プロジェクト・タイタンの出口戦略は謎のままだ……。

■アップルとクルマとの関係

カーオーディオをiPhoneとの連携させて使えるApple CarPlay(Chinnapong@AdobeStock)

 では、改めてアップルがなぜクルマの領域に進出する動きを見せているのか、その背景からみていきたい。

 2021年時点で、日本人にとってアップルのクルマとの関係をはっきりイメージできないのではないだろうか?

 アップルといえば、まずiPhoneを思い浮かべるひとが多い。

 そのiPhoneをクルマで使う方法として、「Apple CarPlay」があるのだが、はっきりいって日本ではあまり使われていない。

 例えば、トヨタがインフォテインメント車載器で標準化を目指すディスプレイオーディオにもCarPlayが装備されているのだが、「若い世代を含めて、日本では欧米と比べCarPlayの認知度は高くなく、実際のCarPlayの使用率も高くない」(同分野のトヨタ関係者)という状況だ。

 やはり日本では、カーナビの普及が世界のなかで先んじたことで、車載ナビに対する依存度がいまだに高い。また、若い世代では車載ナビではなくiPhoneのナビ機能を使う人が多いが、それをCarPlayを通じて車載器と連動させるという発想に結び付きにくいようだ。

 そもそも、CarPlayというアップルの発想は、iPhoneの普及によって走行中にナビ、SNS、電話、音楽視聴などの操作をする人が増えてしまい、安全な運転に支障をきたすことへの配慮であった。

 さらに、もうひとつのポイントは、iPhoneの車内への「ブロードイン(持ち込み)」という考え方だ。これは、日常生活でiPhoneを多用化することが人々にとって当たり前になっていくなかで、クルマの運転中はiPhoneとユーザーとの関係が途切れてしまうことを回避する、ということ。

 車内に「ブロードイン」してCarPlayと接続することで、クルマ全体がiPhone化するという発想だ。2013年のアップル年次開発者会議で「iOS in the car」として公表され、2014年にCarPlayとして量産された。

 その結果として、ユーザーの移動に関するデータが地図情報と連動し、いわゆるビックデータとしてアップルの貴重な資産となるのだ。

 こうしたビックデータ最優先のビジネスモデルのなかで、そこから一歩先に踏み出したのが、クルマ本体というハードウエア分野への進出計画。

 それが、プロジェクト・タイタンである。

次ページは : ■アップルはアップルカーを自社生産しない?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ