最後の手頃なアルファロメオ! ジュリエッタは魅力的なイタリアンCセグハッチ!!


 2017年にFRセダンのジュリアを発売し、それからは従来よりも上級のプレミアム路線を歩んでいるアルファロメオ。そのため、FFベースのCセグハッチバックである「ジュリエッタ」は現行モデルで最後になり、日本での販売も今年で終わる予定。

 現在販売されているジュリエッタは1.7Lターボを搭載する「ヴェローチェ1750 TBI」のワングレードのみで、価格は399万円。400万円を切る手頃な値段のアルファとしても、これが最後となりそうだ。

 新車で買うなら今がラストチャンスといえるアルファロメロオ ジュリエッタの魅力を島崎七生人氏に解説してもらった。

文/島崎七生人  写真/Alfa Romeo、島崎七生人

【画像ギャラリー】もうすぐお別れ……五感に響く走りが味わえるアルファロメオ ジュリエッタを見る


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ