ベンツAクラスは300万円台から!ちゃんとベンツらしさを味わえるのか?


 2020年度はミニに次ぐ販売台数を記録するなど、近年売れゆきが好調で人気輸入車の1台になっているメルセデス・ベンツAクラス。

 ベンツといえばSクラスをはじめとした高級車メーカーであり、そのエントリーモデルとなっているのがAクラス。そして、価格は367万円から用意されている最も安いベンツでもあるわけだが、そんなAクラスでもちゃんとドイツを代表する高級ブランドのベンツらしさを味わうことはできるのか? 

 そもそも「ベンツらしさって何なのか?」という疑問も含めて、モータージャーナリストの御堀直嗣氏が解説する。

文/御堀直嗣
写真/Daimler AG、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】誰もが納得するベンツクオリティを「Aクラス」でも実現!そのすごさを紐解こう!!


■先代モデルからさらに磨きがかかった現行Aクラス

 メルセデス・ベンツでもっとも小さなAクラスで、メルセデス・ベンツらしさは感じられるのか?

 その素朴な質問に、YESと即答できる。

 Aクラスは、1997年に初代が誕生した。2代目までは、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)に備えた車体構造をもっていた。床を二重構造とし、そこにバッテリーや燃料電池スタックを挟み込むように車載できるようにしていた。

初代Aクラス。ベンツ初のFF車だ。ベンツのFF車を象徴すべく従来にない車両構造を採用したが、重心が高くなり、急ハンドル操作時に転倒しやすいことが発売後判明。即リコールと最初から順調という訳ではなかった 

 2012年の3代目から、競合といえるフォルクスワーゲン ゴルフやBMW1シリーズなどと同じような、標準的な小型ハッチバック車へ様変わりした。その時点で、試乗したAクラスは284万円で買えた。

 現在の4代目は、もっとも廉価なA180で362万からとなるが、それでも身近なメルセデス・ベンツであることに変わりない。

 2012年の3代目Aクラスで実感したのは、内外装の質の高さ、走行中の的確な運転感覚、高速域での優れた直進安定性などである。それが現行の4代目となって、いっそう磨きがかかった。一見したところ、3代目とさほど大きく変わっていないように思えたが、内外装の質はさらに高まり、プレミアムブランドとして疑いのない仕立てである。

二重構造の床を廃止して、3代目にして大幅に変化したAクラス。ルックスからもベンツの線上に乗ったものになって、スポーティな印象になった

 運転者の操作のとおり走る的確な手応えにも変わりなく、速度を上げていった時の落ち着きある安定感は盤石の信頼をもたらす。快適性も一段と高まり、ことに静粛性では前後の席で会話を楽しませた。

■「最善か無か」の企業哲学に世界最古の自動車メーカーとしての自負を感じる

 メルセデス・ベンツらしさとは、何であろう?

 同社の企業哲学は、「最善か無か」である。どの自動車メーカーも性能向上や改善、あるいは新技術の開発などを同じように進めていると思いがちだが、そこに、成果が最善であるかどうかを問うのはメルセデス・ベンツだけだろう。

「最善か無か」はベンツ創業以来の企業スローガンである。最古の自動車メーカーとしての自負と自信がその言葉に表れている。常に最先端であっても他社にはない安心感がベンツにはある

 もし、最善ではない、何かまだ改善の余地があると判断すれば、それは市場に出す水準ではなく、価値は無に等しいということだ。

 もちろん、新車が完璧でない可能性もなくはない。しかし、最善であるかどうかを自らに問う姿勢が常にあれば、開発者はおのずと謙虚な姿勢になるはずだ。自らの技術力や開発の方向性の正しさを信じるあまり、高慢になってしまう姿を時に見かける。

 それは人間の性でもある。しかし、新車を手にした消費者の気持ちを考えれば、「最善か無か」という問いの意味は大きい。まさにそこが、メルセデス・ベンツであるかないかの違いとなって表れる。

 この点において、A180は、間違いなくメルセデス・ベンツという感触や手ごたえをもたらすクルマだ。

次ページは : ■運転しやすく、すべての乗員に安心を提供する、究極の実用車でもある

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ