タイヤ交換は純正品に交換したほうがいいのか? 純正タイヤじゃないほうがいいケースもあり!?


■コスト重視のコンパクトカーやミニバンのタイヤは銘柄変更挑戦もアリ!

 指定外のタイヤを選ぶのなら、保障の問題を差し置いても装着したいタイヤがあるとか、スポーツドライビングをしたいとか、もっと乗り心地をよくしたいといった明確な希望がある人に限られると思います。

 国産メーカーの場合は、バランスで選ぶなら純正装着タイヤが無難な選択だと思います。特にプレミアム系のクルマやスポーツカーは、乗り心地、ウエット性能やロングライフ性なども考えられ、これにコストを加味したバランス点でタイヤを作っています。

 例えばマツダ3のスカイアクティブXは、TOYOプロクセスR51が標準装着になっていますが、このタイヤはマツダ3に合わせてタイヤの縦ばねをソフトに設定しながら応答性のよさを備えた巧みなチューニングが施されています。

マツダ3の日本仕様、サイズ215/45 R18にはTOYO TIRE プロクセス R51 Aか、ブリヂストン TURANZA T005Aが装着される。いずれもクルマの動きが自然に感じられるように磨き上げられた

 また、ホンダ アコードは、 レグノGR-ELという純正専用タイヤが装着されています。静粛性の高さと低速域のトルクの強さに合わせたタイヤになっています。

 コンパクトカーやミニバンについていえば、ちょっとタイヤに興味を持って積極的に好みのタイヤを選ぶのも楽しいと思います。

 例えば今タイヤメーカーが力を入れて開発しているのが省燃費タイヤです。近年は開発技術が進み、ウエットグリップのよさと転がり抵抗の少なさを両立したタイヤが増えてきました。

 価格が比較的安価なスタンダードタイヤでも充分選択肢があります。また省燃費性能を備えたコンフォートタイヤも登場しています。今自分が装着しているタイヤからかけ離れたタイヤ選びをしなければ、まず失敗することなく燃費をよくしたり乗り心地をよくすることができると思います。

近年は市販品でもミニバン専用タイヤが発売されているので、ミニバンのタイヤ選びでは選択肢として挙げてもいい。コンパクトカーやミニバンであれば、様々な味わいの違いを楽しむ事ができる

 ミニバンならミニバン専用タイヤが多数発売されています。ミニバン専用にサイドウォールを強化してクルマとのマッチングを図っているうえ、ミニバン専用のコンフォートタイヤや省燃費タイヤが売られていますから、選択肢が広く選ぶのはちょっと大変かもしれませんが、より自分に合ったタイヤが選べるではないかと思います。

 気を付けたいのは、ランフラットタイヤ装着車でしょう。レクサスやGT-Rは、基本的には純正品以外のタイヤには交換しないほうがいいと思います。スペアタイヤやパンク修理キットが搭載されていないこと、またタイヤの特性や重量が違うので、マッチングをとるのが難しいのがその理由です。

ランフラットタイヤが標準装着されているレクサス車などは、純正タイヤへの交換がよさそう。特に最近の超低扁平タイヤは、タイヤの変更がサスペンションのばねやダンパーに大きく影響する

 また、ひと昔前のランフラットタイヤは乗り心地があまりいいとは言えず、完成度が高いと思えませんでしたが、近年のランフラット、特に低扁平のランフラットタイヤは驚くほど乗り心地がよくなっています。

 専用開発であることを考えれば、純正装着として用意されているバリエーションのなかから選ぶのをお薦めします。

【画像ギャラリー】タイヤについてのあれこれをチェック!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ