レクサスの今と今後の行方 国産セダン冬の時代をどう乗り越える?


 輸入車は今でもセダンが売れ筋の中心ではあるものの、近年はSUVが全盛で、国産車のセダンは定番サルーンのクラウンでさえ売れゆきは低調。トヨタの高級ブランドであるレクサスも同様で国産セダンは冬の時代にある。

 そんな今、海外プレミアムサルーンの対抗馬として誕生した経緯を持つレクサスのセダンが進む道とは?

 最近は昨年11月に「IS」が大幅改良され、今年4月の上海モーターショーで「ES」の改良新型が発表されるなど、新たな動きをみせているレクサスのセダンモデル。しかし、さらなるセダン復活に向け、今後レクサスはどのような進化が望まれるのか? 片岡英明氏は次のように考察する。

文/片岡英明  写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】SUVに押され気味……復活のカギは脱炭素!? レクサスセダンを見る


■日本でレクサスブランドは2005年にスタートした

2005年に日本でもレクサスブランドが展開されISが発売された

 トヨタの高級車ブランドが「LEXUS(レクサス)」だ。誕生し、活動を開始したのは年号が平成になった1989年である。北米を中心に販売を開始すると発表され、間もなく世界60カ国以上で販売が行われた。

 だが、この時期、日本ではレクサスを展開していない。レクサスLSはセルシオ、レクサスRXはハリアーを名乗り、トヨタブランドの高級モデルとして販売を行なっている。

 しかし、要望が多かったこともあり、2005年8月に日本でもレクサスブランドを立ち上げた。最初は8車種あるレクサスブランドの高級車のなかからGSとIS、SCが発売されている。

2005年にISとともに日本で発売されたGS

 グローバル・ブランドスローガンは「AMAZING IN MOTION」だ。「いくつもの想像を超える感動を」の意味で、人々に驚きと感動を与えるクルマを送り出すことをブランドポリシーとしている。

 レクサスは、ユーザーや来場者に対する接客において、日本人が大事にしてきた「おもてなし」を前面に押し出し、ユーザーを気持ちよくさせた。その対応は、ほかの国産車や輸入車の販売店と大きく違う。至れり尽くせりの接客を見せてくれるのだ。

 出てくる茶菓だけでなく、トイレに置いて消耗品なども一流品を用意している。また、納車式では家にレクサスの高級モデルで迎えに来るし、ショールームでは盛大なセレモニーを行う。

■クリーンで先進的なイメージを押し出すがセダンでは苦戦

2018年販売開始のESは2021年の上海モーターショーでに改良型が公開された

 このレクサスは2012年に「ニューチャプター」宣言を出し、次のステップに上がることを表明した。

 この時期にはエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッド車を中心に、ブランド戦略を推し進めるようになっている。電動化技術を積極的に採用することによってクリーンで先進的なイメージを確立しようとしたのだ。

 この姿勢は世界中で高く評価された。レクサスのクルマは群を抜いて静かだし、実用燃費もいい。だが、その一方で欧米の老舗プレミアムカーメーカーの作品と比べると、軽快感やスポーティ感は今一歩と見られたのも事実である。

 2015年、レクサスは日本で誕生10年の節目を迎えた。この時期より少し前からセダンとクロスオーバーSUVの比率は逆転し、セダンのLSやHSは脇役に追いやられている。その後、LSをモデルチェンジし、ESも日本市場に送り込んだ。

 が、スポーティ度の高かったGSや下のクラスを受け持つHSはカタログから落とされた。だからセダンは巻き返しできず、今に至っている。

レクサスIS。セダン人気が低迷する中、スポーティさを強調したISも例外ではない

 フラッグシップのLSだけでなくクーペのLCやRCも月平均の販売台数はふた桁だ。基本設計が古く、モデル末期のLX(ランドクルーザー200ベース)とほとんど変わらない販売台数なのだから、セダンにとっては冬の時代だと言えるだろう。

 が、このまま手を拱いているわけじゃない。2020年秋にはLSを筆頭に、ISやRCをマイナーチェンジして走りの質感を高めた。

 また、2021年4月に開催された上海モーターショー2021には改良型のESを参考出品している。エレガントなデザインをさらに進化させ、ハンドリングや乗り心地も向上させているという。もちろん、先進予防安全技術もてんこ盛りだ。

次ページは : ■EV時代の到来でレクサスの行く先は?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ