気分だけでもアウトドア!? “なんちゃってSUV”の流行はどこまで続くのか?

気分だけでもアウトドア!? “なんちゃってSUV”の流行はどこまで続くのか?

 近年、世界的に売れ筋となっているクルマといえばSUVだ。そのため、コンパクトクラスから大型のラグジュアリークラスまで、SUVは続々と新型車が登場している。

 さらにそのバリエーションも拡大しているが、その波に乗って同様に増えているのがフツーのコンパクトカーや軽自動車などをベースに、ひと回り大きなタイヤや黒のホイールアーチプロテクターなどを装着してSUVテイストに仕上げたSUV風モデル。

 さらに、ボディ形状はほぼSUVだが、あくまでもスタイル重視といったようなクロスオーバーSUVなどもあり、いずれも人気モデルとなっている。

 これらSUVブームの勢いに乗って登場したSUV風のモデルたちの人気は、今後いつまで続きそうか? モータージャーナリストの島崎七生人氏は次のように考察する。

文/島崎七生人  写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】カジュアルだけど、普段使いの実用性はじゅうぶん!! 身近にアウトドアが香る「SUV風」人気車を見る


■手軽なアウトドアと同じように“それとなくSUV”なモデルが人気

トヨタ アクアクロスオーバーグラム。SUVでありながら土や砂埃が似合いそうもないおしゃれさだ

 チェアリングが静かなブームらしい。近所の公園、河原、あるいは自宅のベランダなど特別な場所でなくてもまったくOK。

 ともかく家の外に椅子ひとつを持ち出して、読書でも音楽鑑賞でもコーヒーブレイクでも思いのまま自由に時間を過ごす……。そんな気持ちよさそうな体験のことらしい。

 今どき不要不急の外出を慎むのは基本だが、控えめに、人に迷惑をかけず、密にならないよう1人か2人であれば許されるはず。筆者も自宅にあるコールマンの折り畳み椅子をクルマに載せて、手軽にアウトドア気分が楽しめそうなチェアリングをそのうちに試したいと思っている。

 ところでそんなチェアリングに通じるのでは? と思えるのが、“それとなくSUV”なモデルたちだ。車種でいうとアクアのクロスオーバーグラム、フィットやフリードのクロスター、軽カーなら三菱eKクロス、スペースアギアなど。

ホンダ フリードクロスター

 もう少し範囲を広げて、本格SUVに比べ親近感のあるボディサイズ、価格の“カジュアルなSUV”でいうと、軽カーのハスラー、タフトはその筆頭だし、コンパクト系のライズ/ロッキー、キックス、クロスビー、イグニスなどもその範疇に入る。

 くだけで言うと“なんちゃってSUV”というか“準SUV”というか、“SUV仕立て”というか。本格SUVではなくとも、眺めて、乗ってSUV気分を味わわせてくれるクルマである。

 もちろん“準SUV”などと書いたからには“本SUV”があり、その“本”のほうの人気は今やすっかり定着したのはご存知のとおり。

 2000年にBMWが最初のX5を登場させた時には「ええっ!?」と驚かされたものだが、あれよあれよと増殖し、気がつけば今ではランボルギーニもマセラティもアストンマーティンでさえもSUVをラインアップに加えている。

 市場ニーズがあるからこその現象だが、ひと昔前にこの様相をいったい誰が予想しただろう。そのSUV人気に連動して、SUV仕立てのそれっぽいクルマたちも増えたという訳だ。

■昔の“なんちゃって”はかなり本格的だった

1994年登場の三菱 ギャランスポーツ。ルーフレールやバンパーガードが装着されたSUVのような5ドアも登場した

 そういえば1980〜1990年代のRV/クロカンブームの頃にも、“なんちゃってRV”の流れがあった。あの時は“ネタ元”が本気のクロカン4WDで今のSUVよりもイカつかったから、勢い、なんちゃってといいながらも、かなりゴツく仕上げるのが“作風”だった。

 フロントのカンガルーバーや大型フォグランプ、アンダーカバー、ルーフレールの装着はお約束、本流に寄せて、わざわざスペアタイヤを背負うモデルまで。ワンボックス系にもその流れが波及した。

 しかも記憶が正しければ、たいていは4WDでもあり、その意味ではなんちゃってといっては失礼か。

 余談だがそうしたクルマを連れ出し、雑誌の撮影で河原や富士山麓あたりへ繰り出した。

 ゴツい石の上を歩くようなスピードで乗り越えるワイルドな試乗をしたり、渓流釣りやキャンプ、BBQをしている格好の絵撮りを、お約束だった折り畳み椅子に座りマグカップを手にしたポーズをカメラにむかってさせられたのを思い出す。

 余談の余談になるが、ステンレスのマグカップに入った沸かしたてのコーヒーなんて、唇には熱いし、ブラックは濃いし(←気を利かせたクリームの用意などなかった)、飲めたものではなかったけれど……。

 翻って現代のなんちゃってSUVは、ベース車次第で4WDが設定される場合もあるが、大半はFF。何が言いたいかというと、かつてのなんちゃってRVの頃に較べ、よりなんちゃって度が高いというか、よりカジュアルになっているといえる。

 ただし現代のなんちゃってSUV各車の名誉のために書いておけば、今のクルマのダイナミック性能は昔に較べ格段に向上しているし、駆動系の制御技術も進化し、必ずしも4WDでなくても実用上充分な走行性能を備える。なのでユーザーは、どのクルマでも安心して選んでいい……。そんな状況にある。

次ページは : ■“実用車”に“本格派”も“なんちゃって”もないのだ

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ