燃費基準達成車と低排出ガス車のステッカーなぜ廃止? クルマに貼るステッカーはどんなものがあるのか?


 日本の自動車メーカーは、2021年4月以降の新規生産車から燃費基準達成車と低排出ガス車を示すステッカーの貼り付けを廃止した。

 政府が自動車メーカーへ通達したことによって、これまで見慣れてきたステッカーが、順次新車から消えていくことになる。

 そこでなぜ廃止されることになったのか? またウインドウガラスに貼られているステッカーが、どのような役割があるのか、貼っていい場所、貼ってはいけない場所はあるのか、モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】ステッカーは主張する!? クルマに貼る各種ステッカーを見る


■消えゆく燃費基準達成車&低排出ガス車ステッカー

新型ハリアーのリアガラスにはステッカーがまったく貼られていない! トヨタは自社のウェブサイト(モデルごとのページ)で、同社の2021年4月の生産分の車両から燃費基準達成車/低排出ガス車ステッカーの貼付を取りやめるとしている。さらに、ホンダも同様の内容として同2種のステッカーを廃止することを明らかにしている

●トヨタ/順次廃止
●日産/順次廃止
●ホンダ/順次廃止
●スバル/順次廃止
●マツダ/順次廃止
●三菱/順次廃止
●スズキ/順次廃止
●ダイハツ/順次廃止

※2021年4月1日以降はメーカー、モデルによって、ステッカー貼付の有無が生じた販売車両が混在する場合が想定される

 トヨタは他メーカーに先んじて、自社のウェブサイトでのモデルごとのページなどで、2021年4月以降の新規生産車への燃費基準達成/低排出ガス車ステッカーの貼り付けを廃止することが明らかになった。

 自動車に関して定められている公的なステッカー(法律上は「標章」と呼ばれる)である、これら2種類のステッカーは、その名の通り国土交通省が定める燃費基準および排出ガス基準を達成したモデルのリアガラスに貼り付けられていた。

 さっそく自動車メーカーの広報に問い合わせてみると、メーカーが一斉に2021年4月以降の燃費ステッカーの貼り付け廃止を決定していた。

 当然ながら、自動車メーカーの各工場の生産・在庫・出荷の量にはモデルごとに違いがあるなど全モデル一律というわけにはいかないようで、自動車メーカーとしてはいわゆる「ランニングチェンジ」(細かい設計変更などを実施する際に、生産を継続しながら適宜仕様を変更していく手法)といった流れで、順次、対応を進めていくようだ。

 たとえば、最新のトヨタ系のニューモデルであるレクサスUX300eのウェブサイトを確認してみると、「2021年4月の車両生産分より、車体 (後面ガラス) への燃費基準達成/低排出ガス車ステッカーの貼付を廃止いたします」との注釈が添えられていた。

 政府が後述するような燃費基準および税制の改正を実施したことをきっかけとして、今回の販売車両の燃費基準の表示に関して、ステッカーを貼付するか、自社のウェブサイトやカタログに掲載するかという、政府からの通達に基づいた“二択”を提示されたようだ。

 手間とコストを考えれば、自動車メーカーとして選択の余地はないはず。ディーラーでも特に説明をする義務もないので、自動車メーカーも大々的な発表は見送ったようだ。

■車体貼り付けか、カタログ掲載かの二者択一

お馴じみの燃費基準達成と低排出ガス車のステッカー

 まずは実車への貼り付けが廃止されることになった燃費基準達成車と低排出ガス車に貼られていた“認定”ステッカーについて、その意味合いを確認してみよう。

 自動車の燃費基準とは、国土交通省が「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネルギー法)」に基づいて設定した、メーカーに求める自動車の燃費性能に対する目標値である。通称“省エネ法”の歴史は古く1979年に制定された。

 1999年に改定を受けて乗用車ではいわゆるトップランナー方式、ごく簡単にいえば、最も燃費の良いモデルを基準として、販売車両の燃費向上率が審査されるようになった。これを受けて、2000年から低排出ガス車、2004年から燃費基準達成車へのステッカーの貼付がそれぞれ開始された。

 今回のステッカー貼付廃止のきっかけといえるのが、2020(令和2)年12月末に経済産業省と国土交通省は燃費基準の変更と税制改定を公表、2021(令和3)年3月末に施行した。

 具体的には、「自動車重量税のエコカー減税及び自動車税・軽自動車税の環境性能割について、新たな2030年度燃費基準の下での区分の見直し等、所要の措置を講ずる」として、「環境性能割の臨時的軽減」(適用期限を9ヵ月延長し、令和3年末までの取得を対象)や「グリーン化特例の内容を見直したうえでの2年間延長」などが実施された。

 これまでステッカーに示される燃費基準達成値や排出ガス基準の低減率などは、自動車取得税や旧自動車税の環境性能割などが減税される、いわゆる「エコカー減税」の減税率に関わってくるから、ステッカーが貼られた車両の大まかな燃費性能と税制上の優遇の程度がわかるという仕掛けになっている。

次ページは : ■法律改定がきっかけ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ