夏場のトラブル大本命「これが出たら要注意」バッテリー劣化サインを見逃すな


 エアコンを酷使する夏に気をつけたいクルマのトラブル、といえば、やはりバッテリーのトラブルでしょう。夏場はトラブルなく乗り切ったとしても、酷使されたバッテリーには確実に負荷がかかっており、冬になってトラブルが発生する、ということも。

 JAFによると、ロードサービスの出動理由の第1位は、常に「バッテリー上がり」とのこと。2020年度のJAF出動件数のうち「バッテリー上がり」は882,740件(四輪:863,612件/二輪:19,128件)におよび、全出動件数の41.69%を占め、お盆休みには急増する傾向にあります。

 その多くが、ライトや室内灯の消し忘れで、バッテリーが過放電となったというケースのようですが、なかには、破損や劣化をしていた、というケースもあるようです。

 バッテリー上がりでJAFを呼ぶと、夏場にエンジンのかからないクルマのそばで何時間も待つことになり、そのうえ、入会していない場合は13,130円かかってしまいます。

 突然のトラブルで困らないよう、バッテリーの劣化サインについて確認していきます。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:AdobeStock_metamorworks
写真:写真AC、AdobeStock、JAF

【画像ギャラリー】これらの酷使には注意 バッテリーを消耗させる装備品いろいろ


最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ