【クラウンと輸入車だけあればいい??】 売れないけどすごくいいセダン 6選


日本メーカーはセダン復興のためあの手この手を打ってチャレンジしているが、その都度打ち砕かれている。

実際に日本車には魅力的なミドルクラスセダンがラインアップされているが、クラウンを除き販売面で成功しているとは言い難い。

そんな苦境にあえぐ日本のミドルクラスセダン、レクサスGS、日産スカイライン、ホンダアコード、マツダアテンザ、スバルレガシィB4、トヨタマークXの6台を松田秀士氏が斬る!

文:松田秀士/写真:ベストカー編集部


いいクルマが目白押のミドルクラスセダン、いったい何が悪い?

マーケットというのは複雑怪奇で、いいクルマなんだけど売れないんだよね。ありますね、そういうクルマ。特にミドルクラスセダンはヒットすればそこそこ売れちゃうんだけど、注目度低いとまったく売れない。

このジャンルは輸入車とクラウンなんだよね。

輸入車は見栄張れるし、確かにいいクルマが目白押し。

クラウンはやっぱりクラウンです。フロントグリルが示すように王様です。そこで売れていない国産ミドルクラスセダン6台を改めて評価しようというもの。1台ずつ具体的に見ていきましょう。

日本のミドルクラスセダンでナンバーワン人気を誇るのがトヨタクラウン。現行モデルは既存のオーナーからの評価は賛否両論あるが、クルマの完成度、魅力は相変わらず高い

ドイツ車を追いかけている以上は追い越せないレクサスGS

まずはレクサスGS。レクサスはブランドをしっかりと構築して、街で見かけるレクサス車も明らかに増えてきている。特にSUVなどは人気のようだ。

しかしGSとなると確かに見かけない。GSのラインナップは幅広く2.0Lターボ、2.5Lハイブリッド、3.5L V6、3.5L V6ハイブリッドとバラエティに富んでいる。

ハイブリッド以外には8速ATが組み合わされ、上級車LSのパワートレーンがそのまま移植されている。いいかえれば小さなLSと言ってよいくらいにクォリティの高いモデルだ。

特にFスポーツモデルは後輪操舵を含めたLDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)を装備し、コーナリングはより高速道路でもレーンチェンジも実に安定した身のこなしだ。

GS購入の際に比較するのがBMW5シリーズ、アウディA6、メルセデスEクラスといったドイツ車。ブランドイメージでまだ勝てないのが実情だろう。

そのベースはやはり内外のデザインではないだろうか。GSはドイツデザインを追いかけているように見える。追いかける以上は追い越せない。日本車らしい独自の雰囲気を掴んでほしい。

サーキットでも通用する走りに特化したGSFをラインアップしているが、ドイツ車スポーツプレミアムの後塵を拝していて、メルセデスベンツAMG E63 4MATIC、BMW M5真っ向勝負できるブランドに育てる必要があると思う。

☆レクサスGSの2018年1〜12月の累計販売台数/2717台(月販平均226台)

いいクルマなのに売れない、というネガティブなイメージが先代モデル以来つきまとっている感じは否めない。ドイツ車を追いかけてはいるが、まだ比肩するレベルではない

次ページは : 中途半端な感じが否めない日産スカイライン

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ