消えゆくオデッセイがアルファードに勝る機能 販売は約5倍差でも実力は負けてない!?

販売は約5倍差でも実力は負けてない!? オデッセイがアルファードに勝る機能 7選

 ついに生産終了が確実となったホンダの名門ミニバンながら、王者アルファードに勝るとも劣らない!?

 最近は高価格車を売りにくいといわれる。2021年1~5月に国内で新車として販売されたクルマの内訳を見ると、軽自動車が39%を占めた。販売ランキングの上位にも、軽自動車とコンパクトカーが多く並ぶ。

 その意味で注目されるのがトヨタ アルファードだ。高価格車なのに、2021年1~5月には月平均で9525台を登録した。ヤリスの9646台(SUVのヤリスクロスとスポーツモデルのGRヤリスを除く)に迫る。

 今はトヨタの全店が全車を扱う体制に移行した影響もあり、アルファードはヴェルファイアの需要も吸収して絶好調に売れている。売れ筋価格帯が400万円を超える車種としては、突出した高人気だ。

 そこで気になるのがオデッセイ。アルファードのライバルとなるホンダの上級ミニバンで、初代モデルはミニバンが本格的な普及を開始する前の1994年に登場した。好調に売れてミニバンが需要を高めるうえで大切な役割を果たしている。

 現行オデッセイは2013年に発売された5代目で、2020年11月にはデザインを刷新する大幅な改良を受けた。しかし登録台数は伸び悩み、2021年1~5月の月平均は1732台だ。アルファードの18%に留まる。そしてついに、2021年内に生産終了されることが明らかとなった。

 そんなオデッセイの実力は台数ほどアルファードと差があるのか? 本稿ではアルファードよりもオデッセイが勝っている機能についてガイドしたい。

文/渡辺陽一郎 写真/HONDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】売れる秘訣はなんなのか!? ミニバン絶対王者 トヨタ アルファードを見る