ノートオーラ誕生で再注目!! 小さな高級車はなぜ魅力的なのに成功できないのか

魅力的なのになぜ成功せず? 小さな高級車列伝 ノートオーラ誕生で再注目!

 日産 ノートに上級モデルとして加わったノートオーラは、全幅の拡大を含めたエクステリアの変更、インテリアの質感向上に加え、2モーターハイブリッドであるe-POWERの駆動用モーターのパワーアップをはじめとした機能、性能もノートに対し大きく向上しており、小さな高級車の資質を感じさせるモデルだ。

 日本車において小さな高級車というジャンルで大きな成功を収めたモデルは残念ながら浮かばないが、本稿ではノートオーラの登場をきっかけに、小さな高級車に挑戦した日本車を振り返ってみたい。

文/永田恵一
写真/NISSAN、TOYOTA、MAZDA、編集部

【画像ギャラリー】インテリアが特徴的だったN-BOXスラッシュ&小さな高級車の資質を持つノートオーラをみる


日産 ローレルスピリット

日産 初代ローレルスピリット(販売期間:1982年~1986年/全長4050×全幅1620×全高1390mm)

 1982年に初代モデルが登場したローレルスピリットは、当時のサニーの兄弟車で、1986年登場の2代目モデルも含め、当時のローレルを思わせるエクステリアの細部、インテリアカラーやボディカラーを設定することなどにより、ローレルの弟分的なイメージを持つモデルだった。

 しかし、ローレルスピリットの中身はサニーとそう変わらないものだったのに加え、当時は日産のディーラー網が5チャンネル制を敷いていたため、ローレルスピリット自体が「サニーと同等のモデルは各チャンネルに必要」という、いわばメーカーの都合により産まれたモデルだったのも否めず、2世代限りで絶版となった。

トヨタ プログレ&ブレビス

トヨタ プログレ(販売期間:1998年~2007年/全長4500×全幅1700×全高1435mm)

 1998年に登場したプログレは、トヨタが長年温めていた「小さな高級車」というコンセプトに挑戦したモデルである。

 プラットホームや直6エンジンといった基本コンポーネンツは、当時の2代目アリストやアルテッツァと共通ながら、ボディサイズは1700mmという全幅など5ナンバーサイズに収められた。

 さらに、塗装やインテリアの本木目パネルといった各部のクオリティは、セルシオ級のものを備えるなど、クルマ自体は小さな高級車として申し分ない完成度を備えていた。

 また、2001年には3代目セルシオを思わせるエクステリアを持つ兄弟車のブレビスも加わった。こちらはダッシュボードをはじめプログレとは異なるインテリアとなるのに加え、ドライビングポジションをペダルの位置でも調整できるという珍しい機能も設定。

 だが、プログレはクセのあるスタイルや、プログレ/310万円~、ブレビス/337万円~と、(今考えると高くはないのだが)当時のユーザーには「同じ価格ならボディの大きいマークII三兄弟やクラウンのほうがいい」と考える人が多かったせいなのか、販売は伸び悩み、初代モデル限りで姿を消した。

 筆者個人はボディサイズが大きいクルマを好まないこともあり、その意味ではプログレ&ブレビスはピッタリなセダンのため、未だに「自分のものにしてみたい」と思うときがある。

次ページは : マツダ ベリーサ