トヨタ ルーミー人気上昇中!! 売れ行き再浮上の理由は?


 昨年は同じトヨタのコンパクトSUVであるライズの好調ぶりが目立っていたが、今年に入ってからはまたルーミーの売れ行きが好調だ。

 1月から5月の順位はヤリスに続いて登録車2位につけており、4月と5月は軽を含めたトータルでも3位とスペーシアやタント以上に売れている。前年比は4月が238.3%、5月は312.3%だ。

 最近、またルーミーの売れ行きが上向いている。その理由は何か? カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】実は単独車名では普通車販売トップのトヨタ「ルーミー」その魅力を見る!!


■実は登録車の販売台数トップはルーミー!

 今の国内における新車販売台数は、ヤリスが1位とされる。しかしヤリス1車種の販売台数だと思ったら間違いだ。日本自動車販売協会連合会が公表するヤリスの登録台数には、コンパクトカーのヤリスに加えて、SUVのヤリスクロス、スポーツモデルのGRヤリスまで含まれるからだ。一般的な認識として、ヤリスとヤリスクロスは別のクルマになる。

日本の社員者登録台数の算出方法は複雑だ。その中で純粋な車名別新車販売でみた場合、なんと普もっとも売れているのが、トヨタ「ルーミー」だった。意外だがそれだけ売れる理由がある!

 そこで両車の登録台数を別々に算出して、ムーヴとムーヴキャンバスなど、ほかの車種も同様に扱うと、2021年5月の国内販売ランキングは以下のようになる。

●2021年5月/国内販売ランキング(車名ではなくボディタイプ別に集計)※赤字は太い書体に

(1)ホンダ N-BOX…………1万4215台

(2)トヨタ ルーミー………1万1597台

(3)スズキ スペーシア……1万479台

(4)トヨタ ヤリスクロス…8840台

(5)ダイハツ タント………8049台

(6)トヨタ ヤリス…………7290台

 軽自動車のN-BOXを除いた小型/普通車の1位はルーミーだ。2021年5月にはヤリスの1.6倍売れた。ほかの月を見てもルーミーの売れ行きは好調で、2021年1月以降、1カ月当たりの登録台数は一貫して1万台を超えている。

 ルーミーの売れゆきを前年同月と比べても、2021年は1.5倍以上だ。2021年5月は、コロナ禍で売れゆきが落ち込んだ時期との比較になるから、3倍以上に急増した。

■ルーミーの売れ行き好調の理由には、トヨタの新車販売の変更の影響がある

 ここまでルーミーの売れ行きが増えた背景には、複数の理由がある。最も大きな影響を与えたのは、2020年9月のマイナーチェンジで、姉妹車のタンクを廃止したことだ。

 トヨタは2020年5月に、全店が全車を販売する体制に移行した。それまではルーミーをトヨタ店とカローラ店、タンクをトヨペット店とネッツ店が扱ったが、全店が全車を売るなら姉妹車をそろえる必要はない。

そこで登録台数の多かったルーミーを残してタントは廃止した。その結果、需要がルーミーに集中して売れ行きを伸ばした。

右が存続の「トール」左が廃止の「タンク」トヨタでは全車販売化の為、統合化されたが、製造元のダイハツ「トール」、またスバルでも「ジャスティ」と相変わらずバッチ違いで3車種存在する

 ちなみにコロナ禍の影響を受ける前の2019年の登録台数を見ると、ルーミーの1カ月平均は7638台、タンクは6210台であった。両姉妹車を合計すれば1万3848台だから、今日のルーミーを上まわる。

 それでも車種数が従来の2車種から1車種に減り、ルーミーの発売は2016年11月だから、今では4年以上を経過した。1カ月の売れゆきが安定的に1万台を超えれば立派だ。

次ページは : ■ルーミーは軽自動車のシェア拡大対抗すべく、急遽開発されたハイトワゴンだった

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ