新型ランクル300 大人気で予約受注ストップ!? 各グレードの見積書を取ってみた


 7月1日から先行受注を始めた新型ランドクルーザー300。正式な発表日は8月1日、発売日は8月2日。現時点ではまだカタログもなく、当然実車をこの目で見ることもできないが、14年ぶりのフルモデルチェンジ、デザイン・装備も一新ということで相当オーダーが積み上がってきている。

 トヨタモビリティ店営業マンに聞いた7月15日時点での最新情報では、受注台数が2万台を突破し、今から発注すると最短でも1 年以上(グレードにより2~3年待ちという話も出ている)かかるという。

 そして、なんと7月13~8月1日までいったん受注をストップし、正式発売日の8月2日に受注を再開するとのこと。受注をいったん停止しているのは納期短縮のために増産体制を急遽作り上げるための模様。

 また、こうした人気を受け、新型ランクル300の転売防止のため、すでに受注したオーナーを含め、誓約書(1年以内の転売禁止)を交わすという情報も入ってきている。

 こんな状況になっているが、購入を考えている筆者に新型ランドクルーザー全グレードの見積りを取ってもらい、どのグレードが人気か、価格、装備の違いなど、実際に買いたい人に向けて有益な情報をお届けしていこう。

文/柳澤隆志
写真/トヨタ、柳澤隆志

【画像ギャラリー】新型ランクル300系は価格もオプションもやはり陸の王者だった!!


■現時点でのランクル300の納期は最短で1年以上!

300系は3種類の顔が存在する。GX、AX、VXのフロントマスクはZXと異なり、加飾を抑え目になっている。厳しい環境下でも耐えれる実用性重視といったところか
GR SPORTの7人乗りガソリンと5人乗りディーゼルの見積書。ガソリンの車両本体価格が30万円安いはずなのに同一仕様で価格が逆転

 まず7月上旬、ディーラーにアポをとった際、「新型ランドクルーザー300に興味があるのですが、今のクルマの車検が11月に切れるので」と言ったとたんに「それまでには納車できない可能性がとても高いと思います」と一番はじめにくぎを刺されてしまった。この販売店にはZXのディーゼルが試乗車として8月中に来るそうだ。

 7月上旬時点での情報となるが、ほぼZXとGR SPORTだけにオーダーが入り、その比率はざっくり8対2から7対3程度とのこと。やはりGR SPORTは新しいグレードであることに加え、ハードコアすぎるのかもしれない。

 ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの受注の多さでは、6対4から7対3でガソリンが人気だそうだ。トヨタのディーゼルエンジン車が少ないためにディーゼルエンジンに対する理解が少ないせいではないかと営業マンは言っていた。

 別の販売店では初日に入ったオーダー12台のうち9台がZXガソリン、1台がZXディーゼル、2台がGR SPORTガソリンだったという。GR SPORTのディーゼルに人気がないのはやや意外。

 早くオーダーした人の中には、現行200系のオーナーやアルファードからの乗り替えに加え、輸入車やレクサスLXからの乗り替えも見られるという。

 まだGX、AX、VXの画像は詳細に公表されていないが、ディーラーでの営業端末で動画を見せていただいた。

 フロントバンパーがZXよりもシンプルな造形となっていてナンバープレートの位置も高くなっていることから、視覚的なバランスはやや高くなっていた。現行200系やプラドに近い。すっきりしてこちらのほうが好ましい、という人もいるだろう。

■人気爆発! 正式発売前にいったんオーダーストップ!

 そして、7月15日、見積りをいただいた営業マンに再び話を聞いたところ、すでに受注台数は2万台を突破しており、これから発注すると納期は最短1年以上、グレードによっては2年以上かかるかもしれないとのこと。

 さらに7月13日から正式発表日の8月1日まで受注をいったん停止し、正式発売日の8月2日に再開するというから驚きだ。

 受注を一時停止しているのも1年以内の納車を目指し、納期短縮のために増産体制を急遽作り上げるための模様。

 さらに転売禁止のために誓約書(1年以内)の記載をお願いしているという。これは転売のための架空受注で増産した挙句に真の需要量より多い中古車が溢れ、ディーラーで買ったユーザーに迷惑をかけてブランドイメージを毀損するようなことはランドクルーザーという「信頼性」を重要視するクルマでは受け入れられない、というトヨタの判断かもしれない。

新型ランクル300のグレード別主要装備の差を表にしてみた

次ページは : ■GX (ガソリン5人乗り 車両本体価格510万円)