日産パルサー 実はひっそり消滅!? 復活した日産名門車は今どうなっている?

実はひっそり消滅!? 復活した日産の名門「パルサー」は今どうなっている?

 日本では消滅したものの、欧州で復活した日産の名門「パルサー」は今どうなっている?

 トヨタ カローラやホンダ シビック、VWゴルフなどが該当する欧州流の表現ではCセグメントカーと呼ばれる車格において、日産が主に欧州向けとしてラインナップしていたパルサーは、日本では2000年に、欧州でも2006年に一度消滅している。

 その後2010年代前半に海外ではいくつかの地域で復活したのだが、ふとパルサーの今を調べてみると、いつの間にか世界的に消滅しているようだ。現状はどうなっているのか? 復活した名門の今を追った。

文/永田恵一、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】一度復活してまた消えた!? いまや幻のクルマとなった日産 パルサーを見る


■実は欧州向けとは別にオセアニア向けのパルサーも「復活」

海外各所で相次いで復活していたパルサーだが、オセアニアでは2015年に、タイでも2019年に絶版となった

 パルサーの復活はオセアニア地域から始まり、オセアニア地域向けパルサーは2012年10月のオーストラリア国際モーターショーへの出展を経て、2013年1月に登場。

 タイ国生産だったオセアニア地域向けパルサーは、今も日本で販売されるシルフィほぼそのままとなる4ドアセダンと5ドアハッチバックがラインナップされた。

 パワートレーンは日本で販売されるシルフィと同じ1.8リッターNAでスタートし、途中日本でも販売された初代ジュークのスポーツモデルとなるGT系やNISMOにあった1.6Lターボを搭載するSSS(現行シルフィベースの北米向けセントラのNISMOに近い存在)も追加された。

 また、オセアニア向けパルサーは、5ドアハッチバックが生産国のタイ国でも2013年3月から販売された。しかし、パルサーはオセアニア地域では2015年に、タイ国でも2019年に絶版となった。

■本題の欧州パルサーは2018年に生産終了していた?

日産が本命と目していた欧州向けパルサーは、2014年に5ドアハッチバックとして登場した

 復活したパルサーはやはり欧州向けが本命だった。2014年5月に5ドアハッチバックで登場した欧州向けパルサーは、オセアニア地域、タイ国向けとは別のクルマとなり、日本で今も販売されている現行型3代目エクストレイルなどと同じCMF-Cプラットホームを使用。

日産 パルサー

 生産は2020年に閉鎖が決まったスペイン工場でおこなわれ、パワートレーンは6速MT&CVTと組み合わされるルノー製の1.2Lターボ、6速MTのみと組み合わされるルノー製1.5Lディーゼルターボでスタート。2015年4月にはオセアニア地域、タイ国向け同様に1.6Lターボ(6速MTのみ)も追加された。

次ページは : ■市販されなかった幻のパルサーNISMO