インフィニティQXシリーズの魅力と実力 高級SUVのド本命を日本で売ってほしい!!


 日産が海外で展開する高級車チャンネル「INFINITI(インフィニティ)」。インフィニティは本社機能を日本(横浜の日産グローバル本社)におきながら、日本では販売展開していない。

 そのためか、トヨタの「レクサス」に比べて国内で認知度が低いインフィニティであるが、海外向けらしい優雅で大胆なデザインは、日本でもファンは多く、なかでも、インフィニティの高級SUVラインアップである「QXシリーズ」は、「カッコイイ!!」 「日本でも売れそう!!」と、話題になることもしばしば。

 実際、日本車にはないデザインは新鮮で、日本で見かけたらかなり目立つであろうし、人気が出そうだ。

 今回は、そんな高級SUVのド本命インフィニティ「QXシリーズ」の魅力と実力を、余すところなくお伝えしていこうと思う。

文:吉川賢一
写真:INFINITI

【画像ギャラリー】日本では激レア!! インフィニティの高級SUVラインアップをギャラリーでチェック!!


インフィニティのQXシリーズは全4車種

 インフィニティもレクサスもアキュラも、1980年代のバブル景気を後押しに、日産、トヨタ、ホンダそれぞれが、世界市場を視野に立ち上げたブランドだ。インフィニティとレクサスは1989年に、アキュラは1986年に設立された。

 このうち、日本でも販売されているのは、レクサスのみ。レクサスは、ブランド設立から16年後の2005年に、日本導入となった。

 インフィニティは現在、北米、中国、そして欧州市場で販売されており、主戦場である北米では現在、Q50(日本名:スカイライン)、Q60、QX50、QX55、QX60、QX80(アルマーダの兄弟車)の6車種が販売されている。お気づきの通り、「Q」とつくのが、セダンもしくはクーペ、「QX」とつくのが、SUVだ。

 QXシリーズには、メルセデスベンツAクラスのシャシーを流用したコンパクトクロスオーバーSUV「QX30」もあったが、2019年に生産終了。また、スポーツクーペSUV「QX70」というモデルも存在したのだが、2017モデルを最後にラインアップから消えてしまった。

メルセデス・ベンツAクラスとシャシーを共用していたQ30。その車高を上げ、クロスオーバーSUVとしたのがQX30
2代目FXことQX70。V8エンジンを積むクーペSUVとして、根強い人気があった

 その「QX70」の後継車的な位置づけで2021年2月に登場したのが、QX50をベースとした高級クーペSUVの「QX55」だ。

ドイツ車に負けてないスタイルが自慢の「QX50」

 筆者が日本導入をもっとも熱望しているのが「QX50」だ。全長4690ミリ、全幅1900ミリのミドルクラスSUVであり、レクサスNXよりも大きく、RXよりはちょっとだけ小さい。スタイルが良く、ドイツメーカーのSUVと比べても、まったく見劣りがしないデザインクオリティだ。

QX50は北米販売の主力車種となっている

 パワートレインは、日産の秘密兵器、VCターボ(2.0リッター直4可変圧縮、最大出力268ps)を搭載。マニュアルシフトモード付の無段変速機と、インテリジェント全輪駆動システムを組み合わせる。このパワートレイン、燃費とパフォーマンスで使い分けができる点が優れており、海外での評判がすこぶる高い。日本で味わえないのが非常に悔やまれるエンジンだ。

全長4690ミリ、全幅1900ミリのミドルクラスSUVであり、レクサスNXよりも大きく、RXよりはちょっとだけ小さい

 余談になるが、このVCターボは、欧州向けの新型SUV「キャシュカイ」のe-POWER(1.5リッターVCターボ+e-POWER)の発電専用エンジンとして搭載されることが発表されており、中国向けの新型エクストレイルにも、このVCターボが搭載されることが発表されている。

 日本でもおそらく、今秋の登場が期待されている新型エクストレイルで、(発電専用エンジンとしてか、駆動用エンジンとしてか、あるいはそのどちらもか、はわからないが)何らかの形で、このVCターボが登場してくるだろう。

次ページは : おしゃれさが際立つ「QX55」

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ