N-VAN登場後も売れ筋は1BOX! 日本の誇り!! 軽バンは今後どうなる?

N-VAN登場後も売れ筋は1BOX! 日本の誇り!! 軽バンは今後どうなる?

 従来のアクティバンに代わるFFレイアウトを採用したホンダの新たな軽商用バンとして、2018年の登場時に注目を集めたN-VAN。しかし、その後も圧倒的に売れている軽商用バンは従来の1BOXタイプであるスズキ エブリイとダイハツ ハイゼットカーゴだ。

 N-VANと同じFFベースだったダイハツのハイゼットキャディーは今年3月末に販売が終了。現在は室内の広さで有利な1BOXタイプのエブリイやハイゼットカーゴがあり、FF・2BOXのN-VANもあるという状況だが、電動化などの波も押し寄せている今後の軽商用バンはどうなっていくのか?

 モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏は次のように考察する。

文/渡辺陽一郎  
写真/NISSAN、MITSUBISHI、SUZUKI、DAIHATSU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本の物流を支える主要な軽商用車たち 今後の運命は?


■軽自動車の商用バンは日本の物流を支える重要な存在

2015年2月に発売された現行のスズキエブリイ。先代のキープコンセプトながら荷室寸法とシートスライド量を拡大し空間効率を高めた。価格は96万8000円~

 配達などに使われる軽商用車は、日本の物流を支える大切な存在だ。新車の売れゆきも堅調で、2020年度(2020年4月~2021年3月)には、軽商用車は39万4861台が届け出された。4ナンバー車として登録される小型貨物車の23万4095台を大幅に上まわる。

 そして軽商用車は、軽バン(アルトなど乗用車ベースのバンを含む)と、軽トラックに大別される。売れゆきは軽バンが多く、軽商用車全体の54%を占める。

 ただし今は各メーカーとも、電動化などの環境技術、自動運転や安全性の向上に力を入れる必要があり、コスト低減の観点から車種の数を減らしている。薄利多売の典型とされる軽商用車は、その対象に入りやすい。

■軽自動車販売台数NO.1のN-BOXから生まれた商用バン

ホンダNシリーズとして2018年7月に発売されたN-VAN。2021年4月に生産終了となったアクティに代わりホンダ唯一の商用車となった。価格は127万6000円~

 直近ではホンダアクティトラックが生産を終えた。アクティのバンは、2018年7月の時点で、N-VANに変更されている。アクティバンは、アクティトラックと同じく軽商用車用に開発された後輪駆動のシャシーを備えたが、コストとのバランスで専用設計を保ちながらフルモデルチェンジするのは難しい。

 そこでN-BOXと基本部分を共通化した前輪駆動のN-VANに発展した。

 N-VANはN-BOXと同じくエンジンをボディの前側に搭載するから、後部の床下に収めていたアクティバンに比べて荷室長が短い。アクティバンの荷室長は1725mmだったが、N-VANは1510mmと短く、長くて幅の広い荷物は積めなくなった。

 そこでN-VANは、左側のピラー(柱)をスライドドアに内蔵させて開口幅を1580mmとワイドに確保する。後席に加えて助手席まで畳み、荷室面積を広げられる工夫も施した。

 ほかの軽バンに見られない機能だが、2020年度におけるN-VANの届け出台数は3万2125台(1カ月平均では2677台)に留まる。ダイハツハイゼットカーゴの6万6380台(同5532台)、スズキエブリイの5万9027台(同4919台)に比べると大幅に少ない。

■N-VAN低迷の理由

軽バン唯一のFFレイアウトを活かしたN-VANのインテリア。助手席側はピラーレスで、シートをフルフラットに格納できるのが特徴

 ハイゼットカーゴとエブリイが好調に売れて、N-VANが低迷する背景には3つの理由がある。

 ひとつ目の理由は、荷室の使い勝手が異なることだ。N-VANも前述のとおり左側のドアやシートの格納に特徴を持たせたが、荷室長には大きな差がある。ハイゼットカーゴの荷室長は、最も長い仕様では1860mm、エブリイなら1910mmに達するが、N-VANは1510mmと短い。

 荷室長に400mmの差が生じると、ハイゼットカーゴやエブリイには積める荷物がN-VANには収まらない。仮に通常運んでいる荷物が小さくても、万一の時に大きな荷物に対応できることは、商用車にとって大切だ。

 ハイゼットカーゴとエブリイは、N-VANよりも積載性に関する安心感が高く、好調な売れゆきに結び付いた。

 販売格差が生じた2つ目の理由は価格だ。ハイゼットカーゴで最も安いスペシャルの標準ルーフ(5速MT)は94万500円、エブリイのGAとPA(5速MT)は96万8000円だが、N-VANで最も安いGは127万6000円になる。

 装備はN-VANが充実して、衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能(CVT)、キーレスエントリーなどをGでも幅広く装着する。しかしビジネスに使われる軽商用車では、純粋な価格の安さが重視されることも多い。最廉価グレードに30万円以上の価格差があると、N-VANは敬遠されやすい。

2020年で発売60周年を迎えたダイハツ ハイゼットシリーズ。バンタイプのハイゼットカーゴは2004年12月の発売以降改良とマイナーチェンジを重ねている。価格は94万500円~

 価格差が拡大した背景には、他メーカーに供給されるOEM車まで含んだ生産台数も影響している。

 ハイゼットカーゴの届け出台数に、OEM車のスバルサンバーバンとトヨタピクシスバンを加えると、2020年度に7万8339台が届け出された(1カ月平均では6528台)。この販売実績はダイハツミライース+ミラトコットよりも少し多い。

 エブリイの売れゆきに、OEM車の日産NV100クリッパー、マツダスクラムバン、ミニキャブバンを加えると、2020年度に9万6834台が届け出されている(1カ月平均では8070台)。この台数は日産ルークスに匹敵する。

 以上のようにハイゼットカーゴとエブリイは、OEM車を含めて生産台数が多く、薄利多売も可能になって100万円以下の価格を実現できた。N-VANもN-BOXと基本部分を共通化してコストを抑えたが、乗用車がベースだから、価格を安く抑えるのにも限界がある。

 販売格差が生じた3つ目の理由は顧客の違いだ。ダイハツとスズキは、以前からトラックも含めて軽商用車の取り扱いが多い。

 ダイハツの軽商用車の届け出台数は、2010年度:12万7582台、2015年度:13万8030台、2020年度:14万4963台だ。スズキも同様に13万1103台・13万8577台・11万9430台と推移している。

 ところがホンダは、3万8062台・2万7664台・5万4317台に留まる。ホンダは軽乗用車の販売は堅調だが、軽商用車はもともと少ないからN-VANも売りにくい。

 このように軽バンは機能と価格の両面で競争が激しく、ダイハツがウェイクをベースに開発したハイゼットキャディーは販売が低迷して2021年3月に廃止された。ウェイクの後席をはずした仕様で、実用性、価格の割安感ともに、ハイゼットカーゴに見劣りしていた。

次ページは : ■三菱はEVの商用バンを生産終了したが今後は?