出遅れると損をする!? EVは純ガソリン車やHVと比較してここがすごい


 あと十数年もすれば必ずやってくるEV(電気自動車)の時代。徐々に普及し始めているとはいえ、EVを身近に感じられない人はまだまだ多いはず。でも、のんびりかまえている暇はない!? 来たるべき時代に備えて、EVの実力を今一度おさらいしておこう。

文/FK 写真/日産、トヨタ、テスラ、Newspress UK、写真AC

【画像ギャラリー】出遅れると損をする!? EVは純ガソリン車やHVと比較してここがすごい


航続距離だけじゃない! 走り屋でも大満足の走行性能を持つモデルが続々登場

 2030年代半ばまでに国内における新車販売のすべてを電動自動車(EV)やハイブリッド車(HV)に切り替え、ガソリン車の販売を事実上禁止する目標を打ち出した日本政府。そして、この動きに追随するかのように各社からEVが発売され始めているのは周知のとおり。

 しかし……このモータリゼーションの急速な進展についていけていないのは、実は我々ユーザー側。ガソリン車全廃に向けたカウントダウンに入った今、少しでもEVに関する情報を知っておきたい。そこで、ここではEVの何がすごいのか? を紹介していこう。

 電気をエネルギー源に電動モーターの駆動力で走行するEV。ガソリン車やハイブリッドと比較すると、一般論として排気ガスを出さないから環境に優しい、走行中は低騒音&低振動、エンジンルームがないからスタイリングの自由度が高い、加速力が良好など枚挙に暇がないほどのメリットがある。一方で航続距離が短い、充電に時間がかかるなどのデメリットはあるが、それも“今は昔”。なぜなら……。

 現在生産されている電気自動車のなかで最長の航続距離を誇るテスラの『モデルS』は628~652kmの航続距離を実現。ガソリン車でも600km走れば1回は給油するでしょ? それを考えれば、イマドキEVの進化は圧巻のひと言(国産EVの代表格であるニッサン・リーフの航続距離もWLTCモード458km、JC08モード580kmとこちらも秀逸!)。

 加えてこのモデルS、0-100km加速で2.1秒、1/4マイル(0-400m)加速でも9.23秒の市販量産車世界最速記録を樹立! EVが世の中のどんなスーパーカーをも凌駕するパフォーマンスを披露する時代は、すでに到来しているのだ。

出遅れると損をする!? EVは純ガソリン車やHVと比較してここがすごい
テスラ モデルSは、航続距離だけにフォーカスされがちなEVの常識を覆したスーパーモデルだ 提供元:Tesla, Inc.
出遅れると損をする!? EV車はガソリン車やハイブリッドと比較してここがすごい
国産車の雄といえば、日産リーフ。航続距離は、458km(WLTCモード)。リーフe+ではバッテリー容量が62kWhに拡大され、最高出力が218psと、パワーも申し分なし!

 また、EVはその大半が重量物であるバッテリーを床下に搭載していることから、運動性能向上の重要なファクターである低重心化を実現していることも特長のひとつ。もちろん、それに付随して走行安定性が高いことは言うまでもない。先述の加速性能の良さとともに、低重心&走行安定性の高さもEVの大きなアドバンテージといえる。

電源供給源としても使える、一石二鳥さも大きな魅力

 そして、EVならではの機能として忘れてならないのが蓄電池として利用可能であること(V2H対応の電気自動車に限る)。EVのバッテリーは単に走ることに使うだけでなく、家庭への給電や余った電力を蓄えることができるのだ。

 住宅へ電気を供給するには別売りのV2H機器が必要だが、日産のリーフe+(62kWh)の場合、一般家庭の約2~4日分の電力をまかなうことが可能。災害によって電力・ガス・水道・燃料などのライフラインが寸断された場合でも家庭や避難所への電源供給に使用できることは、防災意識が高まっている昨今において見逃せないポイントだ。

出遅れると損をする!? EV車はガソリン車やハイブリッドと比較してここがすごい
高速道路のSAなどに設置されている充電設備のほとんどが、短時間でより充電できる急速充電器だ。「EV QUICK」と表示された青い看板が目印 PHOTO : 写真AC
出遅れると損をする!? EV車はガソリン車やハイブリッドと比較してここがすごい
自宅での充電は10時間程度かかるが、電気代の安い深夜から充電をスタートさせれば、朝には充電が完了しているため、不便さは感じないはずだ PHOTO : 写真AC

次ページは : 「EV車は高い!」は、大きな勘違い

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ