まだ価格が高い電気自動車だけれど…… EVのバッテリーは安くなるのか?


 2050年カーボンフリーの機運が高まっていることで、最近はより一層、EVや電動車への世間の関心が高まっている。しかし、EVは特に価格面でまだ身近な存在とはいえない状況だ。

 マツダのMX-30は、マイルドハイブリッド車が242万円からなのに対して、EVモデルは451万円からと、EVのほうが200万円程度高い。日産のEV、リーフの価格も332万円からと、エンジン車のハッチバックモデルと比べると、まだまだ高価だといえる。

 そのEVの価格が高い理由として以前から注目されているのがバッテリー。リチウムイオン電池を使うデジタル製品やモバイルバッテリーのような商品が低価格を実現しているのに比べて、EVの価格はそれほど下がっていない印象だ。

 今後バッテリーはもっと安くなり、EVも安くなるのか? モータージャーナリストの御堀直嗣氏は次のように考察する。

文/御堀直嗣
写真/NISSAN、TOYOTA、TESLA、VOLVO、JAGUAR、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】バッテリーの価格だけではない! 個性的なEVを写真でチェック!!


■リーフは電池の高性能化を図りながら価格を抑えている

 電気自動車(EV)の価格を左右するのは、リチウムイオンバッテリーの原価だといわれている。そこでまず、EVの新車価格の推移をリーフで調べてみる。

 2010年に初代リーフが発売された時の価格は、Xが376万4250万円、Gが406万0350円だった。現在はもっとも廉価なグレードのSがあるが、比較のため現行のXは381万9200万円、Gは418万9900万円だ。加えて、e+も加わり、このXが411万1000円、Gは499万8400円となっている。

2010年に発売された『初代リーフ』。価格はXが376万4250万円、Gが406万0350円、バッテリー容量24kWhで航続距離はJC08モードで228km
2017年にフルモデルチェンジされた『2代目リーフ』(現行型)。価格はXは381万9200万円、Gは418万9900万円、バッテリー容量40kWhで航続距離はWLTCモードで322km
2019年に大容量バッテリーモデルの『リーフe+』が追加された。こちらの価格は、Xが411万1000円、Gは499万8400円、バッテリー容量は62kWhで航続距離はWLTCモードで458km

 そして車載されるバッテリー容量は、初代が24kWh(キロ・ワット・アワー)であったのに対し、現行リーフは40kWhで、e+は62kWhである。

 以上から、要素を単純化して比較すると、初代に比べ現行の2代目リーフはバッテリー容量が1.66倍に増えたにもかかわらず、車両価格はリーフのXで6万円ほど、Gで約13万円しか上がっていない。

 プラットフォームを初代から引き継いでいるので、そうした面での減価償却や、装備の見直しにともなう原価低減などもあるはずだが、リチウムイオンバッテリー容量が標準車で1.6倍近くになったのに、新車価格は1.5%しか上がっていないのである。

 リチウムイオンバッテリーの原価がかなり圧縮された可能性は高い。しかし、リチウムイオンバッテリーの性能自体は、電極が従来のマンガン酸リチウムから、三元系と呼ばれるニッケル・マンガン・コバルトに替わっており、材料費で現行車は原価が上がっていると考えられる。

■電池コストダウンのカギを握るテスラの「ギガファクトリー」

 もうひとつ、EVの価格が下がる実態が浮かび上がった。それは、米国のテスラ・モデル3が国内販売価格の値下げを行い、3車種のうち廉価車種と中間車種の価格が、約80万~150万円も下がったのである。

大幅値下げでいっきに身近になった『テスラ モデル3』。後輪駆動でスポーツドライブできる高性能がこの価格で買えるのは悩ましい

 具体的には、後輪駆動(RWD)のスタンダードレンジプラスが511万円から429万円へ、4輪駆動(AWD)のロングレンジAWDが655万2000から499万円へ価格が下がった。ちなみに、最上級車種のパフォーマンスの717万3000円は据え置きである。

 この驚くべき大幅な値下げについて、テスラでは世界的にリチウムイオンバッテリーを大量生産するギガファクトリーの建設を進めており、このうち、中国の上海にあるモデル3専用のバッテリー工場が稼働し、近距離の市場である日本での値下げにつながったとのことだ。

 また、品質については、新しい工場であるとともに、モデル3専用のバッテリー工場のため、単一製品の製造という点でも品質が高まっているという。

 日本とは逆に、中国から遠い米国市場でモデル3は値上がったとのことだ。つまり、輸送経費の差も、リチウムイオンバッテリー原価を大きく左右することがうかがえる。

 以上の数字から、リチウムイオンバッテリーの原価は下げの方向に向かいはじめているといえるだろう。さらに、そこへドイツのフォルクスワーゲンによる戦略的なバッテリー計画が明らかになった。

 テスラがすでに展開をはじめているギガファクトリーと呼ばれるリチウムイオンバッテリーの大量生産工場を、欧州に6カ所建設するというのである。

次ページは : ■バッテリーの価格を下げるさまざまな可能性

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ