栄枯盛衰! ハイパワーワゴンなど“絶滅危惧ジャンル” 5選


4ドアハードトップ、衰退はセダン購入層の変化も関係?

スタイリッシュなデザインを纏った日産 プレセアなど数多く存在した4ドアHTも今はほぼ絶滅……
スタイリッシュなデザインを纏った日産 プレセアなど数多く存在した4ドアHTも今はほぼ絶滅……

セドリックとグロリアが先鞭をつけ、1990年代にはコンパクトクラスにまで仲間を広げていった4ドアハードトップ。

クーペのようにスタイリッシュな外観と利便性の高さがウケ、一時期はデートカーとして持てはやされた。女性が運転しても似合う。

が、後席はクーペ並みの狭さだ。特にコンパクトクラスのセレス/マリノやプレセアは、頭上だけでなく足元も狭い。

今は実用的な、使い勝手のいい正統派のセダンを好む保守層が多いのだろう。

また、スペシャルティ感覚を好む人やファッション感覚が鋭い人、流行を追う人は、4ドアハードトップに近い性格を持つクロスオーバーSUVやクロスオーバークーペをチョイスする。これらが現代の4ドアハードトップなのだ。

5ドアの進化と利便性で姿消した「3ドアハッチ」

1991年登場の5代目、通称スポーツシビック。同車をはじめ1990年代初頭までハッチバックは3ドアが主流だった
1991年登場の5代目、通称スポーツシビック。同車をはじめ1990年代初頭までハッチバックは3ドアが主流だった

世紀末まで、若者のデートカーといえばハッチゲートを備えた2ボックスカーだった。駆動方式も、1980年代にはミドルクラスまで前輪駆動のFFになっている。小柄でも広いキャビンスペースを実現でき、ハンドリングもスポーティだからだ。

後席をあまり使わない軽自動車は、3ドアのハッチバックが主役だったし、コンパクトカーもデートカーとして人気が高いのは3ドアハッチバックだった。クーペのようにスタイリッシュだからである。

特に高性能エンジンを積んだホットハッチには3ドアモデルが多い。

が、徐々に利便性に優れた5ドアのハッチバックに主役の座を奪われ、いつしか3ドアモデルは消滅した。

スタイリッシュな5ドアモデルが増えたことも廃れた理由のひとつにあげられる。

これはヨーロッパも同様だ。3ドアハッチバックが激減し、整理するメーカーも増えた。人間は便利なものに惹かれるのだ。

5ドアモデルの魅力を知ってしまうと、不便な3ドアモデルには戻れなくなる。MT車の需要が減ったのも衰退に拍車をかけた。

次ページは : 若者の憧れ「テンロクスポーツ」衰退のワケ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ