売れまくりルーミー 買いに行く前に読む購入ガイド お薦めグレード、ライバル、値引き

売れまくりルーミー 買いに行く前に読む購入ガイド お薦めグレード、ライバル、値引き

 2021年1~6月の累計販売台数77,492台、車種別販売台数ランキング(登録車)でなんと2位に輝いたトヨタルーミー。昨年同期比206%と売れまくっております。

 そんなルーミーですが、最大のウリが「実用性」ということもあって自動車専門メディアではあまり特集記事を見かけず、Web上には「どこがいいんだ」だとか「ライバルと比べてどうなんだ」という情報が少ない印象があります。

 そこでここいらできっちりと購入ガイドを作成し、買いに行く前に読むと大変参考になる記事としてお届けします。「ルーミーいいな」と思っている方、周囲にそういう家族や友人がいらっしゃる方、ぜひ一読していってください。

文/諸星陽一
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】販売台数ランキング2位に君臨!! コンパクトで多目的に使えるトヨタ ルーミー


■トヨタルーミー 最近のマイナーチェンジ情報

2016年11月に発売されたトヨタルーミーは実用性を重視したファミリー向けコンパクトカー。写真はターボ車のカスタムG-T。標準グレードの14インチタイヤ+スチールホイールに対し、カスタムG-Tは15インチタイヤ+専用アルミホイールを装着する
2016年11月に発売されたトヨタルーミーは実用性を重視したファミリー向けコンパクトカー。写真はターボ車のカスタムG-T。標準グレードの14インチタイヤ+スチールホイールに対し、カスタムG-Tは15インチタイヤ+専用アルミホイールを装着する
ボディサイズは全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mm。2020年9月のマイナーチェンジでフロントデザイン変更、9インチディスプレイオーディオの全車オプション設定、衝突回避支援ブレーキの検知範囲拡大等の改良を実施した
ボディサイズは全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mm。2020年9月のマイナーチェンジでフロントデザイン変更、9インチディスプレイオーディオの全車オプション設定、衝突回避支援ブレーキの検知範囲拡大等の改良を実施した

 ルーミーは2016年11月に同年夏まで販売されていたbBの後継モデルとして市場導入されました。bBが20歳代独身男性をターゲットにして作られたクルマだったのに対し、ルーミーはヤングファミリーに向けたクルマ作りとなっています。

 ルーミーはダイハツ・トール、トヨタ・タンク、スバル・ジャスティと兄弟関係にあるモデルですが、トヨタ・タンクは2020年9月に行われたマイナーチェンジ時に廃止、トヨタブランドのモデルはルーミーのみとなりました。

 2016年の登場後、2018年に安全関連装備の充実などを行う一部改良を実施、2020年には全車にADAS(先進運転支援システム)の標準装備(ACCについては一部グレード非装備)が行われたほか、ウェルカムパワースライドドア、スマートフォンなどの充電用USB端子などの快適装備も標準となり装備充実度が向上しました。これが最新の変更情報となっています。

次ページは : ■グレード展開

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ