新車購入時にすすめられるボディコーティングを「する」「しない」で迷ったら?


 近年、新車を購入する時に薦められるのが「ボディコーティング」だ。ディーラーオプションの定番になってきているともいえるだろう。

 ディーラーで「汚れがつきにくく、洗車だけできれいになるので楽ですよ」と言われると、「楽なのはいいなぁ」とは思うものの、ボディコーティングはなかなかのいいお値段。「コーティングをするべきか?」「ここはやめて、自分で磨けばいいかな?」と迷うひとも少なくないはず。

 ボディコーティングを「する」「しない」で迷ったら、どんな基準で決めればいいのか? モータージャーナリストの諸星陽一氏が解説します。

文/諸星陽一  
写真/dkHDvideo@AdobeStock、TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】あなたは「する」派? それとも「しない」派? ボディコーティングについて考える


■きれいなボディを手間をかけずに維持したい人にはやはりコーティングはいい

ツヤのあるきれいなクルマに普段から乗りたいのであればコーティングはお薦め(anko@AdobeStock)

 新車を購入する時、オプションのひとつとして薦められることが多くなってきているのが「ボディコーティング」です。ボディコーティングはその名のとおり、ボディにコーティングを施して、ワックスがけの手間などを減らしつつ、ボディのツヤを維持するためのものです。

 クルマを走らせる前にコーティングを施せば、新車状態を保ちやすくなるため新車時にコーティングを施す人も増えてきます。

 ディーラーではコーティング施工を行っていなかった時代は、新車が納車されるとすぐにコーティング業者に持っていったり、コーティング業者に納車してもらったりしたものですが、今はディーラーでもコーティング作業を行っているので、より新車に近い状態でコーティングができるということで人気もあります。

 しかし、ディーラーによってはコーティング施工を外部業者に委託していることもあり、納車後に行っても、ディーラーで行っても、タイミング的にはさほど変わらないこともあります。

ときどき洗えばいいし、多少汚れてもいいという人ならばコーティングは不要(hakase420@AdobeStock)

 さて、果たして新車時のコーティングは行ったほうがいいのでしょうか? それともやらなくてもいいのでしょうか? 答えはクルマに対してどう接するか? によって違います。

 少しでもキレイな状態を手間を掛けずに維持したいなら、コーティングをしたほうがいいでしょうし、多少汚れてもときどき洗えばいい……ならばコーティングは不要です。

■愛車にどこまで「美しさ」を求めるか

例えばプリウスの場合、ディーラーでのコーティングはコーティング専門店よりも2万円程度高い

 そしてコーティングを行う場合、どこまで美しさを求めるか? によってもその選び方は変わってきます。新車だから磨かないでコーティングをするという場合と、新車でも徹底的に磨いてコーティングするのでは、仕上がりがかなり違いますし、磨いてからのコーティングのほうが長持ちするとも言われています。

 そして、多くのカー用品、多くの作業と同じで、ディーラーでのコーティングは費用が高額となることが多いのが現状です。

 トヨタモビリティ東京のボディコーティングメニューを調べたところ、コーティングはガラス系コーティングの「ハイグレード」と二重ガラス系コーティングの「プレミアム」の2種類がありました。

 ボディサイズによって価格は異なります。プリウスを例にすると「ハイグレード」の場合は5万5500円、「プレミアム」の場合は7万9200円となっていました。

 一方、スーパーGTでトヨタのスポンサーにもなっているKeePer技研が催する洗車・コーティング専門店キーパーラボでのコーティング料金は、ガラス系コーティングの「クリスタルキーパー」が2万800円、その上の「ダイヤモンドキーパー」が5万7500円となっているので、価格差は歴然です。

 私ならどちらを選ぶ? と聞かれたらキーパーを選ぶと思います。もちろんディーラーの作業もしっかりとしているでしょう。

 しかし、ディーラーでコーティング作業を行うのはおそらくメカニックです。オイル交換をしたり、ブレーキパッドを交換したり、ときにはエンジンの載せ替えをしたりという技術を持ったメカニックが、プラスの技術としてボディコーティング施工について講習を受けてコーティング作業をしているのだと思います。

 対して、キーパーラボで作業をする人はコーティングや洗車などボディメンテナンスに特化した人です。お寿司を食べたいときに和食店で食べるのか、お寿司屋さんで食べるのか? 私ならお寿司屋さんで食べます。

次ページは : ■値引きの条件としてコーティングを提案されることも

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ