R34GT-Rがまさかの!?? あの時手放さなきゃよかった 高騰中古車ランキング

諦めきれない!? あの時手放さなきゃよかった 高騰中古車ランキング

 記憶が正しければ……というのを前提に10~15年ほど前の旧車の価格を思い出してみる。

 トヨタ2000GTが2000万円、ハコスカGT-Rが800万円、ポルシェ964型911カレラRSが800万円、ポルシェ993型カレラRSが1000万円、R32GT-Rが150万円、R34GT-Rが500万円……。

 それが今では3~5倍、いやそれ以上に高騰するという、まさに呆れるどころか、あ~あの時買っておけばよかった……という自責の念にかられるばかりだ。

 いまさらこんなことをいっても元も戻らないのはわかっている。だがしかし、もしかしたら、昔の値段に戻るかもしれないという、一縷の望みにかける人も少なくないはずだ。

 ということで、どれほど旧車が高騰してしまったのか、昔を思い出しながら現在の価格はいくらなのか、中古車事情に詳しい伊達軍曹が解説する。

文/伊達軍曹、写真/ベストカー編集部 ランチア フェラーリ ポルシェ 日産 スバル

【画像ギャラリー】価格高騰中の名作旧車を画像でチェック!


■なぜこんなに暴騰したのか? 前もってわかれば手放さなかったのに!

10年ほど前までは300万円も出せば買えたはずのランチアデルタHFインテグラーレだが、現在の中古車価格はその2〜3倍まで膨れ上がっている

【関連記事】WRCホモロゲマシン 栄光のランチアデルタはなぜ異常高騰中なのか?

ランチアデルタHFインテグラーレの中古車情報はこちら!

 10年ほど前までは、「ちょっと昔の名作スポーツカー」の中古車価格というのは300万円前後である場合が多かったように思う。

 もちろん実際は車種や品質によりけりだったわけだが、「300万円か400万円も出せば、けっこういい感じの名作旧車が買える」という時代ではあったことだけは間違いない。

 しかしその後、世界的な「ちょっと古いクルマブーム」が巻き起こったことで、名作旧車の相場は超絶大高騰。

 たとえば筆者が10年ほど前に乗っていたランチアデルタHFインテグラーレエボIIは購入価格250万円で、数年後にたしか200万円弱で売却したと記憶している。

 だが筆者が売却した直後ぐらいからデルタエボIIの相場は爆上がりし、250万円だったものが500万円、600万円に。そして2021年現在、筆者が乗っていた「走行7万kmぐらいのデルタエボII」の相場は、だいたい800万円ぐらいになっている。

 もしもあのとき手放さないでいたら、今頃は莫大な「含み益」を手にしていたはずなのに……と、ほぼ空っぽのサイフと預金通帳を眺めながら、夜な夜な涙酒を飲んでいる筆者なのだ。

 だが「あのとき手放さなきゃよかった!」と後悔している人間は、おそらく筆者だけではあるまい。

 なぜならば、ランチアデルタHFインテグラーレエボIIに限らず、近年は本当に多くの名作旧車の相場が軒並み大高騰しているからだ。

 そして大高騰の裏側には、高騰により莫大な含み益を得ている人間の数と同じぐらいの、「もしもあのとき手放していなければ……」と、涙に暮れている人間がいるのだ。

■フェラーリF40は4650万円→約2.5億円→約5600万円→約1億4700万円

フェラーリ社の創業40周年記念モデルという希少性からプレミアム価格が付いた、フェラーリF40

フェラーリF40の中古車情報はこちら!

 ということで……いや、何が「ということで」なのかよくわからないが、まぁとにかく「ここ10年間で中古車相場が大高騰した主なモデル」について、いろいろと考えてみよう。

 まずは高騰率ではなく「絶対的な金額が高いモデル」から。高額なクルマといえば、なんといってもフェラーリF40である。

 ご存じのとおりF40は、フェラーリ社の創業40周年を記念して1987年に製造されたミドシップスポーツ。

 搭載エンジンは最高出力478psの3L、V8ツインターボで、公称最高速度は、当時の市販車としては世界最速の324km/hであった。

フェラーリF40のリアフォルム。サーキット走行も考慮され、リアウイングは強力なダウンフォースを生み出す本格的なもの

 新車ディーラー価格は4650万円に設定されたが、バブル全盛期ゆえ、実勢価格はあっという間に1億円を突破し、2.5億円まで跳ね上がった。

 しかしその後のバブル崩壊とともにF40の相場にも紆余曲折が生じ、今から9年前、2012年のペブルビーチ・オークションでの落札価格は約5600万円まで落ちていた。

 だがF40の人気は不死鳥のごとし。世界的に景気が回復するとともにF40の相場は再び上昇に転じ、2020年にオンラインで行われたオークションでは138万6000ドル(約1億4700万円)にて落札されたのだ。

1996年に販売された993型のポルシェ911GT2

993型ポルシェ911の中古車情報はこちら!(流通状況によってGT2は掲載されていない場合があります)

 フェラーリF40同様に、RMサザビーズなどの海外オークションでバカ高い値段が付くのが、993型のポルシェ911GT2だ。

 993型911GT2は、そもそもはル・マン24時間レースやFIA GT選手権のGT2クラス参戦のホモロゲーション取得のために製造されたモデル。

 993型911ターボ(4WD)をベースに徹底した軽量化とRR化が行われ、3.6Lツインターボエンジンは最高出力430ps/55.1kgmを発生。ストリート仕様とレース専用仕様とその911EVOモデルが存在し、総生産台数197台のうち、ストリート仕様は57台、EVOが11台とされる。

993型ポルシェ911GT2のリアフォルム。リベット留めのフェンダーが大迫力だ

 で、そんな993型GT2も2500万円ぐらいで手に入る時代があったのだが、2016年には一時1億6000万円まで高騰、昨今の相場は「おおむね1億円」だ。具体的には、2020年のRMサザビーズオークションで89万1000ドル(約9800万円)にて落札されている。

 以上2モデルが「バカ高いクルマ」の代表例だが、まぁこのあたりの海外オークションでしか買えない超希少モデルは、筆者のようなド庶民の人生にはまったく関係のない存在である。高嶺の花という言葉さえおこがましい、遥か彼方の蜃気楼だ。

次ページは : ■500万円が3300万円! 爆上がり率NO.1は22B-STiバージョン!