フィアット500限定モデル、タイカンのオフロードも! 春のニューモデル&改良車情報

チンクの限定モデルやタイカンのオフロードも! 春のニューモデル&改良車情報

 季節はすっかり春。新生活の始まりに、あるいは春だからなんとなく(?)新車の購入を考えている人もいるだろう。

 フィアット500の限定カラーモデルやポルシェの電動モデル、タイカンのオフロードモデルなど、春の注目車を詳しく見ていこう。

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】春の注目ニューモデル&改良モデルをギャラリーで見る


■フィアット 500/500C ミモザ2(限定モデル・3月20日発売)

 フィアットは500および500Cにイエローの限定カラーを纏った「ミモザ2」を3月20日より250台限定で販売開始した。

ベース車は「1.2ポップ」で、ベース車との価格差は両車ともに8万円高である

 「国際女性デー」と定められている3月8日に、男性が大切な女性にミモザの花を贈るイタリアの習わしをイメージした限定車で、限定カラーだけでなく限定装備も多く採用された一台である。

 価格は500ミモザ2の場合208万円、500Cミモザ2は274万円となる。

●価格:208万円

■BMW M5 CS(追加モデル・1月27日発表)

 BMWは、M5の限定生産モデルとなるM5 CSを発売することを発表した。

ボンネット、リアスポイラーはCFRP製。またマフラーエンドは専用4本出しエキゾーストなど、専用装備を数多く盛り込まれている

 このモデルは現在販売されているM5をベースとし、さらなるチューニングを施した一台で、エンジンは6000rpmで最高出力635psを発生させる4.4L V型8気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載する。

 これはノーマルのM5と比較すると35ps‌、M5コンペティションと比較すると10psも引き上げられた数値だ。

 また、車重も標準と比べて70kg近い軽量化を施しており、結果0-100km/hは3.0秒を記録。M5コンペティションよりも0.3秒速いタイムを記録する。

 インテリアはカーボンや黒を基調としたもので、スポーツ走行に適した専用カーボン背面パネルを持つスポーツシートが前列に装備される。

 また、後部座席もホールド性の高い形状をしたシートを持ち、それに合わせて乗車定員も5人から4人へと変更されている。

 M5 CSは2021年春に販売が開始され、価格はドイツ国内で18万400ユーロ(日本円にすると約2346万)となる。日本への導入や価格などは未定だ。

●価格:未定

次ページは : ■ポルシェ タイカン クロスツーリスモ(追加モデル・3月5日受注開始)