【クルマ終活宣言!!!】誰でも一度は真剣に考える 人生最期の1台はどの車?


いつの頃からだろうか、終活という言葉をよく聞くようになった。終活とは、死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備のことだそうだ。どれだけの人が終活を考えているのかはわからないが、なんとなく、おぼろげに準備をしている人は多いかもしれない。

そして、平成もあと3カ月あまりで終わろうとしている……。

そこでクルマ好きの担当は考えた! クルマ生活の終活も考えてみようじゃないかと。さてと、何のクルマを最後にしようか? 最後のクルマは霊柩車だからキャデラックの霊柩車がいいな……。

なんて冗談はさておいて、最後のクルマは何にすべきか、真剣に考えたいのだけど、いいクルマがなかなか思いつかない……。

ということで、最後のクルマ選びに参考にするべく、ベストカーでお馴じみのテリー伊藤さんと、6人の自動車評論家に「人生最後の1台」を選んでもらいました。

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2018年2月10日号


■「デロリアンのEVでカミナリにうたれてみたい」/テリー伊藤(69歳)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でもお馴じみのDMCー12。1981年に登場し、8083台生産。デザインはG・ジウジアーロ

グラハム・ヒルやジム・クラークらが活躍していた1960年代のF1を人生最後のクルマにしたい。ハマキ型と称される昔のF1マシンだ。あの頃のF1は本当にかっこいいよね。

あのボディに現代の技術を詰め込むのではなく、エンジンから何まで全部、当時のF1のまま乗りたい。まったく乗りこなす自信はないけど、最後なんだから保守的なクルマではつまらない。

名古屋のクルマ屋さんに持っていけば、どうにかしてナンバーを付けて、公道も走れるようにしてくれるだろう(笑)。

ゴーグルをしてハマキ型のF1に乗り、コンビニに行っておにぎりを買う。駐車場に入る時に下をこすってしまい、絶望感に襲われるのもまた一興。死ぬまでに一度乗ってみたいね。

最後に乗りたいクルマの候補はもうひとつある。デロリアン。

このデロリアンは昔のままではなく、EV化したものがいい。それで映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあの名場面を再現したい。

場所は直線路が多い北海道。デロリアンEVに避雷針を付けて直線をぶっ飛ばし、カミナリの直撃を受けて時空を飛び越えるのだ。到着するのは過去でも未来でもいい。

私はテレビ界の人間だから、生中継でそのもようを放送したい。そして、そのまま戻らぬ人となるのだ。

でも、何も起こらなかったらどうするか。そのまま港まで走ってフェリーに乗せて東京へ戻り「恥ずかしながら戻って参りましたa」と直立不動で敬礼する。それで許してくれるかな?

■「お金があったらマクラーレン540C。本当の最後は電動カート」/国沢光宏(60歳)

国沢さんがお金が凄くあったらという注釈付きで最後の1台に選んだマクラーレン540C。3.8L、V8ツインターボエンジンを搭載。車名の通り、540psの最高出力と540Nmの最大トルクを発生する。価格は2188万円

最後とその前のクルマは決まっている。最後については免許不要の電動車です。歩くことなく近所なら移動できるんだから素晴らしい。

海のそばにでも住み、釣りをして過ごしたい。その前はコンパクトな軽自動車ですね。10年したら、軽自動車だって前後の自動ブレーキ付き多少の運転ミスをカバーしてくれるようになるだろう。ボケ防止のためマニュアル希望。

大いに悩むのが、元気なウチに乗る最後のクルマだ。今のところの候補は、お金スンゴクあったなら中古のマクラーレン540C。もはやフェラーリ乗るほど頑張りたくないですね。お金ない場合、ロータス・エリーゼです。すでに新車はなくなってしまったため、中古車になるけど、エリーゼって走行距離少ないバリモンが多い。よい相棒を見つけられると思う。

もひとつは最後の競技車両です。現在、トヨタMIRAIとWRX S4を持ってる。この2車種、新しい技術を確かめたいという意味合いが強い。

されど競技はライバルと比べた時の成績だ。2018年にフィエスタR2でWRCドイツに出て改めて感じた次第。ということでR2を乗りこなしてみたくなった。その上はもう諦めます。楽しい楽しいR2でいろんな国のラリーに出て卒業にしたい。

次ページは : ■「本当の最後は残価設定ローンでムリ目のクルマを楽しみたい」/渡辺陽一郎(57歳)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ