登場秒読み!! カローラクロスは日本市場で大成功する?? それとも…??


 2020年7月にタイで世界初登場した、トヨタのクロスオーバーSUV「カローラクロス」。タイを皮切りに導入国を拡大していくと発表されており、日本導入も間近とされている。本誌ベストカーの掴んだ情報によると、発表発売は今秋、10月下旬頃とのことだ。

 ヤリスクロスが依然として絶好調ななか、このカローラクロスまで登場とは、国産ライバルメーカーとしては、驚異でしかない。

 しかしながら、いくらトヨタであっても、これだけ充実したSUVラインアップがあるなかで、カローラクロスも大ヒットさせる、というのは至難の業であるように思う。はたしてトヨタはこのカローラクロスも、RAV4やハリアー、ヤリスクロスやライズのように大成功させることができるのだろうか。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】日本導入も秒読みか!? カローラクロスの全貌をチェック!!


サイズはC-HRとRAV4のちょうど中間

 カローラクロスは、TNGA(GA-C)プラットフォームで、パワートレインは、1.8L直4エンジン+モーターのハイブリッド(リダクション機構付きTHS II)と、1.8L直4ダイナミックフォースエンジン(140ps/18.1kgm)の2本立てで、トランスミッションは、ハイブリッドが電気式無段階変速機、ガソリンがCVTとなる。と、ここまでは、日本で販売されているカローラと同じだ。

カローラクロスのボディサイズは、C-HRとRAV4の間を埋める立ち位置となる。だが、装備は簡素化されており、車両価格はこの2台よりもずっと低くなるはずだ

 リアサスペンションは、他のカローラシリーズがダブルウィッシュボーン式を採用しているのに対し、トーションビーム式となる。これによって、リアサスペンションの張り出しを抑え、広い居住空間とクラストップレベルのラゲージスペースを実現している、とのこと。

リアサスは、他のカローラシリーズと違ってトーションビーム式。走破性よりも積載性を重要視したようだ

 またタイ仕様のラインアップはFFのみであり、4WDについては発表されていない。カローラクロスはSUVに求められる「積載性」を優先し、同じくSUVに求められる「走破性」は、二の次としたようだ。

 ボディサイズは、4460×1825×1620(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2640mm。C-HRが4360×1795×1550mm、RAV4が4600×1855×1685mmであるので、カローラクロスは、ちょうどC-HRとRAV4の間を埋めるサイズということになる。

C-HRとRAV4のちょうど中間、といったサイズ感。使いやすいサイズであることは間違いない

 カローラ兄弟の中では、カローラツーリング(4495×1745×1460)と全長はほぼ同じで、全幅が80mm広く、背が160mm高い、というサイズ感だ。ちなみに、新型ヴェゼル(4330×1790×1590)よりも全体的に大きい。

他のカローラシリーズと近しい造形だが、内装色のレッドにより、ラグジュアリーな雰囲気を持たせている。なお、9インチディスプレイオーディオは標準装備

 価格は、タイ価格で、ハイブリッドが1,019,000~1,199,000バーツ(約358~421万円)、ガソリンが989,000バーツ(約347万円)となる。

 タイでは、ヤリスが549,000バーツ(約192万円)、C-HRハイブリッドが1,069,000バーツ(約375万円)、と、日本市場の値付よりも60~70万円ほど高めになるため、国内仕様でのカローラクロスは、ガソリン仕様が270万円~、ハイブリッド仕様は290万円~、といったところになるだろう。

 日本に導入されるカローラクロスは、おそらくタイで生産したものを日本へ輸入、というかたちとなると思われ、これ以上のコストダウンは難しいのではないか、と筆者はみている。

 だがこの価格だと、C-HRガソリン2WD(241万円)よりもはるかに高く、RAV4ガソリン2WD(274万円)とほぼ同じ価格帯だ。サイズも車格も上で、贅沢なリアマルチリンクのRAV4(カローラクロスは簡素なリアトーションビーム式)とでは、いかに新鮮味のあるデザインであっても、RAV4を選ぶ方のほうが多いだろう。

「ほとんど同じ値段で、車格が上になるRAV4が買える」けど「カローラクロスを選ぶ」という動機付けが欲しいところ

ライバルはキックス、新型ヴェゼル、そしてC-HR

 カローラクロスが国内導入となった場合、ライバルとなるのは、キックスや新型ヴェゼル、そして身内では、ヤリスクロスとC-HRあたりだろう。

 キックスは、e-POWERによる動力性能や、俊敏なハンドリングが魅力的だ。e-POWERのみとしたことで、約276万円(グレードX)~というやや高めの価格がネックだが、カローラクロスと価格帯もおそらくかぶるため、この2台は、いい勝負となるかもしれない。

キックスとカローラクロスは「タイ生産」同士、いい勝負となるかもしれない

 新型ヴェゼルも、いいライバル関係になりうる。静かで滑らかなe:HEVの走りは高品質であり、ダイブダウン方式で折りたためる後席シートによって荷室が広大なのも、ヴェゼルならではの魅力だ。ガソリン車は約227万円~、e:HEVが265万円~と価格帯も近い。さらには内外装デザインも、清潔感が高く、新鮮味がある。

新型ヴェゼルとも価格帯が近いと思われ、新モデル同士、こちらもいい勝負となるだろう

 しかし、カローラクロス最大のライバルは、身内のC-HRだろう。同世代のTNGA (GA-C)プラットフォーム車の2台は、走りに特化したC-HRと、使い勝手に特化したカローラクロス、若干ながらキャラ分けもできているが、そこまで理解して購入される方、おそらく少ない。

 もしも、カローラクロスが日本導入されると、真っ先に影響が出るのは、おそらくC-HRだろう。CH-Rは2016年12月登場から現在5年目、国内販売終了も考えられる。

写真は2020年8月に一部改良されたC-HRの特別仕様車「Mode-Nero Safety Plus」。特別仕様車の価格は、税込271万5000円(ガソリン車)、304万5000円(ハイブリッド車)

次ページは : 「販売のトヨタ」の手腕が問われる

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ