教習所で習ったのはもう古い!? いまでも必要な日常点検のノウハウ

教習所で習ったのはもう古い!? いまでも必要な日常点検のノウハウ

 運転歴が長い人だと、クルマに乗る際には「1日1回始業前点検が必要」と習った記憶があるだろう(しなくても罰則がないため、どのくらいの人がしているは微妙なところだが)。

 しかし、始業前点検はクルマの進歩によるメンテナンスフリー化が進んだためもあるのか、いつの間にか日常点検に名称が変わり、頻度もバスやタクシー、トラックといった営業車以外の一般のクルマに限って毎日はしなくてもいいことになっている。

 当記事では日常点検の項目を紹介し、日常点検を行う適切な頻度も考えてみた。

文/永田恵一
写真/AdobeStock(トビラ写真=metamorworks@AdobeStock)

【画像ギャラリー】チェチェチェチェック、ポイント!! 自動車の日常点検の頻度と項目


■日常点検の項目と理想的な頻度

 日常点検を行う頻度は特に定められていないが、自動車整備振興会では「長距離ドライブの前や洗車後を含めた、1ヶ月に1回」と提唱している。

 日常点検の項目を挙げ、筆者が考える理想的な頻度を項目ごとに考えてみると

■車内(機関部)の点検

ブレーキ液は車検ごとに交換していれば基本的に問題はない。週に1回、量の過不足と液の汚れなどをチェックしよう(Kritchai@AdobeStock)

●エンジンルーム関係

1)ブレーキ液の量 週1回
 エンジンルームのバルクヘッド(キャビンとの隔壁)の運転席側にあるブレーキ液のリザーバータンクを見て、液量が上限ラインと下限ラインの間にあるかを確認。

 液量が下限ラインを下回っている際には安易に補充せず、プロに見てもらおう。また、ブレーキ液は車検ごとに交換していれば問題があることはほとんどないが、汚れの方も確認しておきたい。

2)冷却水の量 週1回
 位置はクルマによって異なるが(いずれにしても見やすいところにある)、冷却水のリザーバータンクを見て、液量が上限ラインと下限ラインの間にあるかを確認。冷却水の量が下限ラインに近いか下限ラインを下回っている際には上限ラインまで補充が必要だ。

3)エンジンオイルの量 週1回
 エンジンオイルのレベルゲージを抜いて一度拭き取り、レベルゲージを奥まで差し込み、再度抜き取ってオイルの量を確認。ゲージの先端に付いている2本のラインか、ギザギザの形状となった目印の中間にオイルがあればOK。

 ゲージの下限ラインよりオイルが下側にあるときは補充、汚れがひどいときも交換が必要だ。また、エンジンオイルの量が「オイル交換していないのに増えている」という場合は、エンジンオイルにガソリンが混じる希釈という現象が起きている可能性が考えられる。

 エンジンオイルの希釈現象はエンジンオイルの性能を低下させるので、この際にもエンジンオイルの交換を考えた方がいいだろう。

4)バッテリー液の量 月1回
 バッテリー液の量が上限と下限の間にあるかを、クルマを揺らすなどして確認。なお、バッテリー液の補充が不要なメンテナンスフリーバッテリーが付いている場合にはインジゲーターのランプで、バッテリーの状態を確認しておこう。

5)ウィンドウウォッシャーの量 二週間に1回
 量を確認し、少ない場合には上限まで補充。ウィンドウウォッシャーの量の確認方法はクルマによって異なるので、取扱い説明書を見ておきたい。

■車外から視認できる部分の点検

タイヤ点検は週1回。パンクは損傷は言うにおよばずだが、給油時の空気圧チェックも忘れずに。乗り心地や燃費にも関係する要素だ(carbondale@AdobeStock)

●クルマの周りを見て行う項目

6)ランプ類の点灯、点滅 毎日
 クルマ前方のヘッドライト、ポジションランプ、後方のテールランプ、ブレーキランプ、前後のウインカーなどの点灯、点滅、レンズの汚れや破損を確認し、不備がある場合には即交換する。

 後方のランプ類を確認する際に見てくれる人がいない場合には、できれば暗いところで壁などを使って点灯、点滅を確認する方法もある。

7)タイヤの亀裂・損傷の有無 週1回
 タイヤの亀裂や損傷を目や手を使って確認するとともに、タイヤに異物が付着していないかも確認。またタイヤの内側、中央、外側が極端に減る偏摩耗がないかも確認し、異常があった場合にはプロに見てもらおう。

8)タイヤの空気圧 週1回+給油の際
 タイヤの接地面のたわみ具合を目視で判断する方法もあるが、走行前の冷えた状態でエアゲージを使って確認するのが望ましい(そのためクルマにはエアゲージを1つ入れておきたい)。

 空気圧が足りない場合、コンプレッサーや電動空気入れなどを使って自宅で補充できれば理想だが、自宅でできなければガソリンスタンドかカー用品店などで規定値プラス20kPa(走行すると空気が膨張して走行前より空気圧が高くなるため)くらいに補充しておこう。

9)タイヤの溝の深さ 週1回
 タイヤの残り溝が1.6mmに現れるスリップサインが出ていないかを目視で確認。暗いときや後輪といった見にくい場合には手で触ってスリップサインとの段差で簡易的に確認する手もある。

 タイヤはスリップサインが出ていなければ合法だが、減ったタイヤはウェット性能が新品に対し大きく低下するので、スリップサインが出る前に交換した方が無難ではある。

 また溝があってもタイヤがあまりに古いとき(製造年と製造週はサイドウォールの表記で確認できる。たとえば1519なら2019年の15週製造という意味)も交換を考えたい。

次ページは : ■車内(運転席)から行う点検

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ