プジョーの新型「308」世界初公開!! VWゴルフよりも魅力的か?


 3月18日にプジョーの新型308が世界初公開された。フルモデルチェンジした新型はどのような進化を遂げたのか? 

 そして、308と同じCセグメントのベンチマークとなっているのがVWゴルフだ。ゴルフは新型が今年日本に導入される予定だが、新型308はこの世界的定番車よりも魅力的なモデルとなっているのか?

 新型ゴルフとの違いを中心にプジョーの新型308をチェックしてみた!

文/大音安弘  写真/Peugeot、Volkswagen

【画像ギャラリー】ゴルフとどちらが魅力的!? プジョーからの刺客、新型308がついに登場!!


■新型308の発売は欧州で今年後半の予定!

世界初公開されたプジョーの新型308。「ゴルフイーター」となれるか?

 シトロエン・DS・プジョーのフレンチ3兄弟のポジショニングの明確化から、上質さを感じさせるクルマ作りへとシフトした近年におけるプジョーの変化の象徴といえるのが、現行型308だ。欧州のCセグメントハッチ市場で上位を狙った第2世代の308は、トータル性能の向上が図られ、飛躍的な進化を遂げた。

 まさにその意気込みをひと言で表現するならば、「ゴルフイーター」である。その結果、欧州はもちろんのこと、日本でも大きな注目を集めた。

 そんなプジョー308が、2021年3月18日、本国にて3世代目となる新型ハッチバックのワールドプレミアを実施した。ご存じのようにライバルであるVWゴルフは、最新世代となるゴルフ8が、2019年10月にワールドプレミアされ、すでに欧州で展開。そして、2021年内の日本導入が公表されている。

 新世代の308は欧州での展開が2021年後半と予告されており、日本導入は早くとも来年となることが予想される。少々気が早いが、公表された事前情報をもとに、よきライバルとなる2台の特徴を比較してみたい。

■デジタル化を表現した未来的スタイリング

フロントの攻めたデザインとは対照的に、リアは従来の308の面影を感じさせるものとなった

 プジョー308とVWゴルフのデザインを見ていくと、コネクテッド機能や先進の運転支援機能などの新技術がマストとなった世代ということもあり、そのスタイリングでもデジタル化を表現した未来的なものに仕上げられている。

 いずれも共通するのは、LEDランプをアクセントに活用したライトデザインだ。しかしながら、全体のイメージは、2台ではっきりと異なる。

 VWゴルフは、新鮮さを感じさせる一方で、歴代ゴルフの系譜を感じさせるオーソドックスなフォルムが与えられている。つまりひと目でゴルフをわかる形なのだ。

 対するプジョー308は、新世代エンブレムを強調した大型グリルを低く配置することで、力強さとスポーティな走りを連想させる、攻めのデザインとした。

 ただグラマラスなリアフォルムは、現行型のイメージを受け継ぐところもあり、そこは308の系譜を意識しているのかも。ただ全体的には、新鮮さを重視したデザインだ。

 攻めという点では、プジョー308がリードといえる。ただ鮮度が高い分、この点では新308が有利だ。その新308のフロントマスクは、エネルギッシュだが、シックな現行型と比べると、好みがはっきりと分かれそうだ。

 ボディサイズはそれぞれ以下のとおりとなる。プジョー308は、ひと回り大きくなっているのに対して、VWゴルフはわずかなサイズアップに留めている。数字だけの比較では、やや小ぶりなゴルフのほうが、日本では喜ばれそう。ただプジョー308のホイールベースの長さは、後席のゆとりに期待できる。

●次期型プジョー308・ボディサイズ
全長4367mm×全幅1852mm×全高1444mm、ホイールベース2675mm


●新型VWゴルフ8・ボディサイズ
全長4284mm×全幅1789mm×全高1456mm、ホイールベース2636mm


※両車ともボディサイズは欧州参考値

次ページは : ■タッチディスプレイ採用は共通だが使い方に個性が

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ