名門フーガよどこへゆく 現行型の軌跡と今後の見通し

名門フーガよどこへゆく 現行型の軌跡と今後の見通し

 現在、日産ブランドのFR車は、シーマ、フーガ、そしてスカイラインの3車種だ。どれもモデルが古く、一番新しいスカイラインでも、2014年2月登場と、すでに9年目に突入している。なかでも重症なのがフーガ。現行型であるY51型の発売開始は2009年11月。随分と時が流れてしまった。

 このY51型フーガの2020年の販売台数はわずか821台。トヨタのクラウンは「苦戦している」とはいえ、2020年は22,173台売れていることを考えると、フーガは目を覆いたくなるほど無様な状況である。

 もちろん、12年間何もやってこなかったわけではなく、フーガは今日に至るまで、フェイスリフトや先進安全装備のアップデートなどの小改良は行われてきたが、インテリアデザインなどの基本設計の古さは否めず、定期的にフルモデルチェンジを行っているライバルメーカーとの戦闘力の差は広がるばかりだ。

 日産にとって重要な高級車であるはずの「フーガ」。フーガはこの先どうなってしまうのだろうか。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】フーガを最後に伝統は途絶えてしまうのか…日産伝統のFR車「セドリック/グロリア」の歴代モデルを写真で振り返る


生粋のスポーツセダンだったフーガ

 高級ミドルクラスセダンとして長年活躍してきたセドリック/グロリアのポジションを継ぎ、2004年10月に発売された初代フーガ(Y50型)。その後継型として、2009年11月に発売開始されたのがY51型フーガだ。

2004年10月に発売された初代フーガ セドリック&グロリアの後継車として、そして北米インフィニティMとして、プレミアムFRセダンへと生まれ変わった
2004年10月に発売された初代フーガ セドリック&グロリアの後継車として、そして北米インフィニティMとして、プレミアムFRセダンへと生まれ変わった

 BMW5シリーズを開発目標に掲げ、Lクラス級の巨大なボディを持ちながらも、徹底的にハンドリングにこだわってつくられたクルマだ。日産お得意の後輪操舵システムと、フロントアクティブステアを組み合わせた「4WAS(4輪アクティブステア)」も搭載した「生粋のハイパフォーマンス・スポーツセダン」でもあった(当該グレードは生産中止となってしまったが)。

リアスタイルも美しいY50フーガ。G37ことV36スカイラインと共に、生粋のスポーツセダンとして、2000年代に活躍した
リアスタイルも美しいY50フーガ。G37ことV36スカイラインと共に、生粋のスポーツセダンとして、2000年代に活躍した

 当初、国内仕様には2.5Lと3.7LのV型6気筒ガソリンエンジンを用意。1年後の2010年11月、3.5Lエンジン+1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムを搭載したモデルが追加された。

 このハイブリッド仕様のパフォーマンスは、2012年当時、0-400m加速にてポルシェパナメーラのタイムに勝利し、「世界最速の市販ハイブリッド」という名誉を獲得している(タイム13秒9031は当時のギネス世界記録に認定)。ちなみに北米インフィニティには、5.6L V8エンジンを搭載した「M56」という、胸アツなモデルもあった。

次ページは : まさかの「インフィニティエンブレム」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ