ヤリスの評価が爆上がり!! 下がったのは?? 時間が経って評価が上がった&下がったクルマ

ヤリスは評価さらに爆上がり!! 下がったクルマは?? 時間が経ってプロたちの評価が上がったクルマ&下がったクルマ

 自動車評論家4人が、ここ2年間でデビューしたモデルのなかで、デビュー時と現在とで評価が変わったクルマについて見てゆく。

 国産、輸入車ともにデビュー時と時が経過した現在とでは、その評価も異なってくるはずだが、果たしてそのジャッジやいかに!?

※本稿は2021年5月のものです
文/片岡英明、松田秀士、清水草一、永田恵一 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年6月10日号

【画像ギャラリー】評論家4氏の「評価の上がったクルマ」「下がったクルマ」をギャラリーでクイックチェック!


■その気になって運転すると理屈抜きで楽しいGRヤリス(片岡英明

 評価が上がった筆頭はGRヤリスで、電動化が求められるこの時代にホットハッチを出してきただけで賞賛もの。逆に下がったのはヤリスクロスだという。

■評価が上がったクルマ…GRヤリス この時代にホットハッチを出したことが凄い!

 デビュー直後に試乗した時より好印象に変わった新型車の代表はGRヤリスだ。初めて運転した時、FFのRSは「GR」を名乗るのだから、もう少し辛口でもいいと思った。

 だが、冷静に考えてみると電動化が求められる時代に走りに特化したホットハッチを送り出したのはすごいと思ったし、その気になって運転すると理屈抜きで楽しい。

新開発の直噴直3、1.6Lターボは272psとパワフル。ボディ前半がヤリスと同じBセグで後半がカローラと同じCセグとなり、ヤリスとは別物なのがこのGRヤリスの特色なのだ

 ハスラーはデザインに初代ほどのインパクトを感じなかったが、プラットフォームを一新し、エンジンもCVTも新設計とした。トータル性能は初代ハスラーを大きく上回っているから考え直した。

 ホンダeも最初に街中で乗った時は、乗り味がちょっと荒削りだと思った。また、肝心の電費もメロメロだったからライバルに負けていると感じた。

 が、長い距離を走り、クルマの運転のコツをつかむと電費は200kmレベルまで伸ばせた。ハンドリングはスポーティだし、リア駆動の操る楽しさもわかりやすい。

 輸入車では先代とイメージを大きく変えたディフェンダーを好きになれなかった。だから評価は辛口になったのだが、先代を大きく上回る実力の持ち主と改めて感じた。

ほかに評価を上げたモデルとしてはハスラー、ホンダe、ランドローバーディフェンダーの3車を片岡氏は挙げた。そのいずれもがデビュー時から時を経たことでそのよさが再認識されてきたのだという

評価が上がったクルマ
・トヨタ GRヤリス…登場直後:85点 → 現在:91点
・スズキ ハスラー…登場直後:82点 → 現在:85点
・ホンダ ホンダe…登場直後:82点 → 現在:88点
・ランドローバー ディフェンダー…登場直後:82点 → 現在:85点

■評価が下がったクルマ…ヤリスクロスの質感と乗り心地は今一歩!

 残念にも評価を下げたのはヤリスクロスだ。

 ルックスは目を引くし、オンロード、そして悪路の走りもなかなかのレベルにある。だが、インテリアの質感や乗り心地などはヤリスと同等レベルに止まっているし、3気筒エンジンもノイズが耳障り。

評価が下がった筆頭モデルはヤリスクロス。販売好調なトヨタSUVでも売れ筋モデルなのだが、片岡氏は走りのレベルの高さは認めつつも質感やエンジンノイズ、インテリアの質感にもう一歩の努力が欲しいとのこと

 マツダのCX-30も同じクラスにMX-30が投入されると、差を感じてしまう。

 輸入車ではFFに生まれ変わったボトムのBMW1シリーズ。FRの最終型1シリーズに乗ってみたら走りの実力はまだ追いついていない。

CX-30、1シリーズはダウン

●評価が下がったクルマ
・トヨタ ヤリスクロス…登場直後:88点 → 現在:85点
・マツダ CX-30…登場直後:80点 → 現在:77点
・BMW 1シリーズ…登場直後:82点 → 現在:78点

■高速道路での安定性に驚かされたeKクロススペース/eKスペース(松田秀士)

 評価が上がった筆頭はeKクロススペース/eKスペースで、ダウンしたのはハリアーとメルセデスベンツBクラスだが……、そのワケとは?

■評価が上がったクルマ…eKクロススペース/eKスペースに刮目!!

 以前、ベストカーの高速道路120km/h取材で丸1日eKクロススペース/eKスペースに試乗したのだけれども、驚いたのは高速道路での安定性。

 試乗会でも高速道路は走ったけれどもエリアがかぎられているので、大型トラックを追い越す際の横風影響や長い上り坂、下り坂といったさまざまなシチュエーションを試せていなかったことなどから、改めてその評価が上がったというワケ。

三菱のeKクロススペース/eKスペース。ベストカーでの120km/h走行テストで実際に走らせてみて、高速での走行安定性に驚かされたという松田氏。走りにうるさい松田氏をうならせた実力は高い

 特に4WDのeKクロススペースはリアサスがFFと異なり、高速での横風に対する安定性がより高かった。

 それとマイパイロットが115km/hまでの設定だったけれども、車線内の中央を維持して走るようアシストしてくれるので横風や路面の外乱にも安心して走行できる。

 プジョー2008はさすがに欧州でヒットしているモデルだけあり運転が楽しくて内外デザインもポップだし、とにかく所有して走らせる高揚感がある。国産車にはこの高揚感は何なのか? をもっと考えてほしいと思っちゃう。

欧州では屈指のヒット車になっているプジョー2008。日本車にはない所有して走らせる高揚感がこのクルマのウリだ、と松田氏は指摘

 2008はEVも含めてトータル10日間ほど広報車を借りて試乗したけど、全幅が1770mmと日本の道路事情にピッタリ。

 全高1550mmも駐車場探しがラク。室内スペースも後席に余裕があるし、背もたれを倒せばラゲッジスペースがかなり大きく利便性が高いです。

 3気筒1.2Lターボのガソリン車の燃費もよく、EVは市街地でのモーターレスポンスがよく、特に車庫入れなどアリさんのようなアクセルコントロールがとてもスムーズ。これモーターの特性なんだね。一戸建てだったらEVお薦めです。

 それとプジョーは2008にも508と同レベルのADAS(運転支援)が装備されていて、高速でのACC+LKA(車線内中央維持)がバツグンにラクチンです。

●評価が上がったクルマ
・三菱 ekクロススペース/ekスペース…登場直後:70点 → 現在:85点
・プジョー2008…登場直後:75点 → 現在:88点

■評価が下がったクルマ…トヨタ ハリアー。今になってみると……

 では評価が下がったのは、まずハリアー。これはねRAV4がよすぎるんですよ。

 初めはインテリアも含めて走りも先代よりランクアップしたこと間違いないし、ちょっと輸入車に乗っているようなエグゼクティブ感がたっぷり。

 ただ、2度目、3度目と走り込むにしたがってこの走りのテイストってRAV4だよね、とフェイク感が込み上げてくる。

 RAV4より高級バージョンなのにフェイク!? ってどうよ? となるワケ。

ベースとなったRAV4がよすぎるおかげで評価が下がってしまったと松田氏が語ったハリアー。RAV4よりも高級なはずなのに、フェイク感があるのがマイナス

 例えばエアコンのセンター送風口はRAV4には風量個別コントロールダイヤルがあるのにハリアーにはない。夏場は肩口冷えます。

 RAV4からオフロード感を取り去り、マルチSUVらしさを重視したんだろうけど、なにか足りない。やるならもっと高級車に仕上げてほしい。

 最近のメルセデスは内外デザインが素晴らしい。Bクラスも最初はこのサイズで3列シートを採用したことに注目し、ドライブするとAクラス並みの取り回しなど、日常使いでのウレシイ取り回しに感心した。

 しかし、実際3列シートはかなり窮屈ガマン大会。3列目へのアクセスもそれほどよくない。パッケージごともう少し考えてほしいな、メルセデスなんだから。

コンパクトながら3列シートを用意しているメルセデスベンツBクラス。しかし、そのパッケージなどに不満があると松田氏は指摘する

●評価が下がったクルマ
・トヨタ ハリアー…登場直後:80点 → 現在:70点
・メルセデスベンツ Bクラス…登場直後:85点 → 現在:70点

次ページは : ■時間が経つほどヤリスの走りのよさと驚異的な燃費の存在感が大きくなる(清水草)