シルフィなど北米日産のカッコいい海外専売セダン4選

こういうのでいいんだよ! アメリカ日産のセダンたちがカッコよすぎる

 国内モデルの評判はいまいちだが、日産は海外専売モデルに、なぜかカッコいいクルマが多い。マイクラや、キャシュカイなど、日本への導入が熱望されているクルマがたくさんある。なかでも、北米で販売されているセダンはほんとにカッコよく、まれに国内で見かけると、ぱっと目を惹くほど、イケている。

 今回は、そんな北米日産のカッコいいセダンをご紹介しつつ、筆者がもっとも日本市場に最も欲しいと思う一台を、その理由と共に解説していく。

文/吉川賢一、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】これらがあれば国内のセダン人気は復活する!? 北米日産のめちゃめちゃイケてるセダンたち!!


■アルティマ(日本名:ティアナ L34型 2018年~)

エントリーグレードの「S」であれば2万4450ドル~、日本円で269万円相当と、めちゃくちゃ安い!!

 日本では、2019年12月に、L33型を最後に生産終了となってしまったラージFFセダンのティアナ。だが、北米及び中国では、L34型が「アルティマ」として販売されており、そのスタイリッシュなデザインから、日本導入が強く熱望されているモデルだ。

 現行アルティマのウリのひとつが、「世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」だ。圧縮比を8対1から14対1の間でシームレスに変更できることで、V6並の動力性能と、直4並の燃費の両立を図った、日産の自信作だ。

 現在、日本市場のラージサイズFFセダンは、トヨタカムリの独壇場。海外市場でもアルティマとカムリはライバルとして戦っているが、日本でも、この2台の戦いをみてみたい。

■マキシマ(A35型、2015年~)

アルティマとマキシマは、北米市場で育てられた2台だ。マキシマはすでに6年目を越えているが、次期型へとモデルチェンジするのかは現時点不明

 北米日産のFFセダン系トップモデルがこのマキシマだ。全長4897 mm、全幅1860 mmのボディに、エンジンは300ps/354Nmを発揮する3.5L V6 NAガソリンの一本のみ。その潔さもカッコいい。エントリーグレードの「SV」の価格は3万7090ドル、日本円にして408万円からとなる。

 マキシマは、アルティマよりもより上級クラスを狙ったラージセダンとして、北米市場にて8世代にもわたって販売されてきたモデルだ。現在、北米マキシマ40周年を記念した「40thアニバーサリーエディション」が販売されている。これほど厳ついセダンは、日本にあれば相当目立つだろう。

次ページは : ■セントラ(日本名:シルフィ B18型 2019年~)