いまならお買い得?? あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン 3選


 2022年3月末に幕を閉じるホンダS660など、わずかひと世代のみで生産終了となったモデルというと、スポーツカーばかり注目される。しかしファミリーカーとして定着したミニバンでもひと世代のみで幕を閉じたモデルはたくさんある。

 そこで、今回は、他のミニバンとは一線を画した、キラリと光るポイントのあるミニバン3モデルの中古車事情について紹介したい。

 いずれも目のつけどころは非常によかったし、根強いファンもいるのだけど、アルファードやセレナにはなれなかったモデルたちである。

文/萩原文博

【画像ギャラリー】キラリと光る変わり種ミニバン3モデルを画像でチェック


■大人7人がしっかり乗れるエクシーガ

 日本国内市場で、3列シートモデルがなかなかヒットしないスバル。

 そのスバルが“7シーターパノラマツーリング”というコンセプトで、スバルがこれまで培ってきたワゴン造りのノウハウを活かし、7人までしっかり乗れる高い居住性と開放感あふれる室内空間を実現したモデルが、2008年6月に登場したエクシーガだ。

いまならお買い得?? あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン 3選
エクシーガ 2008年6月に登場
いまならお買い得?? あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン 3選
エクシーガクロスオーバー

 インプレッサをベースとしているが、大人7人がしっかりと乗れる十分な室内空間と「ドライバーの思い通りに走れる素直な操縦安定性」と「しなやかで上質な乗り心地」を両立した、走りの良いミニバンが謳い文句だった。

 その証拠に、最上級グレードの2.0GTには最高出力225psを発生する2L水平対向4気筒DOHCターボエンジンを搭載。また、サスペンション形式はフロントがストラット、リアはダブルウィッシュボーンを採用。

 さらに、新開発のクロスメンバー、スタビライザーなどにより、優れたステアリング応答性を実現している。

 そんなエクシーガに、スバルのワークスブランドであるSTIが手がけたコンプリートカーが設定されている。それが2009年10月に限定300台で販売された2.0GT チューンドバイSTI。

いまならお買い得?? あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン 3選
大人7人がしっかりと乗れる十分な室内空間と「ドライバーの思い通りに走れる素直な操縦安定性」と「しなやかで上質な乗り心地」を両立

 そして、2012年7月にこちらも限定300台で販売されたエクシーガtS(ティーエス)だ。どちらもターボエンジンを搭載した2.0GTをベースに、専用サスペンションやフレキシブルタワーバー、フレキシブルロアアームバーなどを採用し、シャシーやボディのトータルチューニングを施すことで、路面追従性を高め、しなやかな乗り心地としっかり感のある乗り味を両立させている。

 また外観には、STI製フロントアンダースポイラーやSTI製17インチアルミホイールなどを採用し、上質なスポーティ感を演出。インテリアは、アルカンターラとレザーを組み合わせた専用シート、STIロゴ入りの専用メーターなどを採用するほか、インテリアをブラック色で統一し精悍なイメージを強調し、ファミリー色を打ち消しているのが特長だ。

いまならお買い得?? あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン 3選
エクシーガ インパネ

 合計600台が販売されたエクシーガ チューンドバイSTI&tSだが、現在中古車として流通しているのは約5台。

 そのうち、3台がチューンドバイSTI、2台がtSとなっている。価格帯はクッキリと分かれていて、チューンドバイSTIは約69.8万~約109.8万円。そしてtSは約149.8万~約197.8万円となっている。現在、エクシーガ全体の平均価格が約47万円となっていることを考えると、STIが手がけた2種類のエクシーガは高値安定が続いている。

★ベストカーWeb選出 スバルエクシーガ特選中古車

■リビングルームのような寛ぎ空間のキューブキュービック

 続いては、2020年3月に生産終了となり、3世代約22年の幕を閉じた日産キューブ。取り回しのしやすいスクエアなボディの中に、リビングルームのような寛ぎの空間を実現し、幅広い人から支持されたコンパクトカーだ。

 実はこのキューブをベースとした7人乗り3列シートモデルがラインアップされていたのだ。

いまならお買い得?? あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン 3選
3列シート仕様のキューブキュービック 2003年9月発売

 そのモデルが、2002年に登場した2代目キューブをベースに2003年9月に発売された3列シート仕様のキューブキュービックだ。

 「コンパクトでありながら実用性の高い3列シート車」をコンセプトに開発されたキューブキュービックは、全長3900mmのコンパクトなボディの中に、キューブの特長の一つである、ソファのように快適なシートをレイアウトした。

 コンパクトカーのキューブより170mm延長したボディだが、セカンド+サードシートのニールーム&ヘッドルームは、必要な時は大人が十分乗れるスペースを確保した。となっているが、実際には、緊急用と割り切りたい広さだった。

いまならお買い得?? あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン 3選
キューブキュービックのインパネ

 キューブキュービックのセカンドシートは6:4の分割可倒式を採用し、左右独立スライド/リクライニング/ウォークイン機構により、チャイルドシートを1脚装着したままでも、サードシートへの乗降が可能だった。

 また、セカンドシート横に乗車用レバー、後側に降車用ウォークインペダルを採用しており、1アクションでシートバックが前に倒れスライドし、サードシートへのアクセスが可能となっていた。

いまならお買い得?? あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン 3選
セカンドシートは6:4の分割可倒式を採用 チャイルドシートを1脚装着したままでも、サードシートへの乗降が可能

 搭載されているエンジンは、デビュー当初は1.4L直列4気筒のみだったが、2005年4月のマイナーチェンジの際に内外装の変更に加えて、最高出力109psを発生する1.5L直列4気筒エンジンを追加。

 さらに、e-4WDと呼ばれる後輪をモーターで駆動させる4WD車を追加した。そして2007年1月のマイナーチェンジで内外装を変更している。

 現在、キューブキュービックの中古車は約72台流通していて、平均価格は約25万円。中古車の価格帯は約8万~約61万円となっている。流通している中古車のうち約93%が予算50万円で手に入れられるようになっているキューブキュービックだが、プレミアム価格となるグレードがある。

 それは2004年5月に期間限定で販売された、「プラスコンラン」雑貨ブランドのコンランとコラボしたモデルで、キューブキュービックのほか、キューブ、マーチが販売されたが、どのモデルも手に入れるのが困難なモデルだった。

いまならお買い得?? あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン 3選
3列シートあるハイトワゴンとして購入し、広いラゲージスペースを活用するのがよいかもしれない

 現在は流通していないが、出てくると高額中古車となるのは間違いない。キューブキュービックはミニバンというよりも、3列シートあるハイトワゴンとして購入し、広いラゲージスペースを活用する使い方があっている。

★ベストカーWeb選出 日産キューブキュービック特選中古車

次ページは : ■クラスで最も広い室内空間のビアンテ