いまだ着用率7割 チャイルドシートは「何歳まで」でなく体重と身長で決めよう


 2000年4月にチャイルドシートが法制化されて21年以上が経過したが、いまだに着用率は7割(2019年チャイルドシート使用状況調査 警察庁・JAF合同調査)にとどまっている。さらにその7割でさえも正しく着用できているのは半分に満たないというから恐ろしい。クルマのシートに「ただ置いただけ」のチャイルドシートも少なからず存在している。

文/加藤久美子
写真/加藤久美子、Adobe Stock、ベストカーWeb編集部(アイキャッチ写真:Adobe Stock@ohayou!)


■法制化から21年経過しても正しい知識が普及しないチャイルドシート

 筆者は息子の誕生とともにチャイルドシートに関する知識を深めるべく「チャイルドシート指導員」(一般財団法人 日本交通安全教育普及協会認定)の資格を取得した。それから20年、数多くのチャイシーを検証してきたが、正しく装着できているのは1割以下である。

 エアバッグのある助手席に乳児用(後ろ向き)がついていたり、子どもの体を固定するハーネスがユルユルだったり、また、体重7kgを超えると外さなくてはいけない「乳児クッション」が1歳超えても使われていたり…。

 間違った使用がほとんどだが、この傾向は一般ユーザーだけではない。タイヤやカー用品など、視聴者に正しい装着を啓発する立場であるはずの自動車関連メーカーのCMに出て来るチャイルドシートも実は間違いが多い。そのままの状態で重大な事故に遭ったら子どもの命が守れない可能性もおおいにある。

・某タイヤメーカーのCM

体重7kgを超えた赤ちゃんに乳児用クッションを使うのは危険。クルマのシート、チャイルドシート、赤ちゃんの体をできるだけ密着させて使うのが正しい

 座っている赤ちゃんはどう見ても新生児じゃないのに、(体の盛り上がりから見て)新生児用クッションが使われておりその上に座っている状態。体が浮き上がってチャイルドシートに密着しておらず危険。ヘッドサポートの位置&肩ベルトも低すぎて赤ちゃんの頭部や肩回りにあっていない。

・某ガラスコーティング剤のCM

子どもが窮屈で可哀そうという理由でハーネスを緩めてしまうケースもある。これではチャイルドシートの意味がない

 「チャイシー業界」では有名なダメCMの典型。後部座席に3人の赤ちゃんがそれぞれチャイルドシートに座っているがハーネスがユルユルで急ブレーキレベルの衝撃でも赤ちゃんが転げ落ちる危険アリ。肩ベルトの高さもあっておらず、こちらも体に合わない新生児用クッションが使われていて危険。横転でもすれば赤ちゃんは簡単にすっぽ抜ける。最悪の場合、車外放出で即死の可能性もある。

■チャイルドシートは年齢ではなく、体格で選ぶ

 チャイルドシートは道交法では6歳未満の子どもに義務付けられているが、6歳以降は「シートベルト着用義務」が発生する。しかし、車両シートベルトは身長145cm以上の「大人」に合うよう設計されているので、身長100cm前後の6歳児にそのままシートベルトを使うのはあまりにも危険だ。

 シートベルトが安全に使える身長150cmくらいまでは肩ベルトの位置を下げる安全なジュニアシートを使って子どもの命を守ってほしい。

 ところで、日本で新規販売が許可されているチャイルドシートにはすべて、Eマークと呼ばれるオレンジ色のラベルが付けられているのをご存知だろうか?日本は国連(UN)が定めた安全基準に基づいて安全認証を得たチャイルドシートのみ、日本の国交省が販売を許可している。

Eの後の数字は認可を与えた国番号で1はドイツ。日本は43。協定加盟国なら相互認証が行われる

 通販サイトなどで販売されている中国製の布製チャイルドシートなどはまずこのマークはついていない。絶対に使わないように気を付けて欲しい。

安全性未認証の危険なチャイルドシートとして国交省も2017年6月に注意喚起を行っている(筆者撮影)

 「Eマーク」がついたチャイシーを選ぶのはマスト条件だが、それと同じくらい大事なことは「年齢ではなく子どもの体にあったチャイシーを選ぶ」ということだ。

 国連協定規則においても、また日本の道交法においても「体に合ったものを使用する」ことが義務付けられている。

道路交通法第71条の3第3項
 「幼児用補助装置とは、幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であって道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するもの」とされている。

 日本ではなぜか「1歳過ぎたらチャイシーは前向きでいい」とか、「3歳過ぎたらジュニアシートを使える」など危険なカン違いが横行しているのが恐ろしい。

 日本で現在、保安基準を満たしている以下の安全基準はいずれも体重または身長で選ぶようになっており、年齢は単なる目安に過ぎない。

ECE R44/04 (体重基準)
ECE R129(i-Size)(身長基準)
(※国交省の「自マーク」が付いたチャイシーは2012年7月1日以降、新規での販売が認められていない。)

次ページは : ■シートベルトが安全に使えるのは身長150cm超