BMW 「i4」プロトタイプに緊急海外試乗! BMWスポーツセダンらしさ全開のEVが登場!!

■続いてi4 M50

こう見るとグリル開口部が分かりやすい。フロント下部のメッシュになっている部分が本来のグリル開口部で、キドニーグリルの大部分はダミーだ
こう見るとグリル開口部が分かりやすい。フロント下部のメッシュになっている部分が本来のグリル開口部で、キドニーグリルの大部分はダミーだ

 続いて試乗したのはMパフォーマンス バージョンともいえるM50で、モデル名に「eDrive」がないのは商標権の問題らしい。なんだかよくわからないが、首尾一貫していないことは確かだ。開発意図はもちろんMパフォーマンスの提供で、すなわち、さらなる敏捷性を持った精緻な走り、そしてモア・エモーションである。

 このM50に搭載されるパワーユニットはフロントに190kw(258馬力)、リアには230kw(313馬力)でシステム出力は400kw(544馬力)と795Nmに達する。

 ダイナミック性能は0-100km/hが3.9秒、最高速度は225km/hと発表されている。またバッテリーはi4 eDrive 40と同じものだが、消費電力が多いために航続距離は510㎞とわずかに減少する。

 エクステリアはICEのMモデルと同様にクローム部分はブラックアウトされ、フロントスカートの両端にはエアカーテン用のスリットを持った大きなダミーグリルが精悍さを増している。またタイヤはオプションのミックスサイズ255/35R20(前)と285/30R20(後)が装着され、サイドビューに緊張感を与えている。

 まずは一般道路からスタートしたが、加速そしてハンドリングも先行するペースカー(M5)に劣らないパフォーマンスを発揮し、追従することができた。4WDシステムのトルク配分は明らかに後輪駆動パターンで、アンダーステアは滅多に顔をださない。

 M50のスポーティなポテンシャルを引き出すにはクローズドサーキットが一番だが、ここでの挙動はまさにスポーツカーで、とくにハンドリングコースでは驚くほどのロールの少なさでゴーカートに乗っているような気分で楽しめた。

 あいにく夕立が襲ってきて、コースはすっかりウエット状態になってしまったが、544馬力+795Nmのパワーはシャーシを統合するMアダプティブ・サスペンションによって巧みに制御され、コースから逸脱することはなかった。

 レポーターは人工サウンドをあまり好まないが、このM50に採用されているBMWアイコニックサウンドはなかなかよくできていた。特に加速力が半端でないこのクルマではスピード表示を注意しなければならないが、サーキットで走りに集中しているとスポーツモードで発生する「音」が注意も喚起するので悪くはないと改めて感じた。

 最後に、544馬力のi4 M50に乗って感じたことは、ICEが電気にはかなわないという当たり前の事実であった。電気自動車の鋭い加速力は、現在ではホンのわずかな時間だが、内燃機関搭載モデルでは到底追いつくことはできない。

 今後、バッテリーの開発が進み、コストが下がり、容量が大きくなればICEの終焉はみるみる近づいてくるに違いない。

バッテリーコストについてはこれからのEV増加に伴い、真実が明らかになるだろう
バッテリーコストについてはこれからのEV増加に伴い、真実が明らかになるだろう

 このBMW i4は11月から予約注文がドイツ/ヨーロッパで始まり、デリバリーは2022年春から開始されるが、日本への到着は2022年の後半になるだろう。また、現時点ではまだ価格は発表されていない。

【画像ギャラリー】新型i4とiXの画像をチェック!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します