ノートとノートオーラの価格差約40万円!? 何がどれだけ違うのか?

価格差約40万円!? 「ノート」と「ノートオーラ」は何がどれだけ違うのか?

 日産のコンパクトハッチバックであるノートの上級モデルという位置づけで登場したノートオーラ。ノートの派生モデルということで、パッと見には同じように見えるが、価格はノートオーラのほうが約40万円も高い。

 ディメンションやパワーなどのスペックも違っているというが、クルマには詳しくない多くの一般的な人たちには、ノートもノートオーラもグレード違いの同じクルマに見えるような……?

 では、ノートとノートオーラは具体的にどこが違っていて、乗った印象もどれだけ違うのか? そして、価格差ほどの価値ありなのか? カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が両車の違いについて解説する。

文/渡辺陽一郎  写真/ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】上質をまとったコンパクト「ノートオーラ」とダイナミックコンパクトな「ノート」を写真で比較してみる


■オーラは3ナンバーサイズで、パワーは20馬力アップ!

 新型コンパクトカーのノートオーラは、ノートの上級シリーズに位置付けられる。ノートに比べると、ノートオーラはさまざまなデザインや機能の質を高めた。

パット見は同じようにみえる『ノート』と『ノートオーラ』。装備を省略して価格を抑えたノート(写真左)、装備を充実させ走りをワンランク上げたノートオーラ(写真右)

 外観ではフロントマスクを緻密に仕上げ、VモーショングリルにはLEDポジションランプやシーケンシャルターンランプの機能を持たせている。リアコンビネーションランプも、ノートオーラでは流行に沿った一文字の形状とした。

 ボディサイドにも手が入り、前後のフェンダーはボリューム感を強めた。リア側のドアパネルも、ノートとは形状が異なる。これらの変更により、ノートオーラの全幅は、ノートに比べて40mmワイドな1735mmとなった。つまり3ナンバー車だ。外装は異なるものの、車内の広さはノートと等しい。

 内装ではインパネなどの質感を高めた。基本的な形状はノートと同じだが、インパネ上面にはツイード調の織物が巻かれ、木目調パネルも採用されている。

ノートオーラ「Gレザーエディション」の内装インパネ周り(写真の内装色はブラック)。インパネは12.3インチの大型液晶ディスプレイを装備

 パワーユニットは、ノートと同じハイブリッドのe-POWERのみを搭載する。直列3気筒1.2Lエンジンが発電機を作動させ、その電気を使ってモーターを駆動して走る仕組みだ。

 ノートオーラは、ノートと同じエンジンやモーターを使いながら、制御を変更してモーターをパワーアップさせた。ノートが搭載するモーターの最高出力は116馬力、最大トルクは28.6kgmだが、ノートオーラは136馬力/30.6kgmになる。比率に換算すると、ノートオーラの最高出力はノートの117%、最大トルクは107%だ。

ノートとノートオーラの主なスペックの比較

 そのためにノートオーラは、登り道に差し掛かってアクセルペダルを少し踏み増した時、ノートよりも余裕のある駆動力を発揮する。峠道でアクセルペダルを深く踏み、高回転域まで回した時も、ノートオーラは高い駆動力を保つ。従来のエンジン車に当てはめると、吹き上がりが機敏になった印象だ。

 ノートオーラは上級指向のコンパクトカーだから、遮音性能も向上させた。発電用の直列3気筒1.2Lエンジンのノイズを大幅に抑えた。ノートに比べると、動力性能と静粛性の両方が向上したから、内外装と同じく走りも上質に感じられる。

■ノートよりワンランクアップした操安性と装備

 走行安定性も高まった。ノートに比べて全幅を40mm広げたので、トレッド(左右のホイールの間隔)も20mmワイドになり、4輪が路面に踏ん張る。タイヤサイズも、ノートは15インチ(185/65R15)だが、ノートオーラは17インチ(205/50R17)だ。路面をつかむ性能が全般的に向上した。

ノートオーラは3ナンバー化することで操安性のアップとボリュームアップしたエレガントなボディを手に入れた

 カーブを曲がる時も、ノートオーラはノートに比べて車両がステアリング操作に忠実に反応するから、内側へ向けやすい。曲がりくねった峠道を走る時も、ノートオーラであれば旋回軌跡を拡大させにくい。

 さらに危険を避けるために、カーブを曲がっている最中にアクセルペダルを戻したり、中途半端にブレーキペダルを踏んだ時も、ノートに比べて後輪の接地性が高く保たれる。運転の難しい状態に陥りにくく、安定性を幅広く向上させた。

 その代わり乗り心地は、ノートと同等か、それ以上に硬い。ノートオーラはスポーツモデルではなく、質感を大切にするプレミアム感覚のコンパクトカーだから、操舵感や峠道での曲がりやすさはもう少し穏やかに抑えていいだろう。

 そこで生じた余裕を乗り心地の向上に費やしたい。ノートオーラには、もっと柔軟に伸縮する足まわりが相応しい。

 ノートオーラは装備も充実させた。

 ハイビーム時に対向車などの眩惑を抑えるアダプティブ機能を備えたLEDヘッドランプ、ドライバーの死角に入る後方の並走車両などを知らせる後側方車両検知警報、車両の周囲を上空から見たような映像で表示するインテリジェントアラウンドビューモニター、液晶表示のインテリジェントルームミラー、アルミホイールなどを標準装着する。

 これらの装備は、ノートの場合、最上級のXでもすべてメーカーオプションになる。

次ページは : ■ノートとの価格差は実質16万円!!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ