現行型ハイエースの中古車市場でなぜ低走行車が増加??


 トヨタの人気車種のロングセラー化が進んでいる。『ランドクルーザープラド』は2009年登場。そして200系と呼ばれる現行型『ランドクルーザー』は2007年に登場した。すでにベストカーwebで、紹介しているようにランドクルーザーは2021年8月に約14年振りにフルモデルチェンジを行い、世代交代を行う予定だ。

 プラットフォームやパワートレーンも刷新され、主力エンジンはV6のガソリン&ディーゼルターボになると言われている。日本のみならず、グローバルで人気の高いランドクルーザーがフルモデルチェンジを行うとなると、俄然注目が高まるのが『ハイエース』のモデルチェンジだ。

 200系と呼ばれる現行型ハイエースは2004年登場と、すでに約17年が経過している超ロングセラーモデルだ。しかし、現在になってもフルモデルチェンジの噂は聞こえてこないどころか、現行モデルの新車販売は相変わらず好調で、絶大な支持を得ている。

ここでは、ビジネスモデルとして大ヒットしている現行型ハイエースの最新中古車事情を紹介する。

文/萩原文博
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】日本の王道バン「ハイエース」写真集


■日本のビジネスを支える「ハイエース」現行型は17年目のご長寿モデル

 中古車事情を紹介する前に、簡単に現行型ハイエースの歴史を振り返ってみる。

 2004年8月に登場した現行型ハイエースバンは、全長が4695mm(一部4840mm)の「ロング」と5380mmの「スーパーロング」。全幅が1695mmの標準と1880mmの「ワイド」、そして全高は1980mmの「標準ルーフ」、2105mmの「ミドルルーフ」、2240〜2285mmの「ハイルーフ」の3種類を用意。さらにドア枚数は4ドアと5ドア、フロア形状は標準とジャストローの2種類、乗車定員は2人、3人、5人、6人乗りの4タイプ。グレードはエントリーグレードの「DX」、快適装備の充実した「スーパーGL」を用意した。

登場当時の現行ハイエース。見た目はグリルの大型化程度で変わらないが、毎年のように改良が実施されており、17年を経た今でも一線級の実力を維持しているのはさすが!

 搭載するエンジンは2L&2.7L直列4気筒ガソリンエンジンと2.8L直列4気筒ディーゼルエンジンの3種類とビジネスモデルらしく多彩なニーズに応えるべくバリエーションが豊富だ。

 登場から約17年が経過しているハイエースバンだが、年を重ねるごとにアップデートを行っている。最初のマイナーチェンジを行ったのは2007年8月、外観の変更をするとともに、搭載するディーゼルエンジンを新長期規制に適合させた3Lエンジンへ変更。また、2010年に行った2度目のマイナーチェンジでは搭載するディーゼルエンジンの仕様変更を中心に、外観を変更している。

 2012年4月の一部改良では、盗難防止システムのエンジンイモビライザーシステムを全車に標準装備。2013年の3度目のマイナーチェンジでは、内外装の変更に加えてさまざまな情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備とし利便性を向上させている。

 2014年12月の一部改良では搭載するガソリンエンジンの仕様変更とともに、ATを従来の4速から6速へと多段化させ燃費性能を向上。そして2017年11月の一部改良では、ディーゼル車のATも6速へと多段化されると同時にレーダークルーズコントロールなどを外した衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を標準装備。

 2020年4月にはデジタルインターミラーを全車にオプション設定したのをはじめ、パノラミックビューモニターやインテリジェントクリアランスソナーといった運転支援装備をAT車にオプション設定するなど安全性を向上させている。

 約17年というロングセラーモデルの現行型ハイエースだが、燃費性能や安全性、盗難予防という観点から見ると、2014年式以降のモデルを狙いたいところだ。ポイントを絞ったところで現行型ハイエースの中古車相場を見てみよう。

■流通する中古車も非常に豊富なうえ、年式も新旧さまざま

 現在、現行型ハイエースバンの中古車の流通台数は約3570台と非常に豊富だ。

 流通台数の多い年式を見てみると、2021年式が約680台と最も多く、次いで2015年式の約395台。そして、2016年式の約339台と続く。ハイエースの人気の凄さも中古車の流通している分布からもわかる。さすがに2007年以前の中古車は約340台と少なくなっているが、最も流通台数の少ない2010年式でも約117台で、すべての年式で100台以上の中古車が流通しているのだ。

ボディのバリエーションも充実。4ナンバーサイズのバンから、11人乗りのワゴン、コミューターまで用途に合わせて選択可能。新車も売れているだけに中古車でも同様の選択が可能だ

 中古車の流通台数の分布を見ると、2021年式を除けば、マイナーチェンジや一部改良を行った直後の年式の中古車が多いのが特徴だ。一方、2021年式は走行距離500km以下というおろしたて中古車がほとんど。

 グレードでは、2018年8月から販売されている特別仕様車の「スーパーGL “DARK PRIME II”」がその多くを占めている。最も多いのが「2.8L DTロングボディ」の約190台。続いて「2.8L DTロングボディ4WD」の約170台。そして2.0ロングボディの約140台となっている。こういったおろしたて中古車の価格帯は約200万〜約766万円で高価格帯はキャンプンカー仕様などのカスタムカーだ。

●ベストカーWEB厳選!! 仕事グルマだけじゃない魅力『現行型ハイエース』の最新中古車情報

 話を現行型ハイエース全体に戻そう。中古車の価格帯は約46万〜約880万円と幅広い。ビジネスモデルらしく、低価格車は走行距離が約30万kmという中古車もゴロゴロしている。今回狙いを絞った2014年式以降の価格帯は約69万〜約880万円。中古車の流通台数は約2350台となっている。平均価格は約249.6万円で、1年程前は約227万円だったので、この値上がりはおろしたて中古車の増加によるものと考えられる。

 流通しているグレード構成もこのおろしたて中古車の影響が大きく、「2.8DTスーパーGL “DARK PRIME II”ロングボディ」が約300台、「2.8DTスーパーGL “DARK PRIME II”ロングボディ4WD」が約205台。そして、「2.0スーパーGL “DARK PRIME II”ロングボディ」が約180台と上位を占めている。このモデルはLEDヘッドランプをはじめ、運転支援システムの「トヨタセーフティセンス」。さらにスマートエントリー&スタートシステムなど快適装備が充実している。

最近の改良モデルでは、トヨタセーフティセンスやデジタルインナーミラーも標準装着され、安全装備も抜かりはない。中古車を選ぶ際にも、安全装備が充実したモデルを選ぶほうが無難か

 これから長いパートナーをむかえるのであれば、安全装備が充実したモデルを選んだほうが長い目で見ればメリットが大きい。

【画像ギャラリー】日本の王道バン「ハイエース」写真集

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ