ホンダ エディックスが目指した価値観【偉大な生産終了車】

3席×2列のミニバン意欲作! ホンダ エディックスが目指した価値観【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はホンダ エディックス(2004-2009)をご紹介します。

文/伊達軍曹 写真/HONDA

【画像ギャラリー】ホンダのチャレンジ精神結実の一台 エディックスをギャラリーでチェック


■3席×2列の6人乗りミニバン! ホンダ エディックス登場

「家族や友人、仲間と、これまでにない移動の歓びを共有する」との視点から作られた、前3席・後ろ3席の6座独立、センターシートがロングスライドする「3×2(スリー・バイ・ツー)」のミニバン。

 しかし5ナンバーミニバンを欲する層からは「車幅が広すぎ」と敬遠され、3ナンバーミニバンを愛好する層の目には「中途半端なサイズ」と映り、結果として1代限りで消滅した意欲作。

 それが、ホンダ エディックスです。

ホンダ エディックス(2004-2009)。「Edix」という名前には、ひとりから6人まで楽しさを思い思いに編集(edit)する6(six)人乗りミニバン、という意味合いが込められている

 エディックスは、ミニバンブームの真っ只中だった2004年に登場した、横3人乗り×2列シートのミニバン。

 ベースとなったのは7代目のホンダ シビック(EU型)で、EU型シビックを背高・幅広にしたボディに、3人掛けシートを2列配しています。

 6座独立式のシートは、前後の中央席を左右席より10mm後ろにオフセットし、なおかつ270mm(後席は170mm)のスライドが可能な「V字シートレイアウト」。

ワイドトレッドを活かし、4285×1795×1610mmのボディに3席×2列を実現。シートはすべて独立しており、リクライニングも可。センターシートは前席・後席ともに大きく後ろにスライドさせることができた

 センターシートを使わない場合は、背もたれを倒せばアームレストに変身しました。

 また後席は、ヘッドレストを下げてレバーを引くだけでシート全体がスライド格納でき、その場合は3人乗車しても1049Lの広大なラゲッジスペースを手に入れることができました。

前席のセンターシートを倒したイメージ
26インチのMTB 3台が積載可能な「サプライズスペース・モード」

 また3列ではなく2列シートであるため、全長はシビックのハッチモデルと同じ4285mmに抑えられ、最小回転半径4.9mという「ミニバンクラストップレベル」(広報資料より)の取り回し性能を実現しています。

 その半面、3人掛けであるため全幅は1795mmと、当時のミニバンとしては幅広に感じられるサイズでしたが。

 搭載エンジンは2種類で、まずひとつは当時のシビックと同じ最高出力130psの1.7L VTEC。もうひとつは、ストリームから移植した最高出力156psの2L i-VTECです。

 トランスミッションは2L+FFモデルには5速ATが組み合わされ、そのほかには4速ATを採用。駆動方式は両エンジンともにFFと4WDが用意されました。

 3人掛け車ならではのワイドトレッドを活かした走りは安定性が高く、軽量・高剛性なボディと静粛性の高い室内との掛け合わせで生まれる「巡航ドライビングフィール」は、なかなかのもの。

 さらに2006年11月のマイナーチェンジで1.7L VTECを廃止し、代わりに当時のオデッセイと同じK24A型2.4L i-VTECを追加するなどの商品力アップも、適宜行われました。

 しかしエディックスは、一部ユーザーからの評価は高かったものの、市場全体から見れば人気薄なまま推移。

 そのためホンダは2009年8月に国内での販売を終了。後継は登場せず、結果としてホンダ エディックスは「1代限りモデル」として、歴史の中へと消えていきました。

■奇抜すぎ? エディックスが目指した理想と現実

「子どもがまだ幼かった頃に、前列3人掛けベンチシートのクルマで、親子3人ドライブに出かけたことがありました。そのとき味わった家族の一体感は、わたしの記憶のなかにつよく残っています。

それは同じ風景を同じ目線で楽しめ、スキンシップを交わしながら感動を共有できる、とてもしあわせなひとときでした。

このような一体感を生むフロント3席のクルマで、時代に合わせた新しいかたちをつくれないか、と考えたのが開発の始まりでした。

そして、家族や友人、仲間など多人数がいっしょに楽しく移動できる歓びをさらに進め、乗る人が互いの関係によって自由にアレンジできる空間の創造をめざしたのです。

(中略)

こうして生まれたエディックスは、乗る人同士がフレキシブルにポジションを変え、自由自在にコミュニケートできる、まったく新しい6座独立の3×2ミニバンです。

わたしたちは、この空間のもたらす新しい価値が、多くの方々と共有できるものと確信しています」

 上記のカギカッコ内の文章は2004年7月7日、ホンダ エディックスが新発売された際のプレスリリースに記載されていた開発責任者・角田正明氏の言葉です。

 やや長いのですが、重要なことと思い引用させていただきました。

 角田さんのこのような想いと、関係するスタッフ各位の尽力により、ホンダ エディックスという車はたしかに「家族や友人、仲間など多人数がいっしょに楽しく移動できる歓び」が味わえる車に仕上がっていたと思います。

 ただ、オフセットされた中央のシートに子どもが座る場合はいいのですが、成人がそこに座ると、肩まわりや肘のあたりがかなり窮屈であるとの印象は否めませんでした。

リアビュー。2004年7月の登場後、2005年12月・2006年11月とマイナーチェンジを重ねるも、売れ行きは好転せず。2007年12月の特別仕様車が最後の大きな動きとなった

 もちろん成人6名のフル乗車ではなく「成人3~4人」で乗る分には、センターシートはフレキシブルに格納してしまえば問題はないというか、むしろ快適かつ便利に使えるミニバンではありましたが。

 しかしそれ以上に、結局はエディックスの「攻めたパッケージング」が、日本の一般的なミニバンユーザーには受け入れられなかった――というのが、この車が“敗退”した理由なのでしょう。

 すでに冒頭で述べましたが、5ナンバーサイズの3列シートミニバンを好む層からは「車幅が広すぎてちょっと……」と敬遠され、豪華でビッグな3ナンバーサイズミニバンを好む層からは「なんだか中途半端な寸法だなあ……」と思われてしまったのです。

 車選びに関しては保守的な考えを持つ人が多い日本の市場で、エディックスのような「攻めた車」を新規リリースするというのは、なかなかリスキーというか、「負ける可能性も高いことが最初からわかってる試合」みたいなものです。

 そんな“試合”にもあえて臨んだのが、ホンダという自動車メーカーの素敵なところであり、「らしさ」だったのでしょう。

 そして今後も、いろいろ難しい部分もあろうことは承知していますが、ホンダというブランドにはそんな“挑戦”をたまにはしてもらえたら、いち自動車ファンとして、いち日本人として、非常に嬉しく思うのです。

■ホンダ エディックス 主要諸元
・全長×全幅×全高:4285mm×1795mm×1610mm
・ホイールベース:2680mm
・車重:1440kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1998cc
・最高出力:156ps/6500rpm
・最大トルク:19.2kgm/4000rpm
・燃費:13.0km/L(10・15モード)
・価格:201万6000円(2004年式 20X)

【画像ギャラリー】ホンダのチャレンジ精神結実の一台 エディックスをギャラリーでチェック