ホンダヴェゼルは強敵トヨタSUV軍団を超えられるのか

快進撃の売れゆき!! ホンダヴェゼルは強敵トヨタSUV軍団を超えられるのか?

 発売から1カ月後、月間販売計画より6倍以上もの受注を記録したホンダの新型ヴェゼル。出足好調な売れゆきだ!

 ヴェゼルは、もともと先代モデルで2014年から2016年にSUVの年間販売1位を獲得するほどの人気モデル。近年はトヨタの新型SUVに首位の座を奪われているが、新型でヴェゼルはSUVナンバーワンの座を奪還することはできるのか? 

 そのためには、新型ヴェゼルの前に立ちはだかるトヨタSUV軍団を超えられるのか? がカギになるわけだが……。トヨタのSUVに勝てるのか? カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が分析する。

文/渡辺陽一郎  
写真/HONDA、TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型ヴェゼルとそのライバル達を確認!


■ヴェゼルは「売れ筋のホンダ車」では最上級モデル

ヴェゼル e:HEV PLaY。ホンダコンパクト軍団のリーダー的な存在で、売れ筋のホンダ車では最上級モデルに位置付けられる

 ホンダのコンパクトSUV、ヴェゼルの売れゆきが好調だ。2021年4月23日に発売され、その後の約1カ月間で3万2000台を受注した。1カ月の販売計画は5000台だから、ホンダでは「目標の6倍以上」と誇っている。

 その代わり納期も長い。販売店では「2021年6月中旬に注文した場合、売れ筋のe:HEV・Zの納車は11~12月、e:HEV・PLaYになると2022年(来年)の6月頃になる。ホンダは納期の短縮に力を入れる予定だが、短くできても1カ月程度が限界だろう」という。

ヴェゼル売れ筋グレードのe:HEV・Z。現在の納期は注文から半年近く掛かるという

 注文した顧客を半年から1年も待たせながら、「受注台数が月間販売計画の6倍以上」と公表するのは、顧客に対して失礼だ。今は各メーカーとも「受注台数」を宣伝するが、本当に自慢できるのは、納車を伴う「登録(軽自動車は届け出)台数」になる。

 またヴェゼルが好調に売られるのは、現行型に始まったことではない。2013年に発売された先代(初代)ヴェゼルも、発売後1カ月で3万3000台を受注している。現行型よりも少し多かった。

先代型ヴェゼル。発売後1カ月で3万3000台を受注して良好な滑り出しを見せた

 この後も先代ヴェゼルは好調に売られ、2014年から2016年には、SUVの国内新車販売1位となった。2017年と2018年は1位をC-HRに譲ったが、2019年にはモデル末期ながらも1位に返り咲いた。

C-HRはヴェゼルと近いシティ派コンセプトで発表され、2017年と2018年はSUVの国内新車販売1位となった

 これだけ先代ヴェゼルが好調に売れていると保有台数も多い。先代型から現行型への乗り替え需要も生じるから、今後も好調に売れて当然だ。

 特に今のホンダの国内販売は、N-BOXを筆頭に軽自動車が増えた。2020年度(2020年4月から2021年3月)の販売動向を見ると、国内で売られたホンダ車の54%が軽自動車だ。そこにコンパクトカーのフィット、コンパクトミニバンのフリードを加えると80%を超えてしまう。

 この売られ方では、国内におけるホンダの印象も変わり、スズキやダイハツのような「小さなクルマのメーカー」になっていく。ヴェゼルのエンジンはe:HEVを含めて1.5Lだから、この新しいホンダのブランドイメージにも合っている。

 つまりヴェゼルは、フィット、フリード、Nシリーズといったホンダコンパクト軍団のリーダー的な存在で、売れ筋のホンダ車では最上級モデルに位置付けられる。この意味でも好調に売れて当然だ。

■今後の売れゆきを占う

 そこで気になるのが今後の売れゆき。新型ヴェゼルは先代型の実用性を継承しながらデザインを洗練させた。SUVの特徴とされる存在感やカッコよさもあり、好調に販売できる商品力を備える。

エントリーグレードのヴェゼル Gは、ヴェゼルのなかで唯一の純ガソリンエンジン搭載モデル。4WDも選べる

 現時点でSUVの販売1位はヤリスクロスで、2021年1~5月の1カ月平均登録台数は9710台であった(ヤリスとGRヤリスを除く)。2位はライズで8248台、3位は僅差でハリアーの8207台だ。先代ヴェゼルは最も多く売られた2014年の1カ月平均が8000台に達したしたから、この3車種と互角に戦える可能性はある。

ヤリスクロスはヤリスよりひと回り大きく、「ヤリスに乗りたいけど、少し小さいな~」という層をしっかり捉える
今まで出てきていたコンパクトSUVよりも格上ではあるが、日本で人気のSUVといえばトヨタ ハリアーだ
ダイハツ ロッキーのOEM車両であるトヨタライズ。ロッキーより売れている

 ちなみに2020年5月以降、トヨタの全店ですべてのトヨタ車を買えるようになり、人気車は売れゆきを従来以上に伸ばして販売不振の車種は一層落ち込んだ。ヤリスクロス、ライズ、ハリアーは全国の約4600店舗で好調に売られるため、販売競争では約2150店舗のホンダヴェゼルは不利になる。

 従って1カ月平均で1万台近くを登録するヤリスクロスを抜くのは困難かも知れないが、ライズとハリアーを超える可能性は高い。

 そのためにはホンダが解決すべき課題も多い。まずはヴェゼルの生産体制だ。以前のヴェゼルは埼玉県の狭山工場で生産されたが、同工場が閉鎖されることになり、今は鈴鹿製作所が生産している。鈴鹿製作所では、N-BOXを始めとする軽自動車のNシリーズとフィットも生産しており、そこにヴェゼルも加わったから今の生産状態は過密だ。

 さらに昨今の半導体不足も重なり、ヴェゼルの納期は、前述のとおり半年から最長では1年と大幅に遅延している。この問題を解決しないと、ヴェゼルがヤリスクロス、ライズ、ハリアーと販売競争を展開することは難しい。

 生産が軌道に乗って納期遅延も収まったら、ノーマルエンジンのグレードやオプションを充実させることも必要だ。現時点ではヴェゼルのグレードはハイブリッドのe:HEVが中心になる。そのためにヴェゼルの販売総数のうち、93%をe:HEVが占める。

 ノーマルエンジンのGでは、後方の並走車両を検知して知らせる安全装備のブラインドスポットインフォメーションなどを装着できず、選びにくいグレードになっている。

 そこでニーズの高い安全装備をノーマルエンジンのGにオプション設定したり、これらを標準装着する上級グレードを用意せねばならない。

 ヤリスクロスも以前はハイブリッドの販売比率が70%以上を占めたが、直近の2021年5月は約50%だ。今はハイブリッドとノーマルエンジンが同程度に売れているから、ヴェゼルもノーマルエンジン搭載車を充実させると、堅調な売れゆきを維持できる。

 前述のとおりヴェゼルは、好調に売れる今のコンパクトなホンダ車では、実質的に最上級車種だ。ステップワゴンなどからのダウンサイジング、フィットからのアップサイジングという2つのニーズがあり、バリエーションの充実は欠かせない。そこを入念に行えば、トヨタSUV軍団の牙城に喰い込める。

次ページは : ■「負け嫌い」は必ず反撃する