【N-BOXとトゥインゴ どっちがいいクルマ!?】 無謀!? 軽 vs 輸入車 3番勝負

【アルファード/ヴェルファイアはベンツに勝てるのかッ!?】 国産vs世界 ガチンコ5番勝負 ミニバン編」「【ランクル XV CX-8】 日本のSUVは世界と渡り合えるのか!? ガチンコ3番勝負」「【スイスポ ロードスター WRX…】 最激戦区スポーツ&コンパクト編 国産vs世界 ガチ4番勝負」と、日本の誇るべきクルマたちと、ワールドスタンダードなクルマたちのわりとガチな一騎打ちをお伝えしてきた。

 今回は軽自動車編。しかし当たり前だが世界に軽の規格はない。なので以下のような取り組み表を考えてみた。

・ホンダ N-BOX vs ルノー トゥインゴ
・ホンダ N-VAN vs ルノー カングー
・ダイハツ ムーヴキャンバス vs フィアット500

 ちょっと無茶ぶりが過ぎたかもしれない。実際、判定人となったもらった渡辺氏に「フィールドが違うわ!」と、引き分けとされてしまった取り組みもある。

 しかし、我々日本人にとって「軽と輸入車、どっちがいいのか?」は大事な問題。めったに見ない取り合わせなので、ぜひ勝負の行方を見届けてみてほしい。

※本稿は2019年5月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月26日号


■ホンダ N-BOX vs ルノー トゥインゴ

●ホンダ N-BOX(価格:138万5640~208万0080円)

VS

●ルノー トゥインゴ(価格:177万~239万円)

 トゥインゴはエンジンをボディの後部(荷室の下)に搭載したから後席と荷室が狭い。その代わり、各部に丸みを持たせた水平基調のボディは、とても可愛らしい。今の日産マーチを廃止して、同じ車名でトゥインゴをOEMで扱えば売れゆきを伸ばせるだろう。

 価格はインテンスが194万円で、N-BOXカスタムG・Lターボホンダセンシングの189万5400円に近い設定だ。

 両車の機能を比べると、N-BOXの勝る点が多い。後席と荷室はN-BOXが圧倒的に広く、4名で乗車して荷物も積みやすい。内装が上質で乗り心地も快適だ。緊急自動ブレーキなどの安全装備と運転支援機能も、N-BOXの圧勝になる。

 対するトゥインゴは、動力性能と走行安定性が少し上まわって運転感覚も楽しいが、エンジンを後部に搭載したメリットがわかりにくい。ボンネットの短い可愛い外観はリアエンジン方式の効果だが、機能が抜群に優れたN-BOXに総合力で勝てるクルマではない。

■判定:N-BOXの勝ち…「クラス超え」のN-BOX、トゥインゴに完勝!

■ホンダ N-VAN vs ルノー カングー

●ホンダ N-VAN(価格:126万7920~179万9280円)

●ルノー カングー(価格:249万~259万円)

 N-BOXをベースに開発されたN-VANは、先代にあたるアクティバンに比べて荷室長が200mm以上短く、この欠点を補うため、後席に加え助手席も小さく畳めるようにした。運転席以外はすべて荷室に変更できる。

 左側のピラーはスライドドアに内蔵され、前後のドアを開くと開口幅が1580mmに広がる。助手席を畳むと左側面から荷物の出し入れが可能。軽商用車だから後席が狭く、助手席を含めて座り心地も悪いから実質的に1人乗りだが、個性的な機能を持たせた。

 価格はプラススタイルファンターボホンダセンシングが166万8600円だ。

 カングーは乗用車だから後席も快適だ。全幅は1830mmなので、充分な荷室高を確保しながら走行安定性も優れる。外観は洗練されていて、価格は250万円前後だ。

 ただし商用車としては、小さなボディで大量に積めるN-VANが注目される。

■判定:それぞれ得意のフィールドが違うので引き分け…乗用重視か商用重視か。そこによって評価もススめるべきクルマも変わってくる。

■ダイハツ ムーヴキャンバス vs フィアット500

●ダイハツ ムーヴキャンバス(価格:125万2800~167万9400円)

VS

●フィアット500(価格:199万8000~267万円)

 ムーヴキャンバスの全高は、1700mmを下まわってムーヴと同等。リアゲートを少し寝かせ、広さだけでなくデザインにも配慮した。

 後席ドアはスライド式で、後席の下には引き出し式の収納設備がある。引き出した状態で間仕切りを立ち上げると、上に置いた買い物袋が倒れない。シートの上に置くと、倒れて荷物が散乱する心配があるため、ムーヴキャンバスは工夫を施した。

 価格は充実装備のGメイクアップリミテッドSAIIIが155万5200円だ。

 フィアット500の外観は1950~1970年代に作られた2代目フィアット500がモチーフ。原形の500はエンジンをボディの後部に搭載するRRで、現行型は一般的なFFだ。

 基本設計は大幅に異なるが、現行型は可愛らしい2代目の雰囲気を上手に再現した。デザインの質はビートルよりも高い。

  価格は1.2ポップが199万8000円。ムーヴキャンバスに比べると、実用性と割安感では負けるが、可愛らしさで勝る。

■判定:フィアット500の勝ち…趣味性への「振り切り具合」では輸入車に敵わない

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ