キャシュカイは可能性あり!? 魅力的な海外専売車3モデルの日本発売は?

キャシュカイは可能性あり!? 魅力的な海外専売車3モデルの日本発売は?

 2月18日に発表された日産のミドルクラスSUV、新型キャシュカイ。しかしながら、キャシュカイはこの新型も先代型と同様に欧州で発売される海外専売車となる予定。

 そのほか、昨年には12月に台湾でトヨタのシエンタクロスオーバーが発表。このモデルは、その名のとおりSUVテイストの外観に仕上げたシエンタだ。

 また10月にはアメリカで同じくトヨタから、ミニバンの新型シエナが発売された。アメリカ生産で北米がメインマーケットのミニバンのため全長5m超の巨体だが、迫力のあるデザインでカッコいい。

 というように、最近は海外で日本メーカーによる魅力的な新型車が続々と登場している。が、この3モデルはいずれも日本への導入は予定されていない海外専売車。

 とはいえ、このキャシュカイ、シエンタクロスオーバー、シエナは、いずれも日本でも発売してほしいようなクルマだ。その可能性はあるのか?

文/渡辺陽一郎   写真/TOYOTA、NISSAN

【画像ギャラリー】日本メーカーの新型車が海外で続々!! いずれも魅力の海外専売車を見る


■海外の販売比率が圧倒的なため海外専売車も増えている

先日発表された欧州専売SUVの新型キャシュカイ。最近では海外専売の「日本で買えない日本車」が増えた
先日発表された欧州専売SUVの新型キャシュカイ。最近では海外専売の「日本で買えない日本車」が増えた

 最近は海外だけで販売される「日本で買えない日本車」が増えた。この背景には、日本のメーカーの規模が大きくなり、海外の販売比率を増やしたことが挙げられる。

 例えばトヨタの2020年における世界販売台数は869万2168台だったが(ダイハツや日野を除く)、この内の83%に相当する718万7947台を海外で販売した。国内比率は17%だ。

 日産の2020年における世界販売台数は402万9166台で、この内の88%に相当する356万648台を海外で販売した。国内比率は12%だからトヨタよりも少ない。

 このようにダイハツを除く大半の日本車メーカーは、世界販売台数の80%以上を海外で売る。日本は20%以下の市場だから、国内では購入できない海外専用車が増えた。

 さらに以前のアコードやレガシィのように、日本のフルモデルチェンジが海外に比べて遅れることも多い。そうなると海外ではフルモデルチェンジされた新型車を売りながら、日本では安全装備などが劣った旧型車を販売する期間が生じてしまう。

 世界同時発売は困難だから、半年程度の時間差が生じるのは仕方ないとしても、アコードでは北米と日本のフルモデルチェンジ時期に2年半の隔たりがあった。日本車でありながら、フルモデルチェンジ周期が5年で、発売時期に2年半の差がつくのはゆき過ぎだ。

 このように海外中心になった日本車を象徴するのが、日本国内では売られない海外専用車だ。そこで3車種の海外専用車について、日本に導入される可能性について考えてみたい。

次ページは : ■キャシュカイは日本に導入する価値の高いSUV

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!