ホンダエンジン全廃の衝撃とEVシフトへの可能性

本当の本当に本気なのか!? ホンダ、エンジン全廃の衝撃と可能性

 ホンダが世界的な販売ラインアップの見直しを進めている。国内ではS660、レジェンド、クラリティ、オデッセイ、そしてNSXの生産終了を発表。この先も車種整理を進めていくだろう。

 この背景には、2021年4月23日、三部敏宏(みべ としひろ)新社長が就任会見で語った、「先進国全体でのEV、FCVの販売比率を2030年に40%、2035年には80%、2040年には、グローバルで100%を目指す」という目標が関係している。

 つまり2040年までにホンダは(純ガソリン仕様どころかハイブリッド車もすべて生産を終了して)作るクルマすべてをEVもしくはFCVにする、と言ったわけだ。

 そんなことが可能なのか。そして経済界からの評価はどうなのか。経済評論家の加谷氏に分析していただいた。

文/加谷珪一(経済評論家)
写真/HONDA

【画像ギャラリー】エンジン車廃止宣言!! 激動のホンダ 主要現行車ラインナップ


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ