生産終了のホンダS660はあっという間に完売! ホンダのミニスーパーカーは日本の宝だ!!


 ホンダが国内生産体制の最適化を理由にS660の2022年3月生産終了を発表。するとその後、20日も経たずに完売したことがアナウンスされた。

 あまりに急な生産終了、そして完売のニュース。新車ではS660が買えなくなってしまったのは残念だ。

 ただ、最後にこれだけ一気に売れてしまうのも仕方がないのかもしれない。何といってもS660は軽自動車のミドシップスポーツという日本でしか作れないミニスーパーカー。まさに日本の宝だ!!

 そのホンダS660の魅力を今一度、モータージャーナリストの岡本幸一郎氏に振りかえってもらった。

文/岡本幸一郎
写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】突然の生産終了発表で注目集まる・・ホンダ S660写真集


■1年後の生産終了ならゆっくり購入の検討をできると思ったら……

 2021年3月12日に、1年後の2022年3月をもってS660の生産を終了する旨が発表されるや注文が殺到し、20日もたたない3月30日の時点で早くも予定していた全生産枠がすべて埋まるという状況となった。

 生産終了の判断がなされたのは、2022年より順次、騒音や燃料蒸発量、安全関連などさまざまな法規制への対応が求められるようになるため、今後も販売を継続するには大がかりな開発対応が必要になることを受けて、総合的に検討した結果だという。

来年3月を以って生産が終了することがアナウンスされたS660。発表後わずか2週間強で1年間の生産枠が埋まるほどの受注が集中。せめて期間限定で注文を受けるなどの対応が、メーカーの使命とも思うが

 また、生産を終了することを1年も前にいち早く発表したのは、最後の機会にひとりでも多くのお客様に購入を検討いただく期間を長くするためとのことだが、こうなってはホンダとしても複雑な心境なのではないだろうか。

 個人的には現状はもう無理であるはずの生産枠をいくらか増やす可能性もなくはないと思っている。

■発売当初も人気が集中。販売台数は最初の2年間でピークを迎えていた

 短い期間に多数の受注といえば、S660が登場した2015年を思い出す。その時も発表前から話題騒然となり、受注が殺到して納車まで年単位といううわさが流れるほどのバックオーダーをかかえたわけだが、今回の生産終了発表後の流れも、実は現象としては同じではないかと見ている。

 ご参考まで、S660の暦年の販売台数は、2015年9,296台、2016年10,298台、2017年4,075台、2018年3,003台、2019年2,842台、2020年:2,747台、2021年1月~2月が435台と、やはり最初の2年が突出して多い。

 月販台数では、最近はピークの数分の1となる月販200台程度となり、すっかり落ちぶれたように見えたものの、けっして飽きられたわけではなかったということだ。

この数年は月販200台前後で推移していた。決して多くはないが、スポーツカー好きのニーズをガッチリ掴んでいた。ただ騒音や燃料透過規制といった、新たな規制の波に勝てなかった

 発売時には、こんなに面白そうなクルマが出てきたのだから、ぜひ乗ってみたいという人が殺到した。そして今回は、できるものなら乗ってみたいとずっと潜在的に思っていた人が大勢いて、いつかは買えるといいなと思っていたけれど、もう新車で買えなくなることがハッキリしたので、それなら今しかないとアクションを起こしたというわけだ。

 まさしく6年前の出来事と根っこにあるものは同じ。S660というのは人をそこまで駆り立てる「何か」、そんな要素を持ったクルマということだ。

次ページは : ■ホンダの「走る喜び」を凝縮した「S660」はモデューロXの人気も高かった