新型VWアルテオン シューティングブレークに速攻試乗!! 適度にスタイリッシュでアクティブでちょうどいい感じなのだ!!


 フォルクスワーゲンが2017年にデビューさせたアルテオンは、流麗なラインをまとった5ドアハッチバックのグランツーリスモだ。このアルテオンのマイナーチェンジモデルが2021年7月13日に発表された。

 また同時に追加設定されたスポーティなワゴンモデル、シューティングブレークも公開された。

 今回はアルテオンシューティングブレークに加え、2021年4月6日にマイナーチェンジを受けたミッドサイズクラスのパサートの試乗を行った!

文/清水草一、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】2021年にマイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲン アルテオン&パサートを見る!!


■フォルクスワーゲンアルテオンにクールなシューティングブレークが追加された!

フォルクスワーゲン アルテオン シューティングブレーク。質実剛健なVWにあって程よい色気を持つ車だ

 フォルクスワーゲンのアルテオンというクルマは、とにかくレアだ。フォルクスワーゲンブランドは、基本的に実用車のイメージなので、アルテオンのような高級でスタイリッシュな5ドアハッチバックは、選択肢から外れやすい。そういうクルマが欲しい人は、アウディに流れるのが自然だろう。

 その分と言うかなんと言うか、アルテオンは、カーマニア的には「レア度が高くてお買い得」という意味で、注目のクルマだった。街でアルテオンを見かけると、珍しいこともあって、つい凝視してしまう。アルテオンを選ぶなんてシブイ! って感じで。個人的には、前身に当たるパサートCC時代からそうでした。

 アルテオンのライバル(?)は、アウディA5スポーツバックだ。そりゃアウディのほうが高級ブランドとしてわかりやすいけれど、アルテオンはA5スポーツバックよりお安いうえにデカくてパワーもあるし、デザインだってカッコいい! やっぱりシブい選択だよネ!

 そのアルテオンがマイナーチェンジを受けて、これまでの5ドアハッチバックに加えて、シューティングブレークが登場した。

 シューティングブレークと聞くと、メルセデスのソレのようなツルンとした曲面フォルムをつい思い浮かべるが、アルテオンシューティングブレークは、スポーティなステーションワゴンというくらいのところで、あんなにツルンとはしていない。これはステーションワゴンと5ドアハッチバックの中間ですかね?

大径タイヤが非常にマッチョで贅沢な雰囲気を醸し出す

 で、かなりカッコいい。適度にスタイリッシュでアクティブで、フォルクスワーゲンというブランドにとって、ちょうどいい感じなのだ。サイドから見ると、大径タイヤ(245/35R20)がグッと大地を踏ん張っていて、非常にマッチョでゼイタク。「この謎のカッコいいワゴンは何?」という感じだ。

 フォルクスワーゲンのワゴンと言えば、ゴルフワゴンやパサートワゴンだが、どっちも超実用的で質実剛健なデザインだ。それがフォルクスワーゲンの生きる道なんだけど、もうちょっと色気のあるモデルがあってもいいじゃないですか。

 やりすぎると、フォルクスワーゲンのイメージにそぐわず、売れない。アルテオンがまさにそれだった。

 でも、アルテオンシューティングブレークはちょうどいい! そう思うのです。

■カタくもないしチャラくもない、丁度よいカッコよさと変わらぬ実用性が魅力

後席に座るとかなり広さを感じる。実用性はさすがのフォルクスワーゲンだ

 アルテオンシューティングブレークをパサートヴァリアントと並べると、健康的な遊び人対公務員。アルテオンシューティングブレークのほうが、断然イケてる。でも、遊びすぎてはいないし、高級すぎることもない。なんとも絶妙な落としどころだ。

 サイズは、アルテオンとまったく同じで、全長が伸ばされていたりはしない。全長4870mm、全幅1875mmは十分大柄だけど、この大柄さがアルテオンのウリではないだろうか? 同クラスのアウディA5スポーツバックより一回り大きいのに安いという、この大盛り感がイイんだよ!

 後席に座ってみると、閉塞感もなくてメッチャ広い! さすが全長4870mm。スタイリッシュだけど、居住性をまったく犠牲にしていないところは、さすが実用車ブランドのフォルクスワーゲンだ。

 ラゲージスペースがまた広い。VDA方式による容量は、アルテオンもシューティングブレークもほぼ同じ(563L対565L)だけど、シューティングブレークのほうが天地方向のサイズがあるので、いざとなったら当然いっぱい積める。もちろん、A5スポーツバック(456L)よりずっと広いのは言うまでもないですね。

 そして、ゴルファーにとって嬉しいのは、ラゲージ後端部が左右に凹んでいて、ゴルフバックを真横に積めるようになっていること。アウディはこの凹みが小さくて、真横に積むのはムリだ。アルテオンシューティングブレークの勝利!

次ページは : ■パワフルで快適な走りも楽しめる

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ