スイフトスポーツのライバルともいえるマーチNISMOの弱点とは?


■ベース車の人気がスポーツモデルの売れ行きを左右

マーチNISMOの売れ行きが伸び悩む背景には、ベース車であるマーチ自体の人気低迷が影響している

 以上のように、マーチNISMOの売れ行きが伸び悩む背景には、マーチという車種自体の人気低迷が影響している。割安にエアロパーツを装着したりチューニングを施しても、車種の人気が乏しいと、売れ行きを伸ばせない。

 そして人気と同様のことが、走行性能にも当てはまる。コンパクトカーとして走りの素性が優れていれば、高性能なエンジンを搭載したりサスペンションのチューニングを施すと、さらに優れた運転感覚を味わえる。

 逆にベース車の造り込みに不満が伴うと、そこにいくらチューニングを施しても、走りの良さにはあまり期待が持てない。マーチNISMOのようなチューニングされた車種の商品力も、ベース車によって大きく左右されるのだ。

 マーチの場合は、ベース車の走りがいま一歩と感じさせる。街中では路上の細かなデコボコを伝えやすく、大きめの段差を通過した時の粗さも気になる。ベース車でも操舵に対する反応を妙に機敏に仕上げたから、カーブに進入する時などは、ボディが唐突に傾きやすい。車両全体の動きが滑らかさに欠ける。

 このマーチの欠点は、例えばレンタカーを借りて、街中を走る時でもスグに分かる。「マーチは細かく揺すられて、全体の動きがバラバラな感じ」といった感想を聞くことがある。

 マーチNISMOは、前述の通りボディを補強して、サスペンションもそれに合わせてチューニングされている。前述の唐突な挙動変化、ボディの大きな傾き方、粗い乗り心地などは相応に改善された。それでも足まわりについては、少し無理に締め上げた印象が残っている。

 またボディスタイルは、ユーザーの好みによって変わるから一概にいえないが、マーチの丸みを持たせた外観は可愛らしい印象だ。エアロパーツを装着した時の視覚的なバランスは、現行マーチNISMOよりも、先代マーチ12SRや15SR-Aの方がカッコ良かったと思う。

■スイフトスポーツに対抗するNISMOの本命は……

スイフトスポーツの内装。その質感はマーチのそれを上回る

 その点でスイフトスポーツは、水平基調のボディでリヤピラー(柱)の太さも強調され、マーチに比べて後方視界は悪いが外観の見栄えは良い。内装の質感もマーチを上まわる。

 こうなるとスイフトスポーツは、マーチNISMO・Sに比べて価格が約14万円高いものの、魅力度ではさらに大きな価値がある。そのために売れ行きも、マーチNISMOを上まわるわけだ。

 スイフトスポーツに対抗できるNISMOの本命は、現時点では登場していないノートe-POWER・NISMOだろう。先代ノートe-POWER・NISMOの価格は250万円少々だった。

 現行ノートe-POWER・NISMOを設定する時は、装備の上級化を踏まえても、価格を260万円から270万円にすると割安感が生じて魅力も高まる。ノートNISMOか、それとも同価格帯のノートオーラGか、という選択も成り立つ。

 ただしノートNISMOの価格は、マーチNISMO・Sに比べれば約80万円、スイフトスポーツと比較しても70万円ほど高い。今のノートはハイブリッドのe-POWERのみを搭載するから、価格が高まった。

 ノーマルエンジンを廃止すると、スポーツモデルも手軽には購入しにくくなってしまう。クルマ好きのユーザーに向けた車種だから、e-POWERでは6速MTを選べないことも欠点になる。

 ノートがe-POWERのみになった今、マーチNISMOの重要性も高まったが、商品力が追い付かない。ノートに1.6Lノーマルエンジンと5速、あるいは6速MTを加えることも含めて、日産にはコンパクトスポーツモデルをさらに充実させる余地がある。

【画像ギャラリー】国産ホットハッチ対決!! スズキ スイフトスポーツと日産 マーチNISMOの魅力に迫る