フェラーリとランボから830馬力のスーパーカーが登場! 時代に逆行!? 馬力競争はいつまで続くのか?

フェラーリとランボから830馬力のスーパーカーが登場! 時代に逆行!? 馬力競争はいつまで続くのか?

 世界の先進国および新興国で、新型コロナ対策として大規模な金融緩和が行われ、コロナバブルが発生。スーパーカーメーカーの絶好調が続いている。

 スーパーカーの2大巨頭といえば、フェラーリとランボルギーニだ。近年はランボルギーニの伸びがウルトラ著しく、王者フェラーリに肉薄しつつある。フェラーリも負けるわけにはいかず、競争は激化するばかりだ。

 自動車業界全体には、電動化の大津波が押し寄せているにも関わらず、フェラーリとランボギーニは、そんなことはどこ吹く風。両社とも、近い将来全モデルをハイブリッド化する方針ではあるが、現在は駆け込み的に、すさまじい馬力競争を繰り広げている。

 2021年4月の上海モーターショーで、ランボルギーニはエッセンツァSVC12を発表。対するフェラーリは2021年5月5日、812コンペティツィオーネとそのオープンモデルのコンペティオーネAを公開。いずれも830馬力で覇権争いの様相だ。

 さて、こうしたスーパーカーの覇権争いは今後はどうなるのか、清水草一氏が解説する。

文/清水草一
写真/フェラーリ ランボルギーニ

【画像ギャラリー】駿馬 vs 猛牛!! でもいったい誰が走らせるの!? 300km/hオーバーでユーザー置き去りの馬力競争