も、もう10年選手なの!? レクサスCTの超堅実な生きざまと今後

も、もう10年選手なの!? レクサスCTの超堅実な生きざまと今後

 「Creative Touring」レクサスブランドのコンパクトハッチバック、CTの名前の由来である。2011年1月に登場し、2014年と2017年にマイナーチェンジを行うものの、フルモデルチェンジは一度も行われず、現行型のモデルライフは10年を超えた。

 CTは、強烈な人気があるとは言えないものの、この10年間ドロップアウトせずに生き残ってきた。この原動力はどこにあるのだろうか。レクサス販売店にて、セールスコンサルタントとして従事してきた筆者が、CTに秘められた力を解説していこう。

文/佐々木 亘、写真/LEXUS

【画像ギャラリー】女性ユーザーをターゲットにした『おもてなし』が光る!! レクサス CTの魅力を探る


■女性ユーザーを主たるターゲットにしたCT

元はレクサスオーナー宅のコンパクトなセカンドカー需要を狙って開発されたレクサス CT。レクサスらしからぬコンパクトハッチバックの車体を持つ

 CTはレクサス販売店にとって、待望のクルマだった。

 それまでは、大型のクルマしか取り扱いが無く、せっかくLSやGSなどのメインカーを購入してもらっても、オーナーの家で使用しているもう一台のクルマは、メルセデスやBMW、VWなどのコンパクトカーになってしまう。レクサスには、セカンドカー需要を満たすだけのラインナップが無かった。

 そこで登場したCTは、セカンドカーとして使われることを前提に、機能性や装備にこだわった。特にセカンドカーは、メインカーと比べて、圧倒的に女性ドライバーの比率が高くなる。そこでCTには、女性オーナーを魅了する、数々の工夫が施されている。

 内外装のデザインや、シートのリフト幅、小ぶりなステアリングなど、小柄な女性でも使いやすくしているのはもちろん、CT独自のこだわりが随所に溢れる。

 筆者が特に驚いたのは、アウトサイドドアハンドルを握った瞬間だ。皆さんも機会があれば、CTと他のレクサス車のドアハンドルを、握り比べて欲しい。

セカンドカーを運転するのは女性が多い。ネイルを保護するためにドアハンドル部のくぼみを大きくとるなど、女性ユーザーへの細やかな配慮が光る

 CTのアウトサイドドアハンドルの内側ドア部分、つまり、くぼみの部分は、他のレクサス車に比べて大きく深くなっている。

 ドアハンドルの内側は、知らないうちに、爪のひっかき傷が増えていく。特に、ネイルにこだわり、爪のお手入れに余念がない女性オーナーが、クルマに乗るたびに、爪をひっかけ、ぶつけてしまっては、オーナーもクルマも具合が悪いだろう。

 そこで、CTではドアハンドルの内側を深くえぐり込み、爪が接触することを防いでいる。細かなことだが、高級価格帯の輸入車や、他の国産車でも、こういった配慮があるクルマは少ない。

 これは、レクサスの「おもてなし」の一つだ。CTは、十分なレクサスらしさを感じられるクルマの一つである。

■セカンドカー需要がCTの販売を支える

CTの売れ行きは派手ではないがコンスタントに一定の台数が売れ続けている。登場から10年を経ても売れるというのは販売店側にしてみればありがたい存在だ

 CTは、2011年の発売当初、わずか1か月で月販目標台数の約5倍となる、7,500台を販売した。輸入車や国産他メーカーからの乗り換えが約4割を占め、新しいレクサスユーザーを作り出すことに成功したクルマだ。

 一方で、直近の販売台数は、人気のSUVなどには大きく及ばない。2021年6月の新車販売台数は195台だ。モデルライフが7年と長く、今年秋に新型投入が決まっているNXでも567台(HVとガソリン合算)売れている。単月だけみれば、CTの販売台数は決して十分なものとは言えないだろう。

 しかし、5月に131台、4月は132台、3月では190台と、コンスタントに販売台数を稼いでいるのが、CTの特徴だ。良くも悪くも大きな変動がない。国内にあるレクサス販売店は、CPO専売店も含め199店舗ある。大体1店舗で月に1台はCTが売れている計算だ。販売店にとっては、計算が立つ貴重な一台となっている。

 モデルライフ10年を超えるCTの今は、コンスタントに販売が進む、セカンドカー需要が支えていると言っても過言ではない。

 CTは、派手ではないものの、レクサスの国内販売を下支えする存在だ。10年を超えても、堅実に数字を積み上げてくれるCTは、レクサス販売店にとって、大切な存在となっている。

次ページは : ■販売現場にいる、CTの根強いファン

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ