新型アウトランダーはPHEVのみでデビュー!? ガソリン車廃止の売り方は成功するのか?

新型アウトランダーはPHEVのみでデビュー!? ガソリン車廃止の売り方は成功するのか?

 アメリカでは今年4月に発売された三菱の新型アウトランダー。その北米仕様は2.5Lのガソリン車だが、日本での新型アウトランダーはプラグインハイブリッド車だけに絞って販売するという情報が有力となっている。現行モデルにはあったガソリン車は新型では投入されないわけだ。

 これと同じようなラインナップをニューモデルで展開したのが日産のノートやキックスだ。新型ではe-POWERのみというハイブリッドだけのグレード体系で販売している。

 ノートも先代モデルにはあったガソリン車を廃止したわけだが、新型アウトランダーは“ガソリン車なし” のモデルラインナップでも成功するのか? 渡辺陽一郎氏は次のように考察する。

文/渡辺陽一郎  写真/MITSUBISHI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】国内版新型はどうなる!? 2020年4月に登場した北米版新型アウトランダー


■新中期経営計画ではPHEVは2022年デビュー予定だが……

新型アウトランダー(北米仕様)。2021年4月に発売された北米版ではガソリン車も設定されているが、日本ではPHEVのみでの販売という情報がある

 今はSUVが人気のカテゴリーになり、新車として売られる小型/普通乗用車の約25%を占める。ミニバンと並ぶ市場規模に成長した。

 そのために新型車の投入も活発で、2021年4月22日には、ヴェゼルがフルモデルチェンジを行った。ヤリスクロス、ライズ、ハリアーなども好調に売れて、国内販売ランキングの上位に位置する。

 そして今後注目されるのがアウトランダーのフルモデルチェンジだ。従来型は2012年に発売されたので、すでに10年近くが経過した。

 三菱が2020年7月に発表した新中期経営計画によると、2021年に新型アウトランダー、2022年には新型アウトランダーPHEV(充電可能なプラグイン方式のハイブリッド車)をフルモデルチェンジすることになっている。

■当初の予定よりも前倒しで発表か

エクリプスクロスPHEVの場合は2020年10月に予約受注を開始し、販売されたのは12月だった

 しかし日本国内では、2021年後半に、新型アウトランダーPHEVを発売する可能性が高い。要は発売時期の前倒しだ。三菱の販売店では以下のように述べている。

 「新型アウトランダーの詳細な情報は、まだメーカーから聞いていないが、発表時期は2021年の10月から11月になると思う。

 しかし(納車を伴う)発売は、2022年に入る可能性もある。エンジンは国内仕様にはノーマルタイプを用意せず、PHEVのみになることが考えられる。今は売れ筋も、明らかにPHEVになっている」。

 発売時期に関しては、注釈が必要だろう。最近は各メーカーとも、価格などを明らかにして本格的な受注を開始する「発表」と、納車を伴う「発売」に時間差を設けるようになった。

 生産開始のかなり前から注文を取り始めれば、販売台数や売れ筋グレードが早期にわかり、生産計画も立てやすいからだ。その代わりユーザーは、注文を入れてから納車まで長々と待たされてしまう。

 例えばエクリプスクロスPHEVでは、2020年10月に予約受注を開始して、発売されたのは12月だった。このパターンを踏襲すると、新型アウトランダーの発表、あるいは受注開始は2021年の10月から11月に行う。納車を伴う発売は、12月から2022年1月と考えられる。

 仮にこのスケジュールで発表/発売すれば、2022年の3月決算には、新型アウトランダーの売れゆきがプラスの効果をもたらす。メーカー、販売会社の両方にとって都合がいい。

次ページは : ■現行の7割超がPHEVでの登録 新型はPHEVのみの設定になる!?