4月新車販売の前年比34.7%ってどうした!? 低迷するフィットに愛の鞭を連打したい!!


 2020年にフルモデルチェンジしたものの、売れゆきが今ひとつ伸びてなかったホンダのフィットが、4月の販売台数で前年比34.7%とこれまでにないほど大きく落ち込んだ。

 かつての大ヒットモデルである人気コンパクトカー、フィットに今何が起こっているのか? そして、なぜこれほどまでに売れていないのか?

 カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏は次のように考察する。

文/渡辺陽一郎  写真/HONDA、TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】どうしたフィット!? モデルチェンジ以降伸び悩むホンダ フィットに“喝!”


■半導体不足の問題が4月販売台数落ち込みの要因のひとつ

2020年2月にフルモデルチェンジしたホンダ フィット。2021年4月における登録台数は前年比37.4%と落ち込んだ

 2021年4月におけるフィットの登録台数を見て驚いた。前年の4月と比べた対前年比が37.4%(マイナス62.6%)に落ち込んだからだ。2020年4月には8977台が登録されたが(この時の対前年比は132.5%)、2021年4月は3359台であった。

 現行フィットは2020年2月にフルモデルチェンジされたから、2021年は発売直後の絶好調に売れていい時期だ。それなのに登録台数が前年に比べて60%以上も失われたのでは相当に辛い。4月はステップワゴンよりも少なかった。

 なぜここまで登録台数が下がったのか、ホンダ(メーカー)に尋ねると以下のような返答だった。

 「フィットでは半導体の不足が生産に大きな影響を与えている。例えば車両本体は順調に生産できても、ディーラーオプションのカーナビなどが入荷せず、登録できない場合がある。

 半導体の影響は車種によって異なり、フィットでは登録台数の対前年比が大幅に減った。しかしお客様からの受注は以前と同等に推移している」。

 半導体の不足が納期を遅延させ、登録台数の大幅な減少を招いた。

 登録台数が下がった理由を販売店に尋ねると、以下のように返答された。

 「半導体の不足により、ETCユニットなど販売店で装着するディーラーオプションの入荷が遅れ、納車できないこともある。お客様が急いでいる時は、車両を登録して納車した後、ディーラーオプションが入荷したら改めて取り付ける方法もあるが、通常はすべてそろった段階で装着して納車する」。

■納期遅延の一因には生産工業の集中も

ホンダ鈴鹿製作所。Nシリーズやフィット、新型ヴェゼルなどの製造を担当しているため負担が集中しがちだ

 フィットの納期が遅れたり、登録台数が下がった理由として、半導体の影響のほかに、ホンダからは「売れ筋車種の生産が鈴鹿製作所に集中している」という声も聞かれる。

 鈴鹿製作所では、従来からN-BOXを始めとする軽自動車のNシリーズと、フィットを生産していた。そこに今では新型になったヴェゼルも加わっている。

 今のホンダの国内販売では、軽自動車の比率が安定的に50%を上まわり、そこにフィットとフリードを加えると70~80%に達する。フリードの生産は寄居工場が担当するが、Nシリーズ、フィット、さらに新型ヴェゼルまで加わると、鈴鹿製作所の負担も増える。

 ちなみに今のクルマの生産は、さまざまな車種を共通のラインで生産する混流生産が主力だ。そのために鈴鹿製作所でも、軽自動車のNシリーズ、コンパクトカーのフィット、SUVのヴェゼルが同じラインで生産される。ヴェゼルは3ナンバー車だから、ラインを一部変更したという。

 以上のようにフィットの登録台数が前年に比べて60%以上も減った背景には、半導体の不足、鈴鹿製作所の過密などが挙げられるが、それだけではないだろう。新型フィットの売れゆきは、発売当初から冴えなかったからだ。

次ページは : ■モデルチェンジ直後からの伸び悩みもあった

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ