五輪はOKでモースポはNG?公益性がなく入国できないドライバーとレースはいったいどうなるのか?

五輪はOKでモースポはNG?公益性がなく入国できないドライバーとレースはいったいどうなるのか?

 この原稿を書いている5月末日現在、スーパーフォーミュラ(SF)に参戦予定の外国人選手および海外と日本を往来するドライバーの出入国(主に入国)制限はまだ継続されている。

 世界耐久選手権(WEC)とかけもち参戦の中嶋一貴(36、トムス)と小林可夢偉(34、KCMG)、そして今季まだ一度も日本で走っていないサッシャ・フェネストラズ(22、仏、KONDO)らの姿は、6月19、20日に行われる第4戦SUGOでも見られそうにない。

 単純に3日間のホテルの『独房』滞在を含む2週間の隔離生活のため出場が叶わない選手もおれば、日本入国の査証(VISA)が発給されないため参戦が叶わない選手もいる。

 特に外国籍選手が日本で働くための就労VISA取得に関する個々の事情を書きだすと、それだけで字数が埋まるのでここでは割愛する。

 が、ようするに『東京2020』の開催とそこでの感染対策成功の可否が、年内に日本で予定されているモータースポーツの国際イベント(F1、WEC、WRC、モトGP等)の開催と外国人選手の参戦に影響する、ということをポイントとして押さえてほしい。

文/段純恵 写真/TOYOTA GAZOO Racing

【画像ギャラリー】待機期間と悪天候が生んだドラマ!! スーパーフォーミュラ2021第3戦オートポリスを写真で見る


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ