新型車でも採用されない快適性向上… なぜSUVの後席にはリクライニング機能が搭載されないのか?


 前席には当たり前にある、シートバックのリクライニング機能。3列シートのミニバンであれば、2列目にもリクライニング機能があるが、2列シートのSUVとなると、リクライニング機能を持つクルマはあまり見られず、あったとしても、2段階、それもほんのちょっと角度を変えられる程度だ。

 セダンと比べて、ラゲッジスペース側が空いているSUVであれば、もう少し調整幅を持たせられるようにも感じる。快適性向上のためには、もっと搭載するクルマが多くてもおかしくない後席のリクライニング機能。新型車であっても搭載するクルマが少ないのは、なぜだろうか? 考察していきたい。

文/吉川賢一
写真/TOYOTA、NISSAN、MAZDA

【画像ギャラリー】後席にリクライニング機能が搭載されたSUVなどを写真でチェック!!


■ピラー固定タイプは、調節機構がレイアウトできない

 セダンタイプを除くと、クルマの2列目シートの構造は、大きく2つに分けられる。ひとつは、フロア面(床)にシートフレームを固定する自立タイプ。キャプテンシートのような左右独立式シートのほか、ベンチシートも、床に固定されているシートは自立式だ。そしてもうひとつが、ピラーなどの側面に設けたフックやスリッド(溝)にシートバックを留めるタイプだ。

 自立タイプは、3列目シートを持つミニバンや大型SUVに多い。トヨタ『アルファード』『ノア/ヴォクシー』や、日産『エルグランド』『セレナ』、ホンダ『オデッセイ』、三菱『デリカD:5』、マツダ『CX-8』などがそのタイプだ。これらのクルマの2列目シートには、リクライニング機能が備わっていることが多い。

 なぜなら、文字どおり「自立式」であるため、シートクッションとシートバックの間との付け根でシートバックの倒れこみをどこかで止める機構を持たなくてはならない。その機構に何段階か(もしくは無段階に)角度を調節できるような仕組みをつけておけばいいだけなので、レイアウト的にもコスト的にもそれほどかさばることなく、装備できるからだ。

トヨタ『ヴォクシー』の2列目シート。リクライニング機構が付いた自立タイプのシートが備わる
ミニバンの2列目シートはフロア面固定となるため、自立式シートでないとならず、シートフレームの強度や構造は1列目シートと同様に、コスト、質量が大きくかかってくる
マツダ『CX-8』の3列シート。2列目は自立タイプだが、3列目はピラー固定タイプ

 一方、ピラー固定タイプの場合、シートバックの倒れこみ角度は、シートバックをクルマの側面(壁面)に固定することで決めることができる。そのため、シートクッションとシートバックとの間に、自立式のような機構を持つ必要がない。

 また、リクライニング機構はそれなりに大きくかさばるため、2列シートSUVの後席のように、後輪タイヤの直前にシートがある場合だと、クッションの厚みを減らさないと、そもそもレイアウトができないのだ。仮に、無理やりリクライニング機構を設置すれば、シートに不自然なでっぱりが現れ、座り心地に影響が出てしまうことになる。

2段階でリクライニングができるトヨタ『ヤリスクロス』の後席シートも、ピラー側に付いたロック部分で段差を付けているので、自立式タイプのような大きなリクライニング機構が不要となっている
多人数乗車を想定したトヨタ『ルーミー』は、後席シートバックがリクライニングできる

■「装備てんこもり」が是ではない

 また、SUVは、多人数が乗るケースが多いと思われるミニバンとは違い、後席の快適性は優先度が低いとメーカーが考えている、ということもあるのだろう。コストとスペースを使ってリクライニング機構を装備するよりも、簡素にしてコスト低減とスペース効率を上げたほうがいい、と考えていると思われる。余計な機構はないほうが、重量が軽減でき、燃費にもいい。

 自動車のシートを取り外したことがある方はなかなかいないとは思うが、これが想像以上に重たい。フロア(床)面と繋げるベースフレームやシートフレーム本体、パワースライド等の機構部品など、諸々合わせると、総重量は30kgを越えてくる。

 3列シートミニバンの2列目のように、お客様がコストアップ(と重量増加)に見合うだけの価値を見出している場合には必要だが、そうでない場合、できるだけパーツを減らして「軽く」「安く」したいというのが、自動車メーカーが思うことだ。後席リクライニング機能に限らず、自動車メーカーは、クルマの使われ方やトレンドを加味して、アイテムの取捨選択をしているのだ。

次ページは : ■<余話>高級セダンの後席リクライニングは、後頭部がぶつからないのは何故か?

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ